最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 6月13日(水)開催『吸着技術の基礎・測定・解析と吸着分離操作・装置設計』セミナーのご紹介! | トップページ | 書籍『UV硬化プロセスの最適化 [新装版]』のご紹介! »

2012年4月11日 (水)

6月19日(火)開催『排水処理装置の設計法』セミナーのご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

  6月19日(火)開催

  『排水処理装置の設計法』
   ~貯留槽・凝集反応槽・濾過器等基本プロセスと
   活性汚泥処理、膜分離活性汚泥処理(MBR)、高度処理等における
   設計のポイントと留意点までを平易に解説~
  
   
http://www.tic-co.com/seminar/20120601.html

------------------------------------------------
先日、「サワラの西京焼き」を食べました。

サワラといえば、魚へんに春と書きますよね。

「春だなぁ。旬だなぁ。」と家族に話したところ、「え?サワラって一年中あるやん。っていうか、
どちらかと言えば、冬のほうがおいしくない?」と言われました。

「え?でも、魚へんに春と書くんだから、春が旬でしょ。」といったものの、ちゃんと調べたことが
なかったので、こっそりネットで調べてみました。
インターネットって、便利ですよねぇ。

で。魚へんに春と書くサワラですが、どうも春だけが旬というわけではなさそうです。

春を旬とするのは瀬戸内海など主に関西地方で、サワラの群れが沿岸を通りかかる時期がその地方の
サワラの旬となるとのこと。

関東では冬の寒い時期に水揚げされるサワラが「寒鰆」と呼ばれ、この時期が旬といわれているよう
です。
脂がのっていて、とてもおいしいらしいです。

春は脂が少なめであっさり上品な味わい。冬は濃厚な脂がのったコクのある味わい。

家族の言うとおり、サワラは一年を通して味わえる魚でした。

私は春のあっさり味しか味わったことがないので、ぜひ冬のコクのあるサワラも食べてみたいと
思います。

冬の楽しみがひとつ増えたぞ~。やったね。あ。でも冬までこのこと覚えてるかなぁ。

DHAが豊富な魚を食べて、記憶力を養わねば!

----------------------------------------------
さて本日も6月開催セミナーのご紹介

  6月19日(火)開催

  『排水処理装置の設計法』
   ~貯留槽・凝集反応槽・濾過器等基本プロセスと
   活性汚泥処理、膜分離活性汚泥処理(MBR)、高度処理等における
   設計のポイントと留意点までを平易に解説~

                                                です!

★本セミナーでは、排水処理装置設計の基礎事項と、総合的な知識について、経験豊富な水野講師に事例をまじえ、
 わかりやすく解説頂きます。

●講 師

 昭和環境システム(株) フェロー
 技術士(上下水道部門)
 環境カウンセラー(事業者部門)  水野久松 氏

●習得知識

 排水処理設備、および有価物回収設備などの基礎・原理
 同上設備関係の設計上の留意事項
 設計法の実例紹介

●プログラム

Ⅰ.排水処理装置の構成と設計の考え方

 1.排水処理装置の構成と各プロセスの特徴
 2.対象となる排水の質・量と処理水質目標に応じた装置設計の考え方
 3.排水処理で使用される装置・機械の設計基準とその考え方

Ⅱ.排水処理装置における基本プロセスの設計法
 ~設計条件、設計計算のポイントとその留意点~

 1.貯留槽の設計法
  (1)必要容量の計算法
  (2)移送ポンプ(吐出流量)の決め方
  (3)設計の留意点
 2.凝集反応槽の設計法
  (1)攪拌機設置のポイント
  (2)凝集槽(緩速攪拌槽)設計のポイント
 3.沈澱槽の設計法
  (1)沈澱槽と水面積負荷の求め方
  (2)沈降速度の求め方
  (3)沈澱槽設計の留意点
 4.加圧浮上槽の設計法
  (1)加圧浮上装置利用の考え方
  (2)浮上分離槽設計のポイント
   ~浮上速度、圧力、加圧水量、気固比(A/S)の求め方~
 5.濾過器の設計法
  (1)濾材選択の考え方
  (2)重力濾過器設計のポイント
  (3)圧力式濾過器設計のポイント
  (4)上向流式濾過器設計のポイント

Ⅲ.排水処理装置設計の実際

 1.活性汚泥処理装置
  (1)曝気槽の設定条件
  (2)曝気槽の負荷量の求め方
  (3)曝気槽の必要酸素量の求め方
  (4)沈澱槽の設計
  (5)余剰汚泥量の求め方
 2.膜分離活性汚泥処理装置の設計法
  (1)膜の構造と設置方法
  (2)膜のメリットを活かした設計のポイント
  (3)膜による有価物回収プロセスの設計法
 3.生物膜処理装置の設計法
  (1)充填材の種類と設計のポイント
  (2)充填材の特長を活かした設計のポイント
 4.嫌気性処理装置の設計法
  ~嫌気反応槽の設置、設計の留意点~
 5.高度処理装置の設計法
  (1)窒素除去法と設計計算のポイント
  (2)脱リンプロセスと設計計算のポイント
  (3)活性炭処理法の設計ポイント
 6.有害物質除去装置の設計法
  ~重金属類、微量化学物質~
 7.脱水機の選定

Ⅳ.排水処理装置の設計事例

 1.工場排水処理装置(有機性排水)
 2.工場排水処理装置(無機性排水)
 3.下水処理装置

Ⅴ.質疑応答

詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

  
  6月19日(火)開催

  『排水処理装置の設計法』
   ~貯留槽・凝集反応槽・濾過器等基本プロセスと
   活性汚泥処理、膜分離活性汚泥処理(MBR)、高度処理等における
   設計のポイントと留意点までを平易に解説~
  
   
http://www.tic-co.com/seminar/20120601.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

水曜担当工藤でした。

« 6月13日(水)開催『吸着技術の基礎・測定・解析と吸着分離操作・装置設計』セミナーのご紹介! | トップページ | 書籍『UV硬化プロセスの最適化 [新装版]』のご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月19日(火)開催『排水処理装置の設計法』セミナーのご紹介!:

« 6月13日(水)開催『吸着技術の基礎・測定・解析と吸着分離操作・装置設計』セミナーのご紹介! | トップページ | 書籍『UV硬化プロセスの最適化 [新装版]』のご紹介! »