最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 書籍『海洋再生エネルギーの市場展望と開発動向』のご紹介! | トップページ | 6月8日(水)開催「粉砕の基礎・機種選定・効率向上と粉砕操作の工学的活用」セミナーのご紹介 »

2011年4月 1日 (金)

4月8日(金)開催『太陽熱発電に関する国内外の状況と技術開発及び取り組み等最新動向』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

  4月8日(金)開催
  『太陽熱発電に関する国内外の状況と技術開発及び取り組み等最新動向』
   
http://www.tic-co.com/seminar/20110409.html

-------------------------------------------------
4月になりました。

4月は卯月の別名もありますが、鎮月(ちんげつ)との呼び名もあります。
文字通り、余震も、人々の気持ちのざわつきも鎮まり、穏やかな日々が一日も早く到来しますように。

古典文学の研究者であり、歌人でもある佐佐木信綱は1923年の関東大震災で被災し、
次のような短歌を詠んでいます。

『 いかに堪へ いかさまにふるひ たつべきと 試の日は 我らにぞこし 』

圧倒されそうな困難と哀しみに対して本物の勁さ、優しさ、団結力で乗り越えたいものです。

******************************************************************************************

さて本日は、一週間後と開催が迫っていますが、環境に優しく、エネルギー変換効率が高いので
今後幅広い分野での導入が期待されている

  4月8日(金)開催
  『太陽熱発電に関する国内外の状況と技術開発及び取り組み等最新動向』
セミナーの再紹介です

Ⅰ.太陽熱発電の国内外の最新動向と日本企業の戦い方
   (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
   新エネルギー部 統括研究員             石田文章 氏

Ⅱ.太陽熱発電事業への取り組み
   JFEエンジニアリング(株)
   グリーンプロジェクト推進本部
   (兼)社長付 主席                     脇元一政 氏

Ⅲ.太陽熱発電用ミラーとガラス
   日本電気硝子(株)
   薄膜事業部 担当課長                 櫻井 武 氏

Ⅳ.太陽エネルギーを利用した太陽光熱複合発電システム
   (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
   研究開発本部 未踏技術研究センター
   高度ミッション研究グループ 主任研究員
   技術士(航空・宇宙部門)               木皿且人 氏

について、詳しく解説いただきます。

詳しいプログラム内容はこちらで。↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

  
  4月8日(金)開催
  『太陽熱発電に関する国内外の状況と技術開発及び取り組み等最新動向』
   
http://www.tic-co.com/seminar/20110409.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日から金曜日は白井芳雄が担当いたします。
よろしくお願いいたします。

« 書籍『海洋再生エネルギーの市場展望と開発動向』のご紹介! | トップページ | 6月8日(水)開催「粉砕の基礎・機種選定・効率向上と粉砕操作の工学的活用」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» リアルがだめなんすか [トッキーの火事場餓狼]
失敗だったり成功だったり [続きを読む]

« 書籍『海洋再生エネルギーの市場展望と開発動向』のご紹介! | トップページ | 6月8日(水)開催「粉砕の基礎・機種選定・効率向上と粉砕操作の工学的活用」セミナーのご紹介 »