最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 12月18日(火)開催『現場で役立つ電気の基礎知識』の再ご紹介! | トップページ | 12月21日(金)開催『シェールガス開発を巡る最新状況とビジネス及び技術開発の展望』セミナーの再ご紹介! »

2012年12月12日 (水)

12月19日(水)開催『蒸気タービン高温部品の損傷とその対策』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

   12月19日(水)開催
    『蒸気タービン高温部品の損傷とその対策』
     
http://www.tic-co.com/seminar/20121213.html

------------------------------------------------
先週末、あまりにも寒くてずっとお家にいましたら、ふと「そうだ!ベーグル作ろう!」と
思い立ちました。

今まで一度も「ベーグル」というものを作ったことがありませんでしたが、一度思い立ったら
もう止められません!

早速ネットでレシピを検索。

ふむふむ。

「強力粉やドライイースト、その他もろもろを混ぜて、こねて、成形して、発酵させて、茹でて、
焼く。」

ほほう。なんか簡単そう。

で、実践あるのみ。

混ぜて~♪こねて~♪

ん?ちょっと水少ないかな?でも「水はちょっと少ないかな?ぐらいで良い」
とレシピに書いてるから、こんなもんでいいのかなぁ~♪

か、固いような気がするけど、さらにこねて~♪…。

という感じで、「?」なところは多かったのですが、なんとか焼いてできあがりました!

見た目は、艶があって、香りも香ばしくてなんかとってもおいしそう!

これはうまくいったのではなかろうか!と期待を込めてパクッ。

…。

か、かたい…。

いや、食べられないほどでは決してないのですが、固い…。

食べてるうちに顎が疲れてしまうぐらい固い…。

水、少なかったみたいです。ははは。

今回は作るのに夢中で写真撮るの忘れてしまったのですが、今度作るときは、水は少し多めに
して、写真も撮って「見ても、食べてもおいしいベーグル」を作りたいと思います。

-----------------------------------------------
さて本日も、12月開催セミナーの再ご紹介

   12月19日(水)開催
    『蒸気タービン高温部品の損傷とその対策』

                                                                                         です!

★増加する設計寿命を超えての蒸気タービンの運転。
 高いコストパフォーマンスで経年機を使いこなすノウハウとは?!

★本セミナーでは、タービン高温材料の特性・劣化のメカニズム、実機に適用されている余寿命診断
 技術と、損傷の事例及び修理方法を含む対策、また海外ユーザーの高温部品のメンテナンスへの取
 り組み事例などについて、視界の第一線でご活躍中の児玉講師に詳説頂きます。  

●講 師

 (株)東芝
 火力・水力事業部 火力改良保全技術部
 海外メンテナンスプラント技術担当 参事     児玉寛嗣 氏

  <講師紹介>
 蒸気タービンの構造解析、開発設計に従事後、既設タービンの改造、修理、
 トラブルシューティングに関する設計、エンジニアリング業務に主に従事、また、
 蒸気タービン余寿命診断手法開発にも従事。
 最近12年ほどは、海外ユーザーを対象に既設ユニット蒸気タービンのリハビリ
 テーション・トラブルシューティング等の業務に従事。

●プログラム
 
1.タービンに使用される高温材料

 (1)タービン材料の分類
 (2)化学組成と強度の関係
 (3)熱処理の役割
 (4)タービン材料に要求される特性
 (5)タービン材料の製造方法

2.金属材料の高温・高応力下の挙動

 (1)高温下
 (2)高温・定常応力
 (3)高温・繰り返し応力

3.高温部材の余寿命診断技術

 (1)余寿命診断の意義・目的
 (2)余寿命診断技術
 (3)クリープ損傷と疲労損傷
 (4)損傷観察結果事例

4.高温部品の損傷・事例と対策

 (1)全般
 (2)ロータ
 (3)ケーシング・主要弁
 (4)ボイラースケール侵食他

5.海外ユーザーの高温部品メンテナンスへの取り組み事例

 (1)保守コンセプト
 (2)予備品保有
 (3)運転&保守サービス
 (4)延命策を兼ねたタービン出力増加

6.質疑応答

詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
   12月19日(水)開催
    『蒸気タービン高温部品の損傷とその対策』
     
http://www.tic-co.com/seminar/20121213.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

水曜担当工藤でした。

« 12月18日(火)開催『現場で役立つ電気の基礎知識』の再ご紹介! | トップページ | 12月21日(金)開催『シェールガス開発を巡る最新状況とビジネス及び技術開発の展望』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12月18日(火)開催『現場で役立つ電気の基礎知識』の再ご紹介! | トップページ | 12月21日(金)開催『シェールガス開発を巡る最新状況とビジネス及び技術開発の展望』セミナーの再ご紹介! »