最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年3月29日(火)開催「溶媒抽出法の基礎と応用技術」セミナーのご案内 | トップページ | 書籍『バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方~結晶多形の制御や不純物除去と管理、安定性評価~』のご紹介! »

2011年2月 2日 (水)

書籍『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』のご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介書籍◆

 『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』
   
http://www.tic-co.com/books/11stp056.html

-------------------------------------------------
突然ですが、実は我が家には、これまで「体重計」がありませんでした。

現実を直視するのがあまりに恐ろしく、今まで買おうと思わなかったのですが、
先日、「このままではいかん!と意を決して購入することとなりました。

いつも行っている家電量販店で、体重計コーナーを見てみたら、まぁなんと色んな種類の体重計があるではないですか!
w(゚o゚)w

体重だけじゃなく基礎代謝量やBMI、体脂肪率等まで測れるものがいっぱい置いてあって
どれにしようか悩んだあげく、体脂肪率や内臓脂肪レベルそして「体年齢」なるものが測れるものを購入致しました~!

ハイテクな体重計を購入して、妙にテンションが上がり、ワクワクしながら体重計に乗ってみたところ・・・。

現実とは恐ろしいものです。

体重でショックを受けたのは言うまでもありませんが、ちょっと楽しみだった「体年齢」・・・。

な、なんと「53才」・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)

あまりにショックでしたが、このショックをバネにして今後は1才でも「体年齢」が若返るように日々努力するぞと心に決めた私でございます。

*******************************************************************************************

さてさて、本日は書籍のご紹介

JP16(改正案)対応した3局比較の無菌試験法と製薬用水の品質管理手法を解説した、

『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』 です。

この書籍は、

◎3極における無菌医薬品製造の規制の違いを各工程別に解説

◎欧米の査察官がどこに注意してどのような査察をしてくるのか

◎変更/逸脱管理について欧米ではどう捉え、日本とはどう違うのか

◎日本薬局方第16改正に対応する無菌試験法は?製薬用水の規定は?

◎日欧米に適合するための滅菌法を手法別に解説

◎3極に対応した無菌医薬品製造の工程から機器までのバリデーション方法

◎一目でわかる3極のクリーンルームに求められる清浄度基準

◎無菌性保証で必要となるアイソレータ、RABS、封じ込めのノウハウを解説

と、上記ポイントを網羅した無菌性保証の決定版です

ぜひご検討くださいませ

詳しい書籍内容はこちらでチェック↓↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

  
 『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』
   
http://www.tic-co.com/books/11stp056.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

今までは、おやつのドーナツやケーキ、大福など、一度に2個は食べていたのですが、これからは1度に1個にしようと思う水曜担当工藤でした。

« 2011年3月29日(火)開催「溶媒抽出法の基礎と応用技術」セミナーのご案内 | トップページ | 書籍『バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方~結晶多形の制御や不純物除去と管理、安定性評価~』のご紹介! »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書籍『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』のご紹介!:

« 2011年3月29日(火)開催「溶媒抽出法の基礎と応用技術」セミナーのご案内 | トップページ | 書籍『バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方~結晶多形の制御や不純物除去と管理、安定性評価~』のご紹介! »