最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 新規取り扱い書籍:「抗体医薬のための細胞構築と培養技術」のご紹介 | トップページ | 書籍「リチウムイオン電池技術」のご案内。 »

2010年7月 5日 (月)

書籍「日本発ブロックバスターを目指して ―創薬研究の最前線―」のご案内

7月11日の参院選まで残り一週間となりました。

土曜日は1日ものすごい雨だったのでひきこもり、日曜日にぶらぶらと出かけたのですが、駅前・街中で

候補者の方があちこちに。

選挙前の最後の日曜日とあってか、どの方も力の入った演説をされていました

いつも遠巻きに見ているタイプなのですが、先日は間近にその熱さを感じる機会がありました。

駅前で朝のあいさつをしながらひとりひとりに握手を求めている候補者の方がいたのですが、

少し離れたところを歩いていた私と、私の前を歩いていた一般男性がどうしようかな~と視線を

チラチラやっていたら、その方、飛ぶようにやってきて男性の手を奪うように握りしめられていました。

私はあまりの勢いに圧倒されてしまい、そのままスルー。

流れ作業でなく、本当にしっかりと、ひとりでも多くの方と握手を!と熱意が伝わってくるあの俊敏さ。

参院選に向けた本気度が伝わってきます。

みなさん、「11日は投票日」とスケジュールに書くのをお忘れなく!

さて、ではここで本題、本日は書籍「日本発ブロックバスターを目指して」についてご紹介いたします。

紹介する身でありながら“ブロックバスター”??とハテナが飛び交ってしまったので、インターネット

で調べてみました

『従来の治療体系を覆す薬効を持ち、圧倒的な売上高をたたき出し、その売上に比例する莫大な利益を生み出す新薬をあらわす』Wikipediaより

ただの新薬ではなくて、時代のトレンド(売れ筋)をつかんだ新薬、のようです。

難しいですね

本書では、そのブロックバスターの日本における開発研究について、最前線の情報をご紹介しています。

大きな目次は、

【第1編 世界に誇るわが国の創薬】
【第2編 創薬探索研究の話題】 
【第3編 プロセス研究の話題】

と全3編にわかれており、 大型新薬開発研究者が新薬創製までの開発経緯や苦労話などを、

また、創薬探索研究・プロセス研究に携わる第一線研究者が最前線の情報を記述されています。

詳しい目次については、下記URLをご覧ください!

/////////////////////////////////////////

 「日本発ブロックバスターを目指して ―創薬研究の最前線―

  http://www.tic-co.com/books/2010t745.html

/////////////////////////////////////////

新薬研究をされている方、必見ですよ!

月曜日担当、東でした。

« 新規取り扱い書籍:「抗体医薬のための細胞構築と培養技術」のご紹介 | トップページ | 書籍「リチウムイオン電池技術」のご案内。 »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新規取り扱い書籍:「抗体医薬のための細胞構築と培養技術」のご紹介 | トップページ | 書籍「リチウムイオン電池技術」のご案内。 »