2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 6月15日(金)開催『水処理用膜ろ過プロセスの基礎と応用』セミナーのご紹介! | トップページ | 6月12日(火)開催『マイクロ波・高周波による加熱・乾燥技術』セミナーのご紹介! »

2012年4月26日 (木)

6月12日(火)開催『プラントコストの見積とコスト管理・コントロール方法』セミナーのご紹介!

----------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

 6月12日(火)開催
  『プラントコストの見積とコスト管理・コントロール方法

         ~コストエンジニアリングの実践~

    http://www.tic-co.com/seminar/20120612.html

----------------------------------------

先週の土曜日、造幣局の桜の通り抜けに行きました

明日は雨という天気予報のためか、すごい人出でした。
“通り抜け”とは、造幣局の表門から入り、構内を通って裏門へ抜ける、
まさに文字通り構内を通り抜けることが、その名の由来だそうです。

今年は、129品種、354本の桜が咲いていました
枝垂れ桜や八重桜、淡い薄黄緑色の“鬱金(うこん)”は、薄紅色の桜の中では
ひときわ目立っていました。

120421_143724

たくさんの人が立ち止まって写真を撮っていたのは、
「今年の花」として紹介されていた“小手毬”です
(小手毬の写真がなくてすみません‥

この“小手毬”という品種は、多数の花が枝の先に密生して咲き、
小さい手毬のように見えるところから、この名が付けられたそうです。

小手毬や紅手毬、養老桜などは、他では見られない珍しい品種と言われています。

大阪の桜は造幣局の通り抜けで締めくくられ、これからは青葉、若葉が目にまぶしい季節を迎えます

----------------------------------------

さて、本日も6月開催セミナーのご紹介

  6月12日(火)開催
  『プラントコストの見積とコスト管理・コントロール方法

          ~コストエンジニアリングの実践~
                                            です。

本セミナーでは、プラントコスト見積手法の種類と適用技術、プロジェクトコストの可視化と
実効あるコスト管理、プロジェクト・コストコントロールについて、第一線でご活躍されて
おられる講師陣に、詳しく解説頂きます

Ⅰ.プラントコスト見積手法の種類と適用技術

 日揮(株) 産業・国内プロジェクト本部
 CP部 部長代行                         秋山真一郎 氏

Ⅱ.プロジェクトコストの可視化と実効あるコスト管理

 東洋エンジニアリング(株) プロジェクト管理部
 日本プロジェクトマネジメント協会 理事
 PMI(米国プロジェクトマネジメント協会)認定PMP
 AACEI(米国コストエンジニアリング推進協会)認定CCE  米澤徹也 氏

Ⅲ.~プロジェクト・コストコントロール~
  遂行プロジェクトのコスト管理の基本と留意点

 千代田化工建設(株)
 海外ガス・LNG事業本部
 パプアニューギニアLNGプロジェクト
 プロジェクト・コントロールマネジャー              金森正輝 氏

詳しくはこちらから↓

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 6月12日(火)開催
  『プラントコストの見積とコスト管理・コントロール方法

         ~コストエンジニアリングの実践~

    http://www.tic-co.com/seminar/20120612.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

木曜担当、笠城でした

« 6月15日(金)開催『水処理用膜ろ過プロセスの基礎と応用』セミナーのご紹介! | トップページ | 6月12日(火)開催『マイクロ波・高周波による加熱・乾燥技術』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月15日(金)開催『水処理用膜ろ過プロセスの基礎と応用』セミナーのご紹介! | トップページ | 6月12日(火)開催『マイクロ波・高周波による加熱・乾燥技術』セミナーのご紹介! »