最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 6月8日(水)開催「粉砕の基礎・機種選定・効率向上と粉砕操作の工学的活用」セミナーのご紹介 | トップページ | 4月22日(金)大阪開催『リチウムイオンバッテリーマネージメント回路の市場・技術とシステム化など応用技術』セミナーの再ご紹介! »

2011年4月 5日 (火)

4月8日(金)開催「植物工場による薬用植物・医療用原材料な高付加価値物質生産の最新動向」セミナーの再ご紹介。

----------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2011年4月8日(金)開催
植物工場による薬用植物・医療用原材料な高付加価値物質生産の最新動向』セミナー

http://www.tic-co.com/seminar/20110402.html

----------------------------------------

今年の春、とうとう花粉症になってしまいました。
(きちんとアレルギー検査をしていないので、ただの自己診断ですが
症状はくしゃみ・鼻水くらいで、たいしたことはないんですが、
それでも辛いですね~。
家のティッシュペーパーがあっという間になくなります。
鼻の下もヒリヒリです。

そして、平日昼間は市販の鼻炎薬を飲んで、症状を抑えているのですが
眠くて口の中がカラカラです。
薬局の店員さんに「眠くなりにくいお薬ですよ」とすすめられましたが、
いえいえ、すっごく眠いです。
通勤電車の中で、立ったまま眠れそうなくらい眠くなります

花粉症は花粉が飛ぶ前の対策が大切なようですね~。
来年はがんばろう

----------------------------------------

本日は今週の金曜日、4月8日に開催の
植物工場による薬用植物・医療用原材料な高付加価値物質生産の最新動向」セミナー
を再度ご紹介させていただきます。

本セミナーでは、植物工場による薬用植物・医療用原材料など高付加価値物質生産の研究開発状況
および生産のための要素技術、期待される生産品目から、具体的な栽培生産システム
(高付加価値物質発現イチゴ栽培生産、薬用植物の水耕栽培システム、遺伝子組換えイネによる有用物質生産、
抗加齢および抗糖尿病効果を有する植物の栽培、高輝度LEDと亜臨界水抽出法による薬用植物生産)
とそのポイントについて、詳しく解説いたします。

 Ⅰ.植物工場による薬用植物・医療用原材料など高付加価値物質生産の最新動向と展望
    千葉大学  後藤英司 氏

 Ⅱ.植物工場による高付加価値物質の栽培生産システムの構築
  ~高付加価値物質発現イチゴ栽培生産、薬用植物の水耕栽培システム等~

    鹿島建設(株)  高砂裕之 氏

 Ⅲ.遺伝子組換えイネによる有用物質生産のための完全制御型植物工場の構築
    (株)朝日工業社  中島啓之 氏

 Ⅳ.植物工場における薬用植物など機能性植物の栽培・生産の展望
  ~抗加齢および抗糖尿病効果を有する植物の栽培等~

    近畿大学  角谷晃司 氏

 Ⅴ.高輝度LEDと亜臨界水抽出法による薬用植物生産プロセスの構築
  ~植物工場による薬用植物育成の可能性~

    静岡大学  原 正和 氏

お申込み、まだまだお受け付け致しております
どうぞお気軽にお問い合せ下さい。

詳しくはこちらから

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2011年4月8日(金)開催
『植物工場による薬用植物・医療用原材料な高付加価値物質生産の最新動向』セミナー

http://www.tic-co.com/seminar/20110402.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

担当:浮田

« 6月8日(水)開催「粉砕の基礎・機種選定・効率向上と粉砕操作の工学的活用」セミナーのご紹介 | トップページ | 4月22日(金)大阪開催『リチウムイオンバッテリーマネージメント回路の市場・技術とシステム化など応用技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月8日(水)開催「粉砕の基礎・機種選定・効率向上と粉砕操作の工学的活用」セミナーのご紹介 | トップページ | 4月22日(金)大阪開催『リチウムイオンバッテリーマネージメント回路の市場・技術とシステム化など応用技術』セミナーの再ご紹介! »