2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 書籍『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』のご紹介! | トップページ | 3月30日(水)開催「凝集剤の特性と効果的選定・活用法」セミナーのご紹介 »

2011年2月 3日 (木)

書籍『バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方~結晶多形の制御や不純物除去と管理、安定性評価~』のご紹介!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日ご紹介する書籍は

 「バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方」
  ~結晶多形の制御や不純物除去と管理、安定性評価~

 http://www.tic-co.com/books/11stp053.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日、2月3日は『節分』
「鬼は外、福は内」と掛け声をかけて炒った豆を撒き、一年の災いを払い、
無病息災を願う日ですよね
ここ数年で全国的に知られるようになりましたが、
その年のめでたいとされている方角(恵方)に向かって、
一言もしゃべらずに巻き寿司を丸かじりする風習は大阪が発祥の地だそうです
我が家でも昔から巻き寿司を丸かじりはするのですが、中身は少し変わっています。
作るのが面倒くさかったのか、たまたま冷蔵庫にあったからか、理由は不明?ですが
たくあんを胡麻で和えた新香巻きなんです
ただ、新香巻き1本食べただけでは物足りなく、つい2本、3本と食べるので、
昨日の帰りに、たくあんを買って帰ると、既に、数種類のたくあんが冷蔵庫にありました(^-^;
考える事は同じだなぁ、なんて思いながら、どのたくあんから食べようかな~
とウキウキ気分の木曜担当、笠城でした

ちなみに、今年の恵方は南南東です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、本日ご紹介いたします書籍は、2007年3月に発刊しました
【バッチプロセスのラボにおけるスケールアップ手法】を新たな
執筆者陣を迎えた改訂版です

本書のポイントは
~スケールアップにて恒常的に高品質のものを生産するための方法とは~
◎データの採取法について現役の担当者の生の声を掲載
◎ラボ実験を実機で再現させるために使われる機器でのデータの取り方を事例で紹介
◎プロセスパラメータ・許容値幅設定の考え方を教えます
◎結晶多形の制御を実際に事例を入れてご紹介
◎不純物の除去と管理方法、また、閾値設定に必要なものとは
◎DoEとタグチメソッド、CFDなど最新の技術によるスケールアップの最適化技術
です。

是非一度、詳細をご覧になって下さいね

【著者】

 竹林絜矩  元 三共(株)
 山野光久  武田薬品工業(株)
 岸本文雄  関東化学(株)
 加藤喜章  帝人ファーマ(株)
 田中守   APIプロセスコンサルティング
 岩村寛   元 田辺三菱製薬(株)
 奈賀高志  田辺三菱製薬(株)
 加々良耕二 大原薬品工業(株)
 橋本光紀  医薬研究開発コンサルティング
 芦澤一英  武蔵野大学
 西内典明  中外製薬(株)

【目次】

  第1章 スケールアップ時の再現性を得るための検討事項
  第2章 バッチプロセスのスケールアップの特徴
  第3章 ラボ検討の進め方とラボデータの取り方
       ~スケールアップのラボ実験をパイロット・実機で再現させよう!~
  第4章 原薬製造プロセスにおけるスケールアップとラボからプラントへの留意点
  第5章 ラボでのデータの採り方とプロセスパラメータ・許容値幅設定の検討
  第6章 プロセス化学における危険性評価
  第7章 晶析時スケールアップ検討と結晶多形の制御
  第8章 晶析プロセスにおける不純物の削除と管理
  第9章 擬似結晶多形についての基礎研究及び工業化検討
 第10章 溶媒の選択、変更と回収
 第11章 医薬品の開発/製造におけるパラメータの最適化とスケールアップ手法

詳しくはコチラからチェック 

************************************

 「バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方」
  ~結晶多形の制御や不純物除去と管理、安定性評価~

  http://www.tic-co.com/books/11stp053.html

************************************

※2007年3月に発刊しました【バッチプロセスのラボにおけるスケールアップ手法】
は現在お取扱いがございませんので、ご了承下さいませ。

« 書籍『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』のご紹介! | トップページ | 3月30日(水)開催「凝集剤の特性と効果的選定・活用法」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍『3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応』のご紹介! | トップページ | 3月30日(水)開催「凝集剤の特性と効果的選定・活用法」セミナーのご紹介 »