2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年2月2日(木)開催「活性炭の技術開発動向」セミナーのご紹介! | トップページ | 12月14日(水)開催『排水処理における生物処理及び物理・化学処理の基礎』セミナーの再ご紹介! »

2011年12月 7日 (水)

12月13日(火)開催『技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

  12月13日(火)開催
  『技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』
   
http://www.tic-co.com/seminar/20111202.html

------------------------------------------------
12月に入り、今年もあとわずかとなりましたが、

みなさま、ご存知でしょうか?

今年のメインイベントが残っていることを…。

今週末12月10日(土)は、皆既月食があるのです。

今回の皆既月食は日本全国で月食の全過程が見れるそうで、およそ10年ぶりの好条件なのだそうです。

私はあまり月食、特に「皆既月食」についての記憶がないのですが、見たことのある人に聞いたところ、
明るく輝いている月が徐々に欠けていき、月全体が輝きを失った時、真っ黒になるのではなく赤黒く
なるそうです。

普段見れない赤黒い月も神秘的でとても美しいそうですよ。

皆既月食の時間は、だいたい21時45分頃から月が欠け始め、皆既の始まりが23時頃。
皆既の終わりが23時58分頃だそうです。

週間天気予報では土曜日の大阪の天気はくもりのち晴れですので、期待大です。

温暖化とはいえ、この季節、朝晩は冷えますので、観測される方は防寒対策は万全に!

なにか、あたたかい飲み物が必要かなぁ…。

コーヒー、紅茶、、、スープもいいかも。おなかもすくかもしれないから、お夜食
用意しなきゃ。大変、大変。

何事も事前準備が大切ですね。

ちなみに、次の皆既月食は2014年10月8日になるそうですよ。

------------------------------------------------
さて本日は、来週に開催がせまっているセミナーを再ご紹介

   12月13日(火)開催
  『技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』

 
                                             です!
毎回ご好評を頂いている当セミナー!
直前のお申込みでも問題なくお受付けさせて頂きますので、ぜひご検討くださいませ!

★英語でプレゼンテーションを行うことになった時、必ず役立つテクニックの数々を伝授!!
★本セミナーでは、研究発表・製品説明等の場で、英語を使って上手くアピールするための
 ノウハウを、日本で数多く英語プレゼン の実践指導をされていらっしゃる
 アントニ ローレンス先生にわかりやすく解説頂きます。

●プログラム

 Ⅰ.英語によるプレゼンテーションの基本原則
 
  1.技術者・研究者に必要なプレゼンテーションとは
   ~オーラルプレゼン・ポスタープレゼンの特徴~
  2.プレゼンテーションの利点と欠点
  3.成功への6つの鍵
   ~聴衆、目的、構成、流れ、スタイル、デリバリー~
  4.プレゼンテーション演説法
   ~スクリプトの読み、スクリプトの暗記、ポイントによる演説~
  5.英語によるプレゼンテーションの基本的な考え方
   a)世界のプレゼンテーションの共通点
   b)欧米人と日本人のプレゼンの違い
   c)英語によるプレゼンテーションの特徴
    ~声、視線、手の動き、体の動き、スライドデザイン~
  6.プレゼンテーション実践:印象に残る自己紹介
   a)恐怖感とアガリをコントロールするには
   b)ユーモアとジョークはどのように盛り込むか
 
 
 Ⅱ.技術系の英語表現とプレゼンテーションでの使い方
 
  1.技術系プレゼンテーションの構成
   a)Introduction → Outline → Body → Summary → Q&A
   b)現状 → 問題 → 対応 → 評価
   c)一般論 → 具体論
   d)過去 → 現在 → 未来
  2.技術系の英語表現
   a)「イントロ」の言語特徴
   b)「概要」・「サマリー」の言語特徴
   c)「ボディー」・「移り変わり」の言語特徴
   d)方法と過程の説明
   e)単位・数量・数式・記号の読み方・表し方
   f)図、表、グラフなどの説明の仕方
  3.英語でのプレゼンテーションデリバリー
   a)スピード調整
   b)強勢とイントネーションのコツ
   c)発音: 和製英語から脱出
   d)シャドーイングの練習法

  
 Ⅲ.英語プレゼンテーションの実際
 
  1.視覚機器の効果的な使い方
   a)準備!準備!準備!
   b)パソコン、プロジェクター、OHP、ビデオのよくある問題
   c)オーラルプレゼンの作成ポイント
   d) ポスタープレゼンの作成ポイント
  2.Q&A対策
   a)日本人と欧米人の質問の仕方の違い
   b)Q&Aの準備ポイント
   c)質問の内容が理解できない時
   d)自分が答えられない質問がきた時
   e)質問の内容に明らかに敵意が感じられる時
   f)全く質問が出ない時
  3.英語プレゼンテーションの実際例
 
 
 Ⅳ.質疑応答・ディスカッション
 

詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

  
  12月13日(火)開催
  『技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』
   
http://www.tic-co.com/seminar/20111202.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

水曜担当工藤でした。

« 2012年2月2日(木)開催「活性炭の技術開発動向」セミナーのご紹介! | トップページ | 12月14日(水)開催『排水処理における生物処理及び物理・化学処理の基礎』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年2月2日(木)開催「活性炭の技術開発動向」セミナーのご紹介! | トップページ | 12月14日(水)開催『排水処理における生物処理及び物理・化学処理の基礎』セミナーの再ご紹介! »