最近の記事

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2018年6月21日 (木)

2018年8月22日(水)開催「プラントコストの見積手法及び適用技術とプロジェクトのコスト管理・コントロール方法」セミナーのご紹介!

---------------------------------------------

◆本日ご紹介セミナー◆

  2018年8月22日(水)開催

 「プラントコストの見積手法及び適用技術とプロジェクトのコスト管理・コントロール方法」

  http://www.tic-co.com/seminar/20180805.html

---------------------------------------------

さて、本日も8月開催セミナーをご紹介!

2018年8月22日(水)開催

「プラントコストの見積手法及び適用技術とプロジェクトのコスト管理・コントロール方法」

です!

★本セミナーでは、日揮、千代田化工建設の第一線でご活躍されておられる実務家を講師にお迎えし、第Ⅰ部は、プラントコストの見積方法と適用技術について、コストインデックス、ロケーションファクターを含め解説いただき、第Ⅱ部は、プラント建設プロジェクトにおける予算編成・コスト管理の留意点、チェンジコスト管理など、プロジェクト・コストコントロールの実際について、事例(Ⅰ部Ⅱ部共に)を交え詳しく解説いただきます。

●プログラム

Ⅰ.プラントコスト見積方法の種類と適用技術

日揮株式会社 インフラ統括本部
国内インフラプロジェクト本部 CP部
エネルギー・発電グループ グループリーダー 朝來慶一 氏
 

【講演要旨】
 一言で「コスト見積」と言っても、その目的・用途・要求される見積精度・与えられた見積期間・用意出来るマンパワー等によって、見積のベースとなる情報の種類やその出来具合が異なり、ベース情報によって選択すべき見積手法が変わってきます。
 今回のセミナーでは、見積手法の種類を紹介し、手法毎に必要となる情報を紹介します。また、コストインデックスやロケーションファクターを使ったコスト見積のテクニックについても紹介します。

 1.プロジェクトライフサイクルと見積
 2.見積分類マトリックス
 3.見積手法の種類と留意点
  ・見積の基本条件
  ・見積分類と適用技術(見積手法)
   ◆超概算見積方法
    ~プラント指数、プラント全体の見積例、プラント指数法適用時の留意点~
   ◆概算見積法(モジュール係数法)
    ~機器コストファクター・モジュール係数、モジュール法適用の留意点~
   ◆詳細見積法(積上げ式見積法)
    ~機器費、材料費、マンアワーコスト、輸送費、直接経費、工事費、
     アロワンス(Allowance)、エスカレーション(Escalation)、
     リスクと対策予備費(Risk & Contingency)、留意点~
 4.コストインデックス
  ~プラントコストインデックス(日本機械輸出組合のインデックスの変遷と
   日揮インデックス、日銀指数)~
 5.ロケーションファクター
  ~ロケーションファクターの例、留意点~
 6.概算見積適用例
  ~超概算、機器係数法~
 7.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.~プロジェクト・コストコントロール~
  遂行プロジェクトのコスト管理の基本と留意点

千代田化工建設株式会社
プロジェクト工務ユニット
コストエンジニアリングセクション  金森眞司 氏
 

【講演要旨】
 プラント建設費は設備の大型化、経済成長に伴う人件費の上昇等の影響を受けてますます巨額なものになっています。従い、その管理は経営上の重要課題となり、プロジェクトチームは遂行中も定期的に状況を報告することが求められます。
 本セミナーではプロジェクトコストの性質を理解しながら、実際に行われているコスト管理の手法を紹介します。予算編成、コスト管理プロセス、コスト予想、チェンジコスト管理等、それぞれの段階で必要な知識と要点を確認していきます。

 1.プロジェクトコストとは
 2.プロジェクト予算編成の留意点
  ・作成手順
  ・アロワンスとリスク
 3.プロジェクト業務の流れとコスト管理プロセス
  ・プロジェクトのライフサイクルとコスト管理効果
  ・発注ベースと支払ベース
 4.プロジェクトコスト管理留意点
  ・各EPCフェーズ毎の留意点
  ・EVMの活用
 5.チェンジコスト管理について
 6.コストエンジニアの役割とは
  ・コストエンジニアとアカウンタントの役割
  ・コストエンジニアのおもな業務とポイント
 7.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

  2018年8月22日(水)開催

 「プラントコストの見積手法及び適用技術とプロジェクトのコスト管理・コントロール方法」

  http://www.tic-co.com/seminar/20180805.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は阪口でした。

2018年6月20日 (水)

2018年8月28日(火)開催「循環式陸上養殖の要点と実際(飼育事例) 」セミナーのご紹介!

--------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2018年8月28日(火)開催

 「循環式陸上養殖の要点と実際(飼育事例)」セミナー!

     -日程別受講可能!!-
 http://www.tic-co.com/seminar/20180804.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141までお問い合わせ下さいませ。】

--------------------------------------
6月始めの週に開催された防府基地航空祭に行ってまいりました。

Image1


梅雨前の晴れ間と言う事で、晴れ...?
晴れてくれましたが雲が広がってました。
狙いは『戦闘機』と『ブルーインパルスJr.』。
私的には今年初の航空祭、
戦闘機のスピードと機動についていけるかどうか...。

まずは、ゆるっと『ブルーインパルスJr.』

Jr_6

Jr_7



次に戦闘機の展示飛行。

F15_2


F2_2

F16



最後は『ブルーインパルス』

Photo

Photo_2


内臓が痺れる程の轟音でストレス発散。
私にはちょっとした癒しのサウンドに聞こえます。
あ~、次は何処へ行こうかな~。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

さて、本日は8月開催セミナーのご紹介!

2018年8月28日(火)開催

 「循環式陸上養殖の要点と実際(飼育事例)」セミナーです!

★本セミナーでは、現場で長年飼育を行っている研究者からみた循環飼育の基礎から、循環式陸上養殖システム設計の要点と、実際の飼育事例に至るまで、最前線でご活躍中の森田氏より包括的に解説頂きます。

国立研究開発法人 水産研究・教育機構
瀬戸内海区水産研究所
資源生産部養殖生産グループ(屋島庁舎)主任研究員 森田哲男 氏

 ◎プログラム

 Ⅰ.循環式陸上養殖システム設計における基礎
 ~飼育水槽の洗浄方法や殺菌、ろ材の熟成方法などの飼育技術を解説~

  1.循環飼育の特徴
  (1)なぜ循環飼育(陸上養殖なのか)
   ・世界、日本における養殖の推移を紹介
   ・今後の養殖はどのようになるか解説
   ・循環飼育の導入にいたる背景を解説
  (2)循環飼育と流水飼育の違い、循環飼育のメリットやデメリット
   ・循環飼育と流水飼育の違いを解説
   ・半循環飼育と閉鎖循環飼育(完全循環)の特徴を解説
   ・半循環飼育と閉鎖循環飼育のメリット・デメリットを簡単に解説
   ・立地条件について紹介
  (3)基本システムを紹介
   ・システム開発の歴史
   ・循環飼育の基本的なシステムを紹介
 2.循環式陸上養殖システムの基礎と要点
  (1)循環飼育における物理ろ過方法
   ・システムにはどのような物理ろ過方法があるのか解説
   ・泡沫分離装置など循環飼育特有の物理ろ過装置を解説
  (2)循環飼育で発生するアンモニアの毒性と適切な処理方法・ろ材の選定方法
   ・循環飼育で発生するアンモニア、亜硝酸、硝酸の毒性を解説
   ・生物ろ過水槽に用いるろ材の種類やろ過方法を紹介
   ・硝化細菌の活性に関わる因子を解説
   ・硝化細菌の入手、ろ材熟成方法,熟成度合いの判定方法を解説
   ・生物ろ過水槽の基本設計について解説
   ・ろ材の洗浄方法や保管方法について解説
  (3)循環システムにおける疾病防除方法
   ・使用する海水の殺菌方法を紹介
   ・循環システム系内の殺菌方法を解説
  (4)循環システムにおける酸素供給方法
   ・水中の酸素(DO)の重要性を解説
   ・循環システムにおける酸素供給方法を紹介
  (5)その他飼育上の留意事項

 Ⅱ.循環式陸上養殖の実証事例
 ~我々が提唱するシステムの実証事例の紹介を通して、循環飼育のメリットなどを解説~

  1.飼育事例
  (1)養殖対象種の選定
   ・国内外での最近の動向
   ・循環飼育による養殖等の対象となる魚種を講演者の視点で紹介
  (2)ハタ類(キジハタ・ヤイトハタ・クエ)における事例
   ・新規養殖対象種としての取り組み状況などを紹介
   ・システム導入のメリットについて解説
   ・親魚、種苗生産、養殖について事例の紹介
   ・低塩分飼育について解説
   ・コスト試算
  (3)トラフグにおける事例
   ・システム導入のメリットについて解説
   ・親魚、種苗生産事例の紹介
   ・簡単に設置できるシステムの紹介
  (4)カンパチ中間育成における導入事例
   ・導入のメリットについて経費削減効果を中心に解説
   ・既存の水槽を利用したシステムを紹介
  (5)カサゴ種苗生産における導入事例(※講演希望があった場合)
   ・既存の水槽を利用したシステムを紹介
   ・導入のメリットやイニシャルコストについて解説
  (6)餌料培養(ワムシ)における導入事例(※講演希望があった場合)
   ・餌料培養に導入するメリットを解説
   ・培養事例を紹介
  (7)その他
   ・すぐに開始できる簡易システムの紹介(マダイの事例)
   ・サケマス類における陸上養殖の現状について簡単に紹介

 Ⅲ.質疑応答
 ~講演内容の質疑応答だけでなく、陸上養殖での疑問点などについて
  可能な限りお答えします~

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018年86月28日(火)開催

 「循環式陸上養殖の要点と実際(飼育事例)」セミナー!

     -日程別受講可能!!-
http://www.tic-co.com/seminar/20180804.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141までお問い合わせ下さいませ。】

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

空と雲とひこーきと...担当は山口でした。

2018年6月19日 (火)

2018年8月24日(金)開催「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナーのご紹介!

---------------------------------------------

◆本日ご紹介セミナー◆

  2018年8月24日(金)開催

~講師が主導したプロジェクトでの実例などを基に解説する~
 「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」

  http://www.tic-co.com/seminar/20180802.html

---------------------------------------------

さて、本日も8月開催セミナーをご紹介!

2018年8月24日(金)開催

~講師が主導したプロジェクトでの実例などを基に解説する~
「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」

です!

★海外プロジェクトを遂行する上での、工程・納期遅延の発生原因とそれに対応する対策や伴うリスクマネジメントの基本とその応用について、長年の経験から成功させる為の工夫や遭遇する課題、契約的な交渉などへの対応、個別の企業や案件での応用事例、又、プロジェクト分野・業界の最近の動向など、実務経験豊富な大谷講師より、具体的な実体験をまじえ詳しく解説頂きます。

●講師

日揮株式会社 オイル&ガス統括本部
PJマネジメント本部・PM技術部    大谷一人 氏

●プログラム

1.エンジニアリング業界と海外プロジェクトの紹介

エンジニアリング業界概説、講師の参画した海外プロジェクトの概要説明と関連したプロジェクトマネジメントの概要説明

2.リスクマネジメントの基礎知識と応用

 2.1 リスク計画
   リスク計画のプロセス、プロジェクトに内在するリスクの特徴、リスク管理計画、予備費について
 2.2 スケジュール計画(工程管理)とコスト見積
   ネットワークスケジュールについて、工程短縮、工程作成の階層について、コスト見積の手法と段階別適用について、見積精度と基本情報との関係、コンテンジェンシーの考え方、見積の評価、進捗報告
 2.3 建設(現地工事)計画
   建設誘導型計画、コンストラクタビリティー計画、工事スケジュール計画、資材管理、サブコントラクター管理

3.契約的対応の実際のプロジェクトへの応用例と交渉

  講師が主導した海外プロジェクトでの実例を基に、交渉戦略やEPC遂行での応用面の留意点を解説する。
  納期遅延の交渉の基本知識(英国建設法協会編・工程遅延と混乱対応プロトコール最新版参照)を解説して、プロトコールの重要部分の和訳や工程遅延分析方法を具体的に解説して話題提供する。

4.海外建設プロジェクト業界動向と方向性について 

5.質疑応答

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

  2018年8月24日(金)開催

~講師が主導したプロジェクトでの実例などを基に解説する~
 「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」

  http://www.tic-co.com/seminar/20180802.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は阪口でした。

2018年6月18日 (月)

2018年8月21日(火)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」セミナーのご紹介!

☆本日ご紹介セミナー☆

2018年8月21日(火)開催

~漏れ現象(密封理論)を正しく理解し、ガスケット・パッキンを正しく使うための~
 「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」  セミナー!

     http://www.tic-co.com/seminar/20180801.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

近畿は先々週梅雨に入りましたが、皆様の地域はいかがでしょうか。

梅雨といえば紫陽花。
今日は我が家のちょっぴり悲しい紫陽花の話を聞いてください。

Ppp_shittoriajisai_tp_v


4年前、園芸に目覚めた我が家は1鉢の紫陽花を買いました。

ブルーの花は梅雨の鬱陶しさをつかの間忘れさせ、夏には緑の葉っぱをひろげて冬以外は楽しめるのでこれはいいsign01と楽しみに育てていましたが、翌年はあまり花が出来ませんでしたthink。調べてみると、大きくなりすぎたと秋に枝を切ってしまったのが原因のようでした。紫陽花は夏頃までに来年はどの枝に花を咲かせようかと決めるらしく、その枝を秋に切ってしまうともうダメなのだそうです。
その年は剪定に気を付け、翌年新芽を見て今年こそはrockと期待していましたが、数日たって又見てみるとその新芽が全て無くなっているsign02 coldsweats02。 犯人は飼い猫と気づき慌てて避難させましたが、その年もなんとか1つ咲いたくらいの寂しいものでしたthink
そして去年、剪定と猫に気をつけたおかげでやっと見事に咲き誇り、道行く人にも楽しんでいただきましたnote。が、何故か夏ごろから枯れたようになり、掘り返すと大きな幼虫がいっぱい! 駆除しましたが今年は残念ながら新芽は出ませんでしたshock。 園芸ってなかなか難しいものですね。

でもやっぱりこの時期には紫陽花が恋しくなり、今年又新しく1鉢買ってしまいました。今度は大切に育てたいと思います。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日は8月開催セミナーのご紹介!

2018年8月21日(火)開催

~漏れ現象(密封理論)を正しく理解し、ガスケット・パッキンを正しく使うための~
漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」  セミナー!

です!

 http://www.tic-co.com/seminar/20180801.html

●講 師

元 玉川大学 工学部 教授
トライボロジーアドバイザー 工学博士 似内昭夫

 <講師紹介>
 1969.3、玉川大学大学院工学研究科終了。
 1969.4、同大学助手,講師,助教授を経て,1997.4、同教授。
 2003.4~2008.3、同工学部長。2009.3、同定年退職。現在に至る。

 ●学会等社会活動
 所属学会:日本機械学会、日本トライボロジー学会
 *自動車部品工業会「JIS B 2402オイルシール原案作成委員会」委員長(2010~)。
 *日本産業機械工業会「メカニカルシールJIS改正原案作成委員会」委員。
 *日本機械学会;機械状態監視資格認証専門委員会委員。
   同トライボロジー技術委員会委員長。
 *日本トライボロジー学会;理事,各種委員会委員長,
   シール研究会など各種研究会主査歴任
   現在 トライボロジー相談室 Tribology Supervisor(TS)2011~。
 *日本油空圧工業会「耐環境性油空圧シール機構に関する調査研究委員会」
   委員長。など

 ●著書
 監修・共著「シーリングテクノロジー―密封・漏れの解明とトラブル対策」
  テクノシステム(2010)など多数

●プログラム

Ⅰ.漏れの実態

 1.生産現場における漏れの実態
 2.機器の漏れの実態
 3.漏れが機器に及ぼす影響
 4.漏れ管理(hfi)

Ⅱ.シールに関連したトライボロジーの基礎

 1.トライボロジーとは
 2.摩擦・摩耗の考え方
 3.しゅう動面における摩擦・潤滑とストライベック曲線

Ⅲ.漏れの基礎知識と漏れのメカニズム

 1.シール面の考え方
 2.漏れはどうして発生するか(漏れのメカニズム)
 3.漏れ防止の考え方
 4.漏れ検出法

Ⅳ.シールの種類及びシール用ゴム材料

 1.シールの種類と特徴
 2.シール用材料

Ⅴ.静的シール(Gasket)の考え方と使い方

 1.非金属ガスケット
 2.セミメタルガスケット
 3.金属ガスケット
 4.ガスケットにおける密封の考え方
 5.ガスケットの使い方
 6.液状ガスケット

Ⅵ.動的シール(Packing)の考え方と使い方

 1.Oリングなどスクイーズパッキン
  1)スクィーズパッキンの種類と密封メカニズム
  2)はみ出し現象
  3)Oリングの使用法
 2.オイルシールなどリップパッキン
  1)オイルシールとその基本特性
  2)オイルシールの使い方
  3)リップパッキンの種類と密封メカニズム
  4)グランドパッキン
 3.メカニカルシール
  1)メカニカルシールの構造と分類
  2)メカニカルシールの密封に影響を及ぼす要因
  3)メカニカルシールのしゅう動材料
 4.動的シールにおける密封理論
  1)往復動シールにおける密封理論
  2)オイルシールの密封理論
  3)メカニカルシールの密封理論

Ⅶ.シールシステムの実際例

 1.ガスケットの使用実際例
 2.パッキンの使用実際例

Ⅷ.シールの選定の考え方

 1.ガスケットの選定法
 2.パッキンの選定法

Ⅸ.漏れ対策・・・・シールの損傷と対策事例

 1.ガスケットの損傷と対策例
 2.パッキンの損傷と対策例
  1)リップパッキンの損傷と対策例
  2)スクィーズパッキンの損傷と対策例
  3)メカニカルシールの損傷と対策例

参考  1.シール試験法
     2.シールの関する最近の話題

Ⅹ.質疑応答・個別対応

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*

2018年8月21日(火)開催

~漏れ現象(密封理論)を正しく理解し、ガスケット・パッキンを正しく使うための~
漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」  セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20180801.html

*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*.。。.*

担当は森でした。

2018年6月15日 (金)

2018年6月29日(金)開催「発電用ボイラと主要設備/要素技術の実際」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2018年6月29日(金)開催

発電用ボイラと主要設備/要素技術の実際
~主要補機ならびに本体の保守と経年劣化対策、配管設計の注意点~セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20180616.html

---------------------------------------------
Pixta_32814269_m_2
 
今回取りあげる季語は「合歓の花(ねむのはな)」。

マメ科の落葉高木で大きいものは高さ10メートルに達することもあります。

日当たりのよい荒地に最初に侵入する先駆種で、河原や池のほとり、里近くに自生します。

細かい複葉が鳥の羽根のようにつき、夜になると折りたたんで垂れ、眠ったように見えます。

そこから、「眠りの木」が「ねむの木」となり、合歓の字は葉が合うのを婚姻にたとえたものとされています。

6~7月頃、夕方になると薄紅の刷毛(はけ)のような妖艶な花を咲かせます。

今回はそんな「合歓の花」を詠んだ句を選んでみました。

夏の季語になります。

 

象潟や雨に西施がねぶの花(象潟=きさかた)(西施=せいし、中国春秋時代の傾国の美女)
松尾芭蕉(まつお ばしょう) (1644-1694)

 

雨の日やまだきにくれてねむの花(まだきの意味=早くも)
与謝蕪村(よさ ぶそん) (1716-1784)

 

真すぐに合歓の花落つ水の上
星野立子(ほしの たつこ) (1903-1984)

 

谷空にかざして合歓のひるのゆめ
長谷川素逝(はせがわ そせい) (1907-1946)

 

虹飛んで来たるかといふ合歓の花
細見綾子(ほそみ あやこ) (1907-1997)

 

風わたる合歓よあやふしその色も
加藤知世子(かとう ちよこ) (1909-1986)

 

花合歓の夢みるによき高さかな
大串章(おおぐし あきら) (1937-)

 



私も詠んでみました。

 

うすべにの刷毛川面染めねむの花
白井芳雄
 

***********************************************************************************************************
 
さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介!

2018年6月29日(金)開催

発電用ボイラと主要設備/要素技術の実際
~主要補機ならびに本体の保守と経年劣化対策、配管設計の注意点~セミナー

です!
 

 
★本セミナーでは、クリープ・疲労・腐食・摩耗による発電用ボイラ本体の損傷事例・対策ならびに主要補機(スートブロワ、燃料供給設備、通風設備、脱硝設備、灰処理設備)の保守技術と、ボイラ廻りの配管構成、配管計画の注意点、熱膨張・熱応力を含めた配管設計の実際などについて、実務の第一線でご活躍中のIHIの講師陣より詳説頂きます。
 

●プログラム
 
Ⅰ.発電用ボイラ本体の経年劣化と保守

 株式会社IHI
 資源・エネルギー・環境事業領域 ボイラSBU
 ボイラ設計部 RR設計グループ スタッフ 舩越 弘 氏

 
 電力自由化により発電所を運営する会社にとって事業環境が大きく変化する中で、東日本大震災以降は火力発電所の稼働率が高い状態となっている。
 発電用ボイラ本体の経年劣化と保守について、実際の損傷事例や保守に対する考え方のトレンドなどを交えながら解説する。

 1.保守作業はなぜ行うか
 2.劣化事象とその部位
  (1)ボイラの損傷発生状況
  (2)ボイラの損傷要因と発生個所
 3.損傷事例と対策
  (1)クリープ損傷
  (2)疲労損傷
  (3)腐食損傷
  (4)摩耗損傷
 4.予防保全の考え方
 5.質疑応答・名刺交換
 

Ⅱ.発電用ボイラ設備主要補機の保守技術

 株式会社IHI
 資源・エネルギー・環境事業領域 ボイラSBU
 機器エンジニアリング部 機器設計グループ 主査 矢葺丈博 氏

 
 火力発電所の主力となる石炭燃焼発電ボイラーの主要補機の概要、予防保全を踏まえたメンテナンスについて解説する。
 近年、温室効果ガスであるCO2発生による環境負荷抑制のため、バイオ燃料(木質ペレット、木質チップなど)との混焼運用を行う発電プラントが増加しているが、バイオ燃料搬送設備に関わる設備概要や保守についても説明する。

 1.発電用ボイラ設備としての主要補機の構成
 2.主要補機の概要と保守
  (1)スートブロワ
  (2)燃料搬送・供給設備
  (3)通風設備
  (4)脱硝設備
  (5)灰処理設備
 3.保全計画
 4.質疑応答・名刺交換
 

Ⅲ.発電用ボイラ廻りの配管設計

 株式会社IHI
 資源・エネルギー・環境事業領域 ボイラSBU
 ボイラ設計部 鉄構・配管設計グループ 課長代理 高田尚貴 氏

 
 発電用ボイラの特徴や付属機器ならびにレイアウトの特徴を解説し、それに付随するボイラ廻り配管の特徴および配管設計の注意点について解説する。

 1.火力発電プラントの配管
 2.ボイラ廻りの配管構成
 3.配管ルート計画
 4.内部流体毎のボイラ廻りの配管計画の注意点
 5.据付性を考慮した配管計画の注意点
 6.配管計画の優先順位
 7.配管口径の選定
 8.配管支持装置
 9.配管の熱膨脹と熱応力
 10.まとめ
 11.質疑対応・名刺交換
 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2018年6月29日(金)開催

発電用ボイラと主要設備/要素技術の実際
~主要補機ならびに本体の保守と経年劣化対策、配管設計の注意点~セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20180616.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
本日は白井芳雄が担当いたしました。

2018年6月14日 (木)

2018年6月29日(金)開催「溶接継手・ボルト締結構造の疲労破壊メカニズムと損傷防止及び強度設計法・強度改善構造事例」セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------
★本日再ご紹介セミナー★

2018年6月29日(金)開催

「溶接継手・ボルト締結構造の疲労破壊メカニズムと
 損傷防止及び強度設計法・強度改善構造事例」
セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20180605.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介!

2018年6月29日(金)開催

「溶接継手・ボルト締結構造の疲労破壊メカニズムと
 損傷防止及び強度設計法・強度改善構造事例 」
セミナー!

★機械・機器・構造物における溶接継手・ボルト締結構造の破損防止と
 強度向上・強度改善にどう手を打てばよいのか?
★本セミナーでは、破壊損傷の起点となることが多く、逆に品質が過剰となっている
 場合も多く見受けられる溶接継手・ボルト締結部の各種疲労や破壊メカニズムの
 正しい理解から、最適な強度設計法、強度設計基準、強度改善構造に
 ついて、経験豊富な宇佐美博士より多くの事例を織り交ぜ詳しく解説頂きます。
★プレゼンは200枚を超すスライドで進め、参考資料として約200ページの
 文章形式のpdfを配布いたします。

●講師
 (株)日立製作所 日立事業所
 工学博士
 宇佐美三郎 氏

●プログラム

1.事故例に学ぶ機械・構造物溶接継手の破壊メカニズム
 (1)破損事故防止の考え方
 (2)脆性破壊
 (3)応力腐食割れ、クリープ破壊
 (4)高サイクル疲労,低サイクル疲労破壊

2.金属疲労破壊のメカニズム
 (1)金属疲労のメカニズム
 (2)疲労限度のメカニズム
 (3)各種因子の影響
 (4)応力集中の発生メカニズムと切欠き係数
 (5)FEMによる集中応力の正確な求め方
 (6)圧縮残留応力付与による疲労強度増大法
 (7)低サイクル疲労
 (8)ミーゼス応力を用いる場合の問題点
 (9)はんだ接続部の熱疲労寿命

3.溶接構造物の疲労寿命
 (1)溶接継手止端部に集中する応力
 (2)余盛止端角度の影響
 (3)溶接による引張り残留応力の発生メカニズム
 (4)母材強度の疲労強度への影響とそのメカニズム

4.ボルト締結部の強度と緩み防止法
 (1)ボルトの応力集中と疲労強度
 (2)外力のうちボルトに流れる力
 (3)VDIのボルト締結部強度設計基準
 (4)トルク法締結の問題点
 (5)ボルト締結部の緩み防止法

5.疲労強度改善溶接構造の実例

6.破壊力学と溶接継手疲労問題への適用例
 (1)破壊力学入門
 (2)応力拡大係数の値とFEMによる算出法
 (3)疲労き裂進展速度と進展下限界値
 (4)溶接継手不溶着ルート部の疲労強度
 (5)材料欠陥や加工傷を有する部材の疲労強度
 (6)ボルトの疲労強度

7.最新疲労強度設計法
 (1)構造強度設計の体系
 (2)ASME,ENにおける応力集中部の疲労設計法
 (3)IIWにおける溶接継手の疲労強度設計基準
  ・等級別設計疲労強度線図
  ・FEMによるホットスポット応力の求め方
 (4)IIWにおける溶接継手の後処理による疲労強度改善法
  ・止端形状改善法とその効果
  ・ピーニングによる圧縮残留応力付与法とその効果

8.各種形状の応力解析集と材料強度データ集

9.例題、質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018年6月29日(金)開催

「溶接継手・ボルト締結構造の疲労破壊メカニズムと
 損傷防止及び強度設計法・強度改善構造事例」
セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20180605.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は松浦でした。

2018年6月13日 (水)

2018年6月28日(木)開催「地熱発電設備の設計・建設と掘削・信頼性向上技術」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------

◆本日再ご紹介セミナー◆

  2018年6月28日(木)開催

 「地熱発電設備の設計・建設と掘削・信頼性向上技術」

  http://www.tic-co.com/seminar/20180617.html

---------------------------------------------

先日、京都で新選組にゆかりのある土地に行ってきました!

まずは偶然通りかかり見つけた光緑寺(こうえんじ)

Securedowfhfjknload

入口に「新撰組之墓」という文字を見つけ、興味が湧いて中に入ってみたら
ご住職がとても面白い方で、新撰組のお墓にまつわる事や焼香の仕方など沢山教えて頂きました。
ここには副長であった山南敬介、他数名の隊士が眠っています。

話によれば、暗殺された新撰組参謀、伊東甲子太郎や藤堂平助などの墓も
ここにあったそうですが、後に戒光寺へ移されたそうです。

次に向かったのは壬生寺(みぶでら)
新撰組が鍛錬など行っていた場所とされています。
中はとても広く、奥には近藤勇局長の胸像が置いてあり、迫力がありました。

Securedownload

次はずっと来てみたかった八木邸(やぎてい)へ。
ここは新選組の壬生屯所旧跡です。
ここでは新撰組結成時から最期までの沢山のお話が聞けました。
スタッフの話によると、当初は局長が3人いたらしく、ここで初めて知りました…。
筆頭局長が芹沢鴨、続いて局長に新見錦。そして有名な近藤勇だったそうです!

Securedowndgload

Securedowhjnload

八木邸の入り口には、沖田総司が座っていたとされる石がありました。
新撰組の跡がここには沢山あり、当時の空気をとても味わえました。

最後には八木邸と同じく屯所とされていた
旧前川邸の中にあるグッズ販売店を少し覗いて帰りました。

全ての場所が大宮駅から密接しているので、
是非、興味のある方はまとめて巡ってみては如何でしょうかhappy01

---------------------------------------------

さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介!

2018年6月28日(木)開催

「地熱発電設備の設計・建設と掘削・信頼性向上技術」

です!

★本セミナーでは、バイナリー式を含めた地熱発電における設備設計・建設事例、小型ならびに大型地熱発電システムとタービンの性能・信頼性向上技術、地熱発電プラント(生産井からタービン入口まで及び還元井までの地熱蒸気生産・熱水還元設備)の配管設計、また掘削機材と最近の技術動向などについて、大規模のみならず中・小規模の事例を織り交ぜ、実務の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.地熱発電設備の設計技術と建設事例

富士電機(株)
火力・地熱プラント総合技術部
プラント技術課 主査 武藤寿枝 氏
 

 1.発電原理と方式
  (1)発電原理とその特徴
  (2)発電方式(フラッシュ、バイナリー)の選択のポイント
   ①熱源条件
   ②環境条件
 2.ヒートバランス計画のポイント
  (1)フラッシュ式
   ①蒸気圧力
   ②復水器内圧
   ③不凝縮ガス抽出装置の構成
  (2)バイナリー式
   ①サイクル機器の構成
   ②媒体の選定
 3.主要構成機器の紹介
  (1)フラッシュ式
   ①蒸気タービン
   ②発電機
   ③復水器
   ④冷却塔
   ⑤不凝縮ガス抽出装置
  (2)バイナリー式
   ①バイナリータービン
   ②空冷式凝縮器
   ③予熱器
   ④蒸発器
 4.地熱発電特有の技術
  (1)蒸気タービンのスケール対策
  (2)蒸気タービンの腐食対策
  (3)発電機の腐食対策
  (4)その他プラント機器の腐食対策
 5.建設事例
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.高効率地熱発電のための蒸気タービン性能・信頼性向上技術と最近の開発動向
 ~小型ならびに大型を含めた東芝の技術・取組みについて~

東芝エネルギーシステムズ(株)
火力・水力事業部 火力プラント技術部
基本計画担当 参事 前泊淳一郎 氏

 1.地熱発電システムにおける技術の最新動向
  (1)地熱発電システムと東芝地熱タービン
  (2)小型地熱発電システム(地域共生型小型タービン、地熱抗口発電システム)
  (3)大型地熱発電システム
 2.地熱タービン性能・信頼性向上技術
  (1)最終段翼
  (2)ラージコードノズル
  (3)全周一群翼
  (4)ドレン除去
  (5)スケール除去
  (6)侵食/腐食防止
 3.地熱タービン最新仕様・技術
  (1)小型化と大型化
  (2)地熱複合発電(GCCU:Geothermal Combined Cycle Unit)
 4.最近のトピックス
  (1)新設案件
  (2)更新案件
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.地熱発電プラントの配管設計

JFEエンジニアリング(株)
エネルギー本部 エネルギープラント事業部
発電プラント技術部 部長 松村忠彦 氏
 

 地熱発電プラントの設備の内、今回は、生産井からタービン入口まで及び還元井までの地熱蒸気生産・熱水還元設備を対象に説明する。扱う流体は、蒸気・熱水ではあるが、地熱特有な点に焦点を当て、地熱生産井周りの配管、蒸気・熱水二相流輸送配管、飽和蒸気輸送及び飽和熱水輸送を中心に解説する。

 1.蒸気生産・熱水還元設備とは
 2.蒸気生産・熱水還元技術の概要
 3.生産井周りの配管
 4.二相流輸送配管
 5.蒸気輸送配管
 6.熱水輸送配管
 7.還元井周りの配管
 8.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.地熱発電における掘削機材と技術動向

日鉄鉱コンサルタント(株) 常務取締役 試錐部長
日本地熱学会 評議委員
(一社)全国ボーリング技術協会 会長 藤貫秀宣 氏
 

 1.掘削設備概念
 2.櫓
  (1)スタンダート型
  (2)カンチレバー型
  (3)ブートストラップ型
  (4)ブロック型
 3.サブストラクチャー
 4.掘削機
  (1)ドローワークス
  (2)試錐機
  (3)補助ブレーキ
 5.泥水ポンプ
 6.泥水システム(ソリッドコントロ-ルシステム)
  (1)シェルシェーカー
  (2)マッドクリナー
  (3)セントリフュージ
  (4)冷却塔
 7.坑口装置
  (1)口元装置
  (2)暴噴防止装置(BOP)
 8.掘削ツールス
  (1)ビット
  (2)スタビィライザー
  (3)ドリルカラー
  (4)ヘビューウエートドリルパイプ
  (5)ドリルパイプ
 9.坑井トラブル
 10.ケーシングセメンチング
 11.最近の地熱掘削の特徴
  (1)トップドライブシステム
  (2)坑跡管理
  (3)最近の掘削リグ
  (4)空気混合泥水掘削
  (5)PDCビット
  (6)外国人雇用
 12.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

  2018年6月28日(木)開催

 「地熱発電設備の設計・建設と掘削・信頼性向上技術」

  http://www.tic-co.com/seminar/20180617.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は阪口でした。

2018年6月12日 (火)

2018年6月28日(木)開催「スケールアップ・各段階のコスト試算と設備投資における採算性分析・意思決定」セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------
★本日再ご紹介セミナー★

2018年6月28日(木)開催

 ~技術者・研究者のための~
「スケールアップ・各段階のコスト試算と
 設備投資における採算性分析・意思決定」
セミナー!
 -化学プロセス、環境・エネルギー分野での経験・事例をもとに解説する-

 http://www.tic-co.com/seminar/20180603.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介!

2018年6月28日(木)開催

 ~技術者・研究者のための~
「スケールアップ・各段階のコスト試算と
 設備投資における採算性分析・意思決定」
セミナーです!
 -化学プロセス、環境・エネルギー分野での経験・事例をもとに解説する-

★本セミナーでは、プロジェクトや実用化への第一歩であるスケールアップの
 考え方・進め方から、具体的な各段階(研究開発段階、開発試作段階)に
 おけるコスト試算と事業採算性検討の計算方法ならびに感度分析・投資判断
 などについて、経験豊富な阪井講師にわかりやすく解説頂きます。

●講師
 (株)KRI 執行役員
 環境化学プロセス研究部 部長
 阪井 敦 氏
 

●プログラム

1.プロジェクトで業務を考える
 1-1 プロジェクトとオペレーションの違い
 1-2 プロジェクトマネジメントとは
 1-3 プロジェクトのコストマネジメント(EVM)

2.実用化への第一歩スケールアップの考え方と進め方
 2-1 化学者の視点(プロダクト)と化学工学者の視点(プロセス)
 2-2 スケールアップの難しさ
 2-3 連続プロセスとバッチプロセスのスケールアップ
 2-4 実験室と実設備の違い
 2-5 スケールアップのためのデータ取得
 2-6 モデル化
 
3.コストは1つではない
 3-1 コスト構成
 3-2 色々なコストの考え方
 3-3 原価計算の目的
 
4.開発ステージにマッチしたコスト試算
 4-1 研究開発段階における超概略コスト試算
 4-2 開発試作段階におけるコスト試算
  4-2-1 物質収支と変動費の推算
  4-2-2 設備投資額の概算
  4-2-3 製造コストの概算
 
5.事業採算性検討と投資意思決定
 5-1 事業採算性検討に必要な値
 5-2 ディスカウント・キャッシュ・フロー(DCF)法による計算
 5-3 投資採算性検討の境界の考え方
 5-4 リスクマネジメント
 5-5 感度分析
 5-6 投資判断

6.環境・エネルギー分野における研究開発事例の紹介
 
7.質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018年6月28日(木)開催

 ~技術者・研究者のための~
「スケールアップ・各段階のコスト試算と
 設備投資における採算性分析・意思決定」
セミナー!
 -化学プロセス、環境・エネルギー分野での経験・事例をもとに解説する-

 http://www.tic-co.com/seminar/20180603.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は松浦でした。

2018年6月11日 (月)

2018年6月27日(水)開催「植物工場による薬用植物・医薬品原材料など高付加価値物質生産・栽培に関する技術・研究開発動向」セミナーの再ご紹介!


----------------------------------------

◆本日再ご紹介セミナー◆

2018年6月27日(水)開催

「植物工場による薬用植物・医薬品原材料など
 高付加価値物質生産・栽培に関する技術・研究開発動向」
セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20180612.html

<アカデミック割引>
 大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、
 06-6358-0141までお問い合わせ下さいませ。

----------------------------------------

先日、映画を見に行きました。

『恋は雨上がりのように』

Cid_163ec4091441cf811661

【あらすじ】
アキレス腱の怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の
橘あきら(小松菜奈)は偶然入ったファミレスの店長・
近藤正己45歳(大泉洋)の優しさに触れたことをきっかけに、
近藤のファミレスでバイトを始める。
密かに近藤への恋心を募らせながら―。


原作のファンで遂に実写化となり大泉洋さんも、
ヒロインの小松菜奈さんも、役にはまっていて、
とても楽しみに公開を待っていました。

あらすじだけ見ると、ラブストーリーのようですが、
恋愛は押していなくて、主人公の走るシーンや
陸上仲間の親友とすれ違うもどかしい気持ち、
部活にかける情熱など若さが眩しくて、
見た後は、走り出したくなるような、
さわやかな映画でした。

原作と表現が違ってそれぞれ面白かったです。

機会があれば是非見てみて下さい。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介!

2018年6月27日(水)開催

「植物工場による薬用植物・医薬品原材料など
 高付加価値物質生産・栽培に関する技術・研究開発動向」
セミナーです!

★本セミナーでは、植物工場による薬用植物・医薬品原材料など
 高付加価値物質生産の研究開発と取組みについて、生産技術・
 栽培方法・エンジニアリングのポイントなど、国内外の事例を
 含め斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

【プログラム】

Ⅰ.植物工場による薬用植物および医薬品原材料生産のための
  遺伝子組換え植物の栽培(仮)
 ~千葉大における取組みを中心に~

千葉大学大学院 園芸学研究科
環境調節工学研究室 教授
後藤英司 氏

 1.栄養成分、機能性成分、薬用成分とは
 2.植物工場による薬用植物生産の国内外動向
 3.植物工場による医薬品原材料生産
  (遺伝子組換え植物栽培)の国内外動向
 4.千葉大学における取組み
 5.植物工場の特徴を生かした栽培手法・生育制御の展望
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.鹿島建設の植物工場エンジニアリング

鹿島建設株式会社
エンジニアリグ事業本部 次長
澤田裕樹 氏

 植物工場において高品質な商品の安定生産を実現するために求められる
エンジニアリング技術と鹿島建設の取り組みについて紹介する。また、
高付加価値作物生産のための植物工場エンジニアリングについて、
遺伝子組換え植物工場での経験を用いて具体的に説明する。

 1.鹿島建設の植物工場分野への取り組み
 2.遺伝子組換え植物工場における高付加価値物質生産
 3.高付加価値作物生産のための植物工場エンジニアリング
 4.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.植物工場における薬用植物など機能性植物の栽培・生産の展望
 ~抗加齢および抗糖尿病効果を有する植物の栽培等~

近畿大学 薬学総合研究所
機能性植物工学研究室 教授
角谷晃司 氏

 生活習慣病を予防し、健康寿命を延ばすことは、生活の質の低下の
防止や社会保障負担の軽減につながる。中でも、酸化や紫外線などに
対する抑制・防御物質を様々な植物から見出し、摂食することは、
アンチエイジング効果に有効であり、また、暴飲暴食から引き起こされる
血糖値の上昇を抑える物質は、糖尿病に予防効果が期待される。そこで、
このような抗加齢効果ならびに抗糖尿病効果を有する植物を選抜し、
これらの安定生産のための人工栽培技術について紹介する。

 1.平均寿命と健康寿命について
 2.抗加齢物質を生産する植物の選抜と評価
 3.シャクヤク・カンカニクジュヨウ・サフランの人工栽培
 4.抗糖尿病効果を有する植物の選抜と評価
 5.サラシアの人工栽培
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.海外における植物工場を用いた機能性素材・医薬品原材料生産の研究開発動向

一般社団法人イノプレックス 代表理事
藤本真狩 氏

 植物工場では施設内を最適環境に制御し、トマトやレタスなどの
生産野菜を栽培する場合が一般的だが、海外では植物内にて成分の発現、
加工・抽出工程を経て、健康食品や医薬品の原材料として提供している
ケースも増えている。
 本セミナーでは、植物や藻類などを対象に、植物工場を活用しながら
健康食品向けの機能性素材、各種ワクチン等の医薬品原材料を生産して
いる海外の企業事例や研究開発動向を解説する。

 1.植物工場を活用した植物栽培・藻類培養と機能性素材の生産
  (1)植物栽培による生産事例
  (2)藻類の可能性について
  (3)米国の技術動向、企業事例の紹介
  (4)その他(欧州)の技術動向、企業事例の紹介
 2.植物工場を利用した医薬品の原材料生産
  (1)日本国内の現状
  (2)米国の技術動向、企業事例の紹介
  (3)その他(欧州)の技術動向、企業事例の紹介
 3.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.機能性トマトの開発と植物工場での生産

筑波大学 生命環境系 教授
つくば機能植物イノベーション研究センター センター長
江面 浩 氏

 国民医療費が急増する中、日常の食生活を通した健康の増進が期待されている。
トマトは、世界でも我が国でも極めて消費量の多い野菜であり、リコピンやGABA
(γ-アミノ酪酸)など健康機能性が検証されている物質も多く含まれている。
一方、トマトは、トマトが持っていないような新たな機能性成分を生産する植物
工場としても適しており、様々な健康機能性成分をトマトで生産する研究開発が
行われている。本講義では、そのような事例としてミラクリンを生産するトマト
の開発と植物工場生産に向けた取り組みについて紹介する。ミラクリンは、酸味
を甘みに変える機能を有する味覚修飾タンパク質で、次世代甘味料として注目
されている物質である。

<質疑応答・名刺交換>

Ⅵ.完全閉鎖型植物工場を用いたコメ型経口コレラワクチンの開発

東京大学医科学研究所 特任研究員
幸 義和 氏

 私たちはイネ種子(コメ)の胚乳細胞に有用たん白質を発現させることで、
常温で安定なたん白を製造・保存できる技術を確立し、それをコレラに代表される
腸管感染症に対する経口ワクチン生産に応用することで、無毒のコレラ毒素B鎖
(CTB)発現米であるMucoRice-CTBを開発した。2010年からヒトに投与可能な
選択マーカーのないMucoRice-CTBの開発および研究所内にGMP対応完全閉鎖型
植物工場の建設を、2013年から前臨床試験を、2015年7月からMucoRice‐CTBを
原薬とする治験薬のヒトでの安全性を確認する目的で東京大学医科学研究所
附属病院にて医師主導治験(フェーズI)を実施し、現在海外での治験準備を
進めている。本セミナーではMucoRice-CTBの製造と開発の現状を解説する。

 1. コメ型ワクチンとは
 2.GMP対応植物工場でのコメ型ワクチンの製造
 3.コメ型ワクチン開発の現状
 4.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018年6月27日(水)開催

「植物工場による薬用植物・医薬品原材料など
 高付加価値物質生産・栽培に関する技術・研究開発動向」
セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20180612.html

<アカデミック割引>
 大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、
 TEL:06-6358-0141までお問い合わせ下さいませ。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は松浦でした。

2018年6月 8日 (金)

2018年6月27日(水)・28日(木)開催「プラント配管設計の要点と要素技術」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2018年6月27日(水)・28日(木)開催

~配管設計40余年での経験から解説、配管設計全域を網羅する内容です!!~
プラント配管設計の要点と要素技術」 セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20180604.html

---------------------------------------------
Pixta_10883172_l_2
 
今回取りあげる季語は「石榴の花(ざくろのはな)」。

トルコから北インド原産のザクロ科の落葉高木。

日本には平安時代に渡来。

6~7月ころ、筒状で多肉の蕚(がく)を持つ、朱色あるいは深紅の六弁花を枝先に咲かせます。

江戸時代に花木としての品種改良がおこなわれました。

実のならない八重咲きのものを花石榴(はなざくろ)といい、白、淡紅、朱、絞りなど色も濃淡もいろいろあります。

スペイン語でザクロはグラナダ(granada)といいますが、グラナダはスペイン、アンダルシア地方の州都で、世界遺産で有名なアルハンブラ宮殿も6月は石榴の花が咲き乱れるといわれます。

今回はそんな「石榴の花」「花石榴」を詠んだ句を選んでみました。

夏の季語になります。

 

水打てば妻戸にちりぬ花ざくろ
溝口素丸(みぞぐち そまる) (1713-1795)

 

花石榴久しう咲いて忘られし
正岡子規(まさおか しき) (1867-1902)

 

塗り立てのペンキの塀や花ざくろ
室生犀星(むろう さいせい) (1889-1962)

 

花柘榴情熱の身を絶えず洗ふ
中村草田男(なかむら くさたお) (1901-1983)

 

あかあかと一と夜の旅の花柘榴
石塚友二(いしづか ともじ) (1906-1986)

 

樹ごと微動し町工場の花柘榴
田川飛旅子(たがわ ひりょし) (1914-1999)

 

花柘榴の花の点鐘恵山寺(点鐘=てんしょう)
金子兜太(かねこ とうた) (1919-2018)

 



私も詠んでみました。

 

花柘榴ドンファン醜聞こぼれ落つ(醜聞=しゅうぶん)
白井芳雄
 

***********************************************************************************************************
 
さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介!

2018年6月27日(水)・28日(木)開催

~配管設計40余年での経験から解説、配管設計全域を網羅する内容です!!~
プラント配管設計の要点と要素技術」 セミナー

です!
 

 
★アンケートなど以前からのご要望にお応えし、2日間開催致します!!

★本セミナーでは、配管設計業務の留意点から、具体的な仕様書・ローディングデータの作成及び配管計画におけるポイントと各種要点(熱応力、耐震設計、材料特性、配管材の購入、埋設配管、消火設備配管、モジュール配管、現地設計)および、配管見積作業に至るまで、実務経験豊富な今井講師から失敗談など事例を多数含め詳説頂きます。
 

●講 師
 
三井造船プラントエンジニアリング(株)
設計部 装置グループ 部長格 今井千浩 氏

 
<講師紹介>
【経歴】
1970 三井造船株式会社に入社、プラント事業部に配属される。
国内工事配管設計業務、配管設計自動化システム導入業務に従事する。
1980 国内工事でエンジニアリングマネージャー業務に従事。
プラント統合システム開発に従事、配置・配管3DCADシステムの開発に従事。
海外工事配管設計業務。
1990 海外工事配管設計業務。海外工事・プロジェクトマネージャー業務に従事。
2000 海外工事・プロジェクトマネージャー業務に従事。
2007-現在 若手・中堅社員の育成や、国内工事のプロジェクトマネージャー業務に従事。
 

●プログラム
 
Ⅰ.配管設計業務の概要と留意点

 1.配管設計の特性と配管設計者に求められる資質
  ~プラントエンジニアリングは有機的結合体である~
 2.配管設計業務フローと関連業務フロー
  ~配管設計は無から有を生み出す~
 3.PLOT PLANの役割と注意すべき点
  ~総合力がわかる~
 4.プロセス設計との関わり
  ~プロセス説明書は転ばぬ先の杖~
 5.機器配置図の役割
  ~機器配置Study は敵を知ることになる~
 6.配管計画の役割
  ~昔は人、今は設計標準~
 7.3D CAD利用
  ~3D CADは段取りが勝負、物の納期は工事ではなく配管設計工程で決める~
 8.配管サポート計画
  ~意外な落とし穴に気をつける~

 
Ⅱ.配管設計の要素技術

 1.仕様書の作成ポイント
  (1)配管設計基準
   内容:配管設計の守るべき原則には必ず根拠があり、その根拠を理解して頂く。
  (2)配管材料基準
   内容:配管設計基準と両輪となる重要な基準書であり、基準書に隠された技術的内容の説明。
       バルブの規格選定がコストダウンにつながる。
 2.ローディングデータの作成ポイント
  (1)機器L/D
   ~機器据え付けは機器L/Dで行えるように~
  (2)パイプラックL/D
   ~事前に決めておく事項、配管荷重の取り方~
  (3)架構L/D
   ~事前に決めておく事項、床排水、床高さ~
   ~床材の選択、床耐荷重の周知、設計基準レベルの統一~
  (4)コンプレッサー建屋・基礎L/D
   ~基礎形状の注意点~
  (5)パイプサポートL/D
   ~ペービングと独立基礎の経済性~
 3.配管計画のポイント
  (1)Tower廻り計画
  (2)熱交廻り計画
  (3)ドラム廻り計画
  (4)ポンプ廻り計画
  (5)加熱炉廻り計画
  (6)パイプラック配管計画
  (7)高温スチームタービン廻り
  (8)エアーフィンクーラー廻り
 4.熱応力の基礎理論
  (1)許容応力は引張応力の1/3
  (2)許容応力範囲の基礎
  (3)高圧ガス、JPI, ASMEの違い
 5.耐震設計
  ~耐震設計と熱応力のマッチング~
 6.材料の特性
  ~ネルソンカーブとNACE規格、ステンレス鋼の知っておくべき特性~
 7.配管材の購入
  ~個別仕様書の作成ポイント、高圧ガス保安法による材料規制と検査規制、Flange face面を侮らない~
 8.埋設配管
  ~設計工程、径路の優先順位~
 9.消火設備配管
  ~Fire water main grid 配管、散水配管~
 10.モジュール配管の実際
  ~パイプラックモジュール計画、Tower周りモジュール計画~
 11.現地設計
  ~スチームブロー計画、Flushing計画~

 
Ⅲ.配管見積作業概要

 1.概略法
 2.詳細積み上げ法
 3.精査方法

 
Ⅳ.その他:吹き出し反力、圧損設計の紹介

 
Ⅴ.質疑応答<適宜>

 

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2018年6月27日(水)・28日(木)開催

~配管設計40余年での経験から解説、配管設計全域を網羅する内容です!!~
プラント配管設計の要点と要素技術」 セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20180604.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
本日は白井芳雄が担当いたしました。

«2018年6月26日(火)開催「蓄電池システムの経済性・技術開発動向と運用・適用事例」セミナーの再ご紹介!