2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 8月29日(水)『太陽光発電と蓄電・電力貯蔵システムの最新動向及び適用技術』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 8月30日(木)開催『火力発電に関する現況及び開発動向と要素技術』セミナーの再ご紹介! »

2012年8月16日 (木)

8月29日(水)開催『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

     8月29日(水)開催
    『ステンレス鋼の溶接技術の実際』
     ~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選定から、
     溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策まで~
     
http://www.tic-co.com/seminar/20120818.html

------------------------------------------------
実は昨日まで、わたくし、夏休みを頂いておりました。

ほとんど家でゆっくりしていたのですが、1日だけ行楽でお出かけをしました。

いつも通勤でお世話になっている京阪電車なんですが、「旧3000系特急車」が来年春に営業運転を
終了することから、「旧3000系特急車 最後の夏 ~京阪線1日乗車券~」を販売していて、さらに
「旧3000系特急車 往年の停車駅めぐり シールラリー」というイベントが開催されているのです。

そう。このイベントに参加したのですよ~。

おおまかに説明しますと、まず上記の1日乗車券を購入し、「専用ラリーシート」を頂き、指定された
「シール引換駅(往年の停車駅、計5駅)」でシールをもらい、全てシールを集めたら達成賞として
「旧3000系特急車プレミアムカード」をプレゼントされるというもの。

淀屋橋に始まり出町柳まで、京阪本線の端から端まで電車でめぐるかたちになるのですが、これが意外と
楽しいんです。

電車の中は涼しいし、シールが集まってくると達成感もあり、またシール引換の証として台紙に押してくれる
スタンプが特急車のヘッドマークの形でイベント気分を盛り上げてくれるんです。

想像していたより早く全駅コンプリートし、時間が早かったこともあり、京阪電車でもうひとつイベントが
あったのでそれにも参加することに…。

その名も「大津線100周年スタンプラリー」。

そうです。今度は京阪電車大津線のほぼ端から端までをめぐるスタンプラリー。

やはり台紙をもらい、指定の駅(5駅)でスタンプを押し、コンプリートしたら大津線「四宮駅」もしくは
「近江神宮前駅」に台紙を持っていくと、今年9月運行開始予定の「特急色600形車両」のペーパークラフト
を頂けるというもの。

京阪本線と違い大津線は路面電車で、駅もかなりレトロな感じのところが多く、とても「旅」気分を味わえ
ました。

こちらも無事コンプリートし、最後は「近江神宮前駅」でペーパークラフトをもらいました。

ついでに、「近江神宮(最近ではかるたの聖地で有名ですね)」でお参りをして清々しい気分で帰途につきました。

まる1日かけて京阪電車を満喫した、電車漬けの行楽。

あまりに楽しかったので、もしかしたら私、「乗り鉄」かもしれません。ウフフ

新たな趣味を開花させたかもしれない、夏のお休みでした。
-----------------------------------------------
さて本日も8月開催セミナーの再ご紹介

    8月29日(水)開催
    『ステンレス鋼の溶接技術の実際』
     ~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選定から、
     溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策まで~

                                                 です!

★本セミナーでは、ステンレス鋼の溶接に焦点をあて、ステンレス鋼の種類・特性を始め、各種溶接方法
 及び溶接材料の選択・規格ならびに共金溶接・肉盛溶接・異材溶接等の溶接技術と各分野でのポイント、
 溶接部の欠陥発生原因と補修・防止方法について、斯界の第一線でご活躍中の岡崎博士に詳説頂きます。

●プログラム
 
Ⅰ.ステンレス鋼の種類と特性

 1.ステンレス鋼の種類
 2.ステンレス鋼の機械的性質
 3.ステンレス鋼の耐食性

Ⅱ.ステンレス鋼の溶接方法の特徴と選択のポイント

 1.各種溶接方法の種類と適用性(選択)
  (1)アーク溶接
  ~被覆アーク溶接(SMAW)、TIG溶接(GTAW)、
   GMA溶接(MIG・MAG溶接:GMAW)、フラックスコアードアーク溶接(FCAW)、
   サブマージアーク溶接(SAW)~
  (2)電子ビーム溶接
  (3)レーザー溶接
  (4)電気抵抗溶接
 2.溶接材料の種類と選び方
  (1)溶接材料の種類
  ~被覆アーク溶接棒、フラックス入りワイヤ、TIG溶接材料、MIG溶接ワイヤ、
   サブマージアーク溶接材料、バンド溶接、A-TIG溶接~
 3.ステンレス鋼溶接材料の規格(含Ni合金溶接材料)
  (1)溶接材料規格の体系(JIS、AWS、ISO)
  (2)JISのISO規格整合化のための改正のポイント
  (3)Ni合金溶接材料の規格

Ⅲ.ステンレス鋼の溶接技術と注意すべきポイント

 1.ステンレス鋼溶接金属の性能
  (1)化学成分と組織とその冶金的性質
  (2)各種組織図の見方と特徴
  (3)フェライト量の測定方法とその注意点
 2.各種ステンレス鋼の溶接(共金溶接)のポイント
  (1)マルテンサイト系およびフェライト系ステンレス鋼
  (2)オーステナイト系ステンレス鋼
  (3)二相系ステンレス鋼
  (4)スーパーオーステナイト系ステンレス鋼
 3.炭素鋼への肉盛溶接と異材溶接のポイント
  (1)肉盛溶接とクラッド鋼の溶接
  (2)炭素鋼とのステンレス鋼の異材溶接
  (3)異種ステンレス鋼の溶接
  (4)Ni合金溶接材料による異材溶接
 4. 各種産業分野での溶接方法、溶接材料の選び方・使い方のポイント
  (1)石油化学プラント
  ~化学装置、脱硫リアクター、熱交換器~
  (2)エネルギー関連プラント
  ~原子力発電、火力発電、水力発電、LNGプラント~
  (3)輸送機器
  ~自動車、鉄道車両、船舶~
  (4)建築、土木
  ~屋根、水門、橋脚~
  (5)食品、水関連
  ~各種タンク、ポンプ~
  (6)モニュメント

Ⅳ.ステンレス鋼における溶接部の欠陥発生原因と補修・防止方法

 1.溶接部の欠陥の種類、原因と防止方法
  (1)溶接欠陥
  ~ブローホール、スラグ巻き込み、裏波溶接とバックシールド~
  (2)溶接割れ
  ~低温割れ、高温割れ、再熱割れ、亜鉛脆化、その他の溶接割れ~
  (3)高温損傷
  ~σ脆化、鋭敏化、475℃脆化、浸炭~
  (4)溶接変形の発生原因と対策
 2.ステンレス鋼溶接部における腐食
  (1)全面腐食
  (2)粒界腐食
  (3)応力腐食割れ(SCC)
  (4)微生物腐食
 3.欠陥の適切な補修方法とその留意点
  (1)欠陥の除去
  (2)補修における注意点
  (3)熱管理
  (4)検査

Ⅴ.質疑応答
 
 
詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
      8月29日(水)開催
    『ステンレス鋼の溶接技術の実際』
     ~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選定から、
     溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策まで~
     
http://www.tic-co.com/seminar/20120818.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

本日担当工藤でした。

« 8月29日(水)『太陽光発電と蓄電・電力貯蔵システムの最新動向及び適用技術』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 8月30日(木)開催『火力発電に関する現況及び開発動向と要素技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 8月29日(水)『太陽光発電と蓄電・電力貯蔵システムの最新動向及び適用技術』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 8月30日(木)開催『火力発電に関する現況及び開発動向と要素技術』セミナーの再ご紹介! »