最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2月8日(金)開催『エンジニアのための計装設計技術の実際』セミナーのご紹介! | トップページ | 2月22日(金)開催『排水(廃液)中レアメタル及び重金属類の処理・回収・リサイクル技術』セミナーの再ご紹介! »

2013年1月25日 (金)

2月6日(水)開催『活性炭の最適設計と利用技術』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

  2月6日(水)開催

   『活性炭の最適設計と利用技術』

   http://www.tic-co.com/seminar/20130210.html

-------------------------------------------------

冬は寒さに心も体も縮こまって沈みがちになります。

でも、晴れた日は冬でも日差しが眩しく、抜けるような空の青さから気持ちにも張りが出ます。

今回はそんな、冬晴れ、冬日和を詠んだ句を選んでみました。
        
         

      照り曇り心のままの冬日和
   
     高浜虚子(たかはま きょし)
              (1874-1959) 
 
    
     冬晴れし夢のうすいろ遠嶺空 
  
     飯田蛇笏(いいだ だこつ)
              (1885-1962)
 
    
    冬晴をすひたきかなや精一杯
 
   川端茅舎(かわばた ぼうしゃ)
              (1897-1941)   
 
  
   冬晴れや朝かと思ふ昼寝ざめ
  
     日野草城(ひの そうじょう)
            (1901-1956)
   
    
    冬空をいま青く塗る画家羨し
   
              羨し=ともし
 
  中村草田男(なかむら くさたお)
            (1901-1983)
 
   
    冬晴の雀ぴかぴかとびにけり
 
     星野立子(ほしの たつこ)
            (1903-1984)
 
 
   冬晴れの水音鋭がり来る日暮
 
            鋭がり=とがり
 
      岸田稚魚(きしだ ちぎょ)
            (1918-1988)

5番目の

「冬空をいま青く塗る画家羨し」

に惹かれます。

この句から浮んだ情景は、

男が冬の空を見上げながら、もやもやとした心の整理ができない状態で歩いている。

冬空の下、ひとりの老人が絵を描いている。

通り過ぎさまにそのカンバスを見ると、空にきっぱりとした青が塗られているではないか。

どこかにもやもやとしたものを吹切れないでいた男は、この画家の冬空を青く塗る心境を「羨し」と感じた。

男はきっぱりと覚悟を決めた。

私も詠んでみました。

ジーパンを干すは今日だよ冬晴れ間
 
                 白井芳雄
 
 
    冬日和腹を見せ猫ごろごろん
 
                白井芳雄

 
***********************************************************************************************************
 
さて、本日も2月開催セミナーの再ご紹介

  2月6日(水)開催

   『活性炭の最適設計と利用技術』

                          です!
 

★本セミナーでは、活性炭の種類・特徴から、性質を引き出す細孔構造(細孔分布)及び最適設計と活性炭の各用途
 (気相用・液相用・エネルギー貯蔵用など)への利用のポイント、又、効率的な再生とコスト低減策に至るまで、
 斯界の最前線でご活躍中の大塚講師に詳しく解説頂きます。

 
●講 師

 クラレケミカル(株) 取締役
 鶴海研究開発センター 所長
 兼)(株)クラレ くらしき研究センター
 電池材料研究所長             大塚清人 氏

 
●プログラム
 
1.活性炭の種類と特徴

 (1)活性炭の市場
 (2)活性炭の原料と製法
 (3)活性炭の種類
  (粉末状、粒状、繊維状 等)

2.活性炭の性質と最適設計及び開発動向

 (1)活性炭の細孔分布と特性
 (2)活性炭の細孔と用途との関係
  ・活性炭における吸着現象について
  ・分子の大きさと吸着される細孔のサイズ
  ・吸着される分子の大きさと、最適な細孔のサイズ
  ・細孔分布の最適設計
  ・活性炭を用いた吸着操作の解析と設計
 (3)活性炭の最近の研究開発動向

3.活性炭の各用途における詳細説明
 ~活性炭に要求される特性と利用のポイント~

 (1)気相用活性炭
   悪臭物質と、その吸着に最適な活性炭。および、有機溶剤の除去、排ガス処理などについて
 (2)液相用活性炭
   液相での除去対象物質と、その吸着に最適な活性炭について
 (3)エネルギー貯蔵用活性炭
   活性炭を用いたエネルギー貯蔵技術。および、エネルギー貯蔵用に最適な活性炭について
 (4)その他の活性炭
   分子篩炭素等について

4.活性炭の効率的な再生とコスト低減策

 (1)活性炭の再生方法
 (2)再生した活性炭の評価
 (3)効率的に再生するには

5.質疑応答(適宜)

詳細はこちらから。↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

  2月6日(水)開催

   『活性炭の最適設計と利用技術』

   http://www.tic-co.com/seminar/20130210.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2月8日(金)開催『エンジニアのための計装設計技術の実際』セミナーのご紹介! | トップページ | 2月22日(金)開催『排水(廃液)中レアメタル及び重金属類の処理・回収・リサイクル技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2月8日(金)開催『エンジニアのための計装設計技術の実際』セミナーのご紹介! | トップページ | 2月22日(金)開催『排水(廃液)中レアメタル及び重金属類の処理・回収・リサイクル技術』セミナーの再ご紹介! »