最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 書籍『薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』のご紹介! | トップページ | 書籍「エネルギーハーベスティング技術の最新動向」のご案内 »

2010年11月25日 (木)

書籍「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」のご案内

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日ご紹介する書籍は

 「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」

   http://www.tic-co.com/books/2010t765.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

久しぶりに、京都に行って来ました
目的は、”紅葉狩り”ではなく、前から行ってみたかった二条城

というのも、大学時代、二条城の近くを自転車で通っていて、
城というのに、天守閣がないにも拘わらず、修学旅行生をはじめ多くの観光客が
訪れているので、何を見学するのかと不思議でした(゚0゚)

今回初めて城内を見学し、徳川時代の建築物、絵画等、桃山時代の美にふれ、
世界文化遺産に登録されているのも納得

今では京都市所有ですが、十五代将軍がこの城の広間で、大政奉還を発表し、
朝廷のものとなった後、下賜されたという歴史があります。
京都という所は、歴史的名所が数多くあり、一年を通じ楽しめる場所ですね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日ご紹介するのは、新しい蓄電デバイスである、リチウムイオンキャパシタに関して
詳しく述べた技術書です

LiBとEDLCとLiCの特徴の違いが把握できる!
世界の主な自動車会社と電源を供給する企業一覧を紹介!
家電機器、産業用の回生制動応用、HEV、PEV用などの用途もご紹介!

前半は、リチウムイオンキャパシタの基本から構成部材や材料、また幾つかの
バリエーションや関連デバイスについて解説
後半では、応用技術動向や市場動向について詳しく記述されていますので、
是非ご覧頂きたい一冊です

 第1章 総論
 第2章 構成部材
 第3章 リチウムイオンキャパシタ
 第4章 応用開発動向
 第5章 リチウムイオンキャパシタの開発・市場動向 

詳しくはコチラから↓ 

************************************

「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」

   http://www.tic-co.com/books/2010t765.html

************************************

木曜担当:笠城でした

« 書籍『薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』のご紹介! | トップページ | 書籍「エネルギーハーベスティング技術の最新動向」のご案内 »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書籍「リチウムイオンキャパシター技術と材料 」のご案内:

« 書籍『薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング』のご紹介! | トップページ | 書籍「エネルギーハーベスティング技術の最新動向」のご案内 »