2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 書籍「がん免疫療法 -実用化へのチャンレンジ-」のご案内 | トップページ | 書籍「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」のご案内 »

2010年11月24日 (水)

書籍『薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』のご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介書籍◆

  『薬物動態(「ヘ」項)試験における
   データ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』
   http://www.tic-co.com/books/10stp055.html

-------------------------------------------------
ふと気がつくと、日が暮れるのがとても早くなっていて、
仕事帰りには辺りがすっかり暗くなっています。

冬至に向けてどんどん昼間の時間が短くなっているのを
肌で感じる今日この頃。

夜が長くなるこの季節、「そうだ!読書をしよう!」と、
昨日、休日を利用して何年かぶりに図書館へ行こうと思い立ちました。

私は、本は「借りる」派ではなく本屋さんで「買う」派です。
しかし今読みたい本があって、それは20年位前に発刊された本なんです。
さすがに20年前の本は近くの本屋さんに置いていないので、図書館で借りることを
思いつきました。

インターネットで近くの図書館の「蔵書検索」をしたら・・・、
あった!ありました!私の読みたい本。

早速出かける準備をし、図書館の所在地を確認、利用案内を読むと・・・
な、なんと!「本日は設備点検で臨時休館」とのこと。ショックΣ( ̄ロ ̄lll)

しかたがないので、またインターネットで他の図書館を探しているときに目にとまったのが、本のデータをダウンロードしてパソコンで読む「電子ブック」
ダメもとで本の検索をしてみたら・・・
私の読みたい本がありました

偶然ですが、以前から使い道に困っていた「ビットキャッシュ」(電子マネー)も手元にあり
早速オンラインで決済して購入してみました。

文字の大きさを変えたり、電子しおりを入れる事もでき、なかなか読みやすく快適!

便利な世の中になりましたね~。
この「電子ブック」ちょっとハマりそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、本日も書籍のご紹介

『薬物動態(「ヘ」項)試験における
 データ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』

~GLP試験or非GLP試験として実施するかにより取り組みは大きく異なる~

◇試験計画書の作成、変更、承認

◇調査に関するSOP

◇試験報告書のQCチェック・Peer Review・QA レビュー

◇ヒューマンミス・エラーの発見・防止方法・手段

◇「現場調査の重要性

◇生データの定義及びその取扱い

について、全5章構成で詳説されています

著者は

GXPコンサルタント/QAサポートアドバイザー
【元国内大手製薬企業 総合・開発研究所、薬制部・信頼性保証部】

橋爪 武司(医学博士)。

各章ごとの書籍趣旨や詳しい目次はこちらでチェック↓↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 『薬物動態(「ヘ」項)試験における
  データ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』

  http://www.tic-co.com/books/10stp055.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

ホントだったら図書館に足を運んでいるはずだったのに、家に居ながらにして
お目当ての本を読むことができるなんて・・・。
世の中が便利になるにつれ、私の運動量が激減していることに気付き、
ちょっと複雑な水曜担当工藤でした。

« 書籍「がん免疫療法 -実用化へのチャンレンジ-」のご案内 | トップページ | 書籍「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」のご案内 »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍「がん免疫療法 -実用化へのチャンレンジ-」のご案内 | トップページ | 書籍「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」のご案内 »