2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 5月6月開催分セミナーまとめ | トップページ | 書籍「最新ガスバリア薄膜技術」のご紹介 »

2011年5月 6日 (金)

6月16日(木)開催『レアアース(希土類)の回収・リサイクルの最新動向』セミナーのご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日おすすめセミナー◆

  6月16日(木)開催
  『レアアース(希土類)の回収・リサイクルの最新動向』
   
http://www.tic-co.com/seminar/20110606.html

-------------------------------------------------

本日、5月6日は二十四節気の一つ、立夏です。

正岡子規が

 「鉢植えに 二つ咲きたる 牡丹の花

          くれなゐ深く 夏立ちにけり」

と詠んでいる「子規歌集」の日付は明治33年(1900年)5月6日立夏の日の歌である。

今日は子規も詠んでいる「牡丹」についてのミニ知識をお届けします。

 ○原産地は中国西部とされている。元来は薬用として利用されていたが、盛唐期以降、牡丹の花が
  「花の王」として愛好されるようになったらしい。

 ○樹高は原種で3m、接木で作られる園芸品種で1~1.5m。
  従来は種からの栽培しかできず正に「高嶺の花」であったが、戦後に芍薬を使用した接ぎ木が
  考案され、急速に普及した。

 ○「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」という美人を形容する言葉があります。
  解釈はいろいろとあるようですが、なかなか楽しく連想できる言葉ですね。

 ○よい組み合わせに「獅子に牡丹」「牡丹に唐獅子」がありますが、獅子は「百獣の王」、
  牡丹は「百花の王」と呼ばれ、映画にもよく登場しますね。

 ○曲亭馬琴作「南総里見八犬伝」では牡丹が獅子の力を押さえ込む霊力があるとして、牡丹紋を
  八犬士の象徴としているらしいです。

以上調べてみるとなかなか楽しい「牡丹」のミニ知識でした。

                   出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

******************************************************************************************

本日のおすすめセミナーは、

 6月16日(木)開催
  『レアアース(希土類)の回収・リサイクルの最新動向』
です

レアアース(希土類)の回収・リサイクルに焦点を当て、

Ⅰ.イオン液体を利用したレアアースリサイクル技術
  ~廃棄物抑制と使用エネルギー削減に向けて~

   横浜国立大学大学院 環境情報研究院
   人工環境と情報部門 准教授
   博士(工学)                松宮正彦 氏 

Ⅱ.ニッケル水素二次電池からの希土類回収プロセス
  ~溶融塩電解法の適用~

   東京工業大学 原子炉工学研究所
   エネルギー工学部門 助教
   博士(理学)                松浦治明 氏 

Ⅲ.ジグルコールアミド酸型抽出剤による希土類元素の抽出・分離と
  エマルションフロー法による希土類の回収・リサイクル技術

   独立行政法人 日本原子力研究開発機構
   原子力基礎工学研究部門
   環境・放射線科学ユニット
   環境化学研究グループ グループリーダー
   理学博士                  長縄弘親 氏 

Ⅳ.中国の希土類をめぐる最新状況と希土類リサイクル技術

   (株)三徳 資材部長             園田千稔 氏 

Ⅴ.レアアースのリサイクル技術
  ~DOWAにおける希土類リサイクルの実際~

   DOWAエコシステム(株)
   環境技術研究所 副所長
   博士(工学)                藤田浩示 氏

と第一線でご活躍中の講師陣に解説いただきます。

この機会に是非ご参加ご検討下さい。

さらに詳しいプログラムこちらから。↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

  
  6月16日(木)開催
  『レアアース(希土類)の回収・リサイクルの最新動向』
   
http://www.tic-co.com/seminar/20110606.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 5月6月開催分セミナーまとめ | トップページ | 書籍「最新ガスバリア薄膜技術」のご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 株メール Q10.PBRの計算 ~LYNAS編 [投資一族のブログ]
何度も同じ質問で申し訳ないのですが、以下の例だとPBRは0.14でよいのかな? http://finance.yahoo.com/q?s=LYC.AX LYNAS FPO (ASX: LYC.AX ) Last Trade: 2.39 Book Value Per Share (mrq): 17.00 PERの方は、Key statisticsのこの部分だよね? Forward P/E (fye Jun 30, 2012): 26.56 これライナスのデータだから参考にならんけど、ちょっと次ぐらい... [続きを読む]

« 5月6月開催分セミナーまとめ | トップページ | 書籍「最新ガスバリア薄膜技術」のご紹介 »