最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 8月3日(水)『配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項』 セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2011年8月4日(木)開催「蒸留プロセスの設計と最適操作」セミナーの再ご紹介! »

2011年7月27日 (水)

8月4日(木)「太陽熱発電の最新動向」セミナーの再紹介!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 来週8月4日(木)開催 「太陽熱発電の最新動向」セミナー

 詳細はこちらより! http://www.tic-co.com/seminar/20110802.html

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

上海で開催されている水泳の世界選手権。

24日から始まっている競泳で、昨日、入江選手がやってくれました
男子背泳ぎ100メートルで銅メダル!
日本勢にとって今大会初のメダルです

入江選手は、2009年のローマ大会に続いてのメダル獲得で、29日には背泳ぎ200メートル決勝が控えて
います。
100に続いて200でもメダルの期待がかかっているので、本人にはとてもプレッシャーだと思いますが、
いま絶好調な彼を見ていると、期待しちゃいますよね!

また、今日は日本のキャプテン、松田選手がバタフライ200メートル決勝で泳ぎます。
準決勝を好成績で通過したので、メダルもじゅうぶん圏内!
アメリカの怪物、フェルプス選手という強敵がいますが、キャプテンの意地にかけて打ち負かして欲しい
ですね

たとえメダルはとれなくても、がんばっている姿を見るとそれだけで勇気付けられるし、元気をもらえます!
今日もテレビの前で叫びますよ~日本がんばれー!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月のセミナーもいよいよ来週から開催です。
興味あるけど予定がわからなくて・・・という方も、来週のこととなればそろそろお分かりになってくる頃では
ないでしょうか!
まだまだ受付中ですので、ぜひこの機会にご参加ください!

本日は、8月4日(木)開催の「太陽熱発電の最新動向」セミナーを再紹介いたします!

自然エネルギー利用の動きが広がっている今、太陽エネルギーの高効率利用として太陽熱発電が注目され、
多くのプロジェクトが進行し、企業参入も活発化しています。

本セミナーでは太陽熱発電の特徴やコスト、発電プラントの設計ポイント、補助・支援制度の最新動向まで、
東京工業大学の金子先生に詳しく解説いただきます!

おおまかな目次をご紹介しますので、お目通しください


Ⅰ.太陽熱発電とは
 ~集光型太陽熱発電(CSP)と太陽光発電など他の太陽エネルギー発電システムとの違い~

Ⅱ.太陽熱発電技術の必須知識
 1.太陽熱発電(CSP)の発電方式と特徴及びコスト
  (1)トラフ型
  (2)フレネル型
  (3)タワー型
  (4)ディッシュ型
 2.太陽熱発電(CSP)の要素技術と開発状況
  (1)集光ミラーについて
   ~ミラーの特性、性能~
  (2)蓄熱システムについて
  (3)蓄熱媒体について
   (4)高温蓄熱技術・熱流体の高温化について
  (5)蓄熱システム導入における効率とコスト(蓄熱なしのプラントとの比較)
  (6)熱交換器(水冷式、空冷式)の現状と低コスト・高効率化
 3.太陽熱複合発電技術
  (1)太陽熱複合発電技術(ISCC)の現状
  (2)ガスタービンと応用システム
   ~コンバインドサイクルとの組み合わせ、開発状況~
  (3)プラント例
  (4)太陽熱複合発電システムの効率とコスト(通常のCSPとの比較)
 4.太陽熱発電プラントの計画・設計
  ~ビームダウン式タワー集光系の最適設計~
  (1)システム計画(配置)
  (2)自動追尾式集光装置(ヘリオスタット)の設定と評価
  (3)太陽追尾システムの構築
  (4)異常時の対応ポイント
  (5)トラブル対策

Ⅲ.太陽熱発電の最新動向
 1.太陽熱発電の推進施策・関連法令
  ~欧州、米国、中東、中国、日本、その他~
 2.太陽熱発電プロジェクトの動向
  ~太陽熱発電の計画・建設状況~
 3.太陽熱発電プラントの動向
  ~稼動している主要な太陽熱発電プラント~

Ⅳ.質疑応答


詳細は、下記リンクにて公開中です!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 来週8月4日(木)開催 「太陽熱発電の最新動向」セミナー

 詳細はこちらより! http://www.tic-co.com/seminar/20110802.html

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

背泳ぎを見ていていつも思うのですが、選手たちはどうやってまっすぐ泳いでいるんでしょう・・・。
室内プールなら、天井にラインが引いてあったりするのでわかるのですが、屋外プールだと空しかないです
よね。
昔、スイミングスクールに通っていたのですが、屋外プールの大会でまっすぐだ!と思って泳いでいたら
隣のコースに侵入しかけていたことがたびたびありました(笑)
何かコツがあるのでしょうか・・・。調べてみよう。

本日は東が担当いたしました!

« 8月3日(水)『配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項』 セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2011年8月4日(木)開催「蒸留プロセスの設計と最適操作」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月4日(木)「太陽熱発電の最新動向」セミナーの再紹介!:

« 8月3日(水)『配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項』 セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2011年8月4日(木)開催「蒸留プロセスの設計と最適操作」セミナーの再ご紹介! »