2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年2月15日(金)開催『プラント建設における機器・資材調達の最新動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2月20日(水)開催『膜利用型水処理装置の設計法』セミナーの再ご紹介! »

2013年2月13日 (水)

2月19日(火)開催『バイオマス発電における事業採算性と事業の“落とし穴”対策』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

 2月19日(火)開催

     -FIT(固定価格買取制度)施行とビジネスチャンス-
  『バイオマス発電における事業採算性と事業の“落とし穴”対策』
       ~失敗しない確実な事業計画の立て方など~

   http://www.tic-co.com/seminar/20130207.html

------------------------------------------------
毎度おなじみ自動車教習での出来事です。

今回実習を担当して頂いた先生のおひとりに、なんとも魔法のようなアドバイスを頂いて、
その後の実習では今までとはうって変わってスムーズに運転できるようになったのです。

そのアドバイスとは…。

「角を曲がるときは、曲がる前にその角を見る!それだけしたらきちんと曲がれるよ。角の位置を
確認すればいいだけなんだよ。確認さえしたら自然と曲がれるから。」

私「え!それだけでいいんですか?」(うっそぉ~ん。それだけで曲がれるかいなぁ~)←心の声。

先生「そう。それだけでいいねん。ほら。曲がり角やで、見てみ~。ほんで曲がってみ~。」

私「は、はい!」(ここの角、鋭角やから曲がりづらいねんなぁ…。角見て~曲がって~)

私「あ!ま、曲がれた」(すごい!すごいです!先生!

先生「な?曲がれたやろ?S字もクランクも一緒やで~。目で曲がるとこ確認さえしたら曲がれる
技術はもう身についてるんやぁ。もっと自信持ってええんやで。」

私「は、はい!ありがとうございます!

と、こんな感じでホントにS字もクランクもスムーズに運転できるようになったのです。

先生ありがとう!

そして、とうとう先週末で第一段階の実習全12時間クリアしました~!

なので、来週末、学科をあともう1時間受けたあと「学科テスト」。

これに合格したら、技能の「修了検定」を受けて、これも合格したら、「仮免許取得」ですよ~!

ドキドキの今週末ですが、落ち着いて、自信を持って合格してみせますよ~!ファイト!
-----------------------------------------------
さて本日も、2月開催セミナーを再ご紹介

 2月19日(火)開催

     -FIT(固定価格買取制度)施行とビジネスチャンス-
  『バイオマス発電における事業採算性と事業の“落とし穴”対策』
       ~失敗しない確実な事業計画の立て方など~

です!

★固定価格買取制度などに応じ、どの程度の規模であれば採算がとれるのか?
 ビジネスとして成立させるには?

★本セミナーでは、バイオマス発電を巡る固定価格買取制度(FIT)などの施策動向から、発電システムの 事業スキーム、事例からみた成功・失敗分析と事業を行なっていく上での留意すべき視点、事業計画の
 立て方、採算性評価などについて、 経験豊富な湯木講師に独自な視点で詳説頂きます。 !

●講 師

 三菱UFJキャピタル(株)
 戦略開発部 副部長        湯木将生 氏
 

 
●プログラム
  
  
Ⅰ.バイオマス発電を取り巻く現状

 1.バイオマス発電に関する補助・支援制度などの動向
  (1)固定価格買取制度(FIT)
   ~バイオマス・石炭混焼発電の買取制度などを含め~
  (2)制度の見直しなど今後の見通し(規制緩和等)
 2.バイオマスの特徴と技術
  (1)バイオマス種類ごとの特徴
  (2)技術の種類と現状レベル
  (3)各発電システムの事業スキーム
   a)木質系バイオマス
   b)畜産・ふん尿系バイオマス
   c)汚泥系バイオマス
   d)生ごみ・食品系バイオマス
   e)その他(ヤシ殻など)

Ⅱ.バイオマス発電の主要事例動向

 1.各種バイオマス発電に関わる事例
  ・大規模事例
  ・電力会社等の利用事例
  ・下水汚泥等の固形燃料化事例
 2.事例からみた成功・失敗分析

Ⅲ.バイオマス発電導入計画の立て方
 ~事業計画の立て方と落とし穴~

 1.バイオマス発電事業実現に向けたトータルシステムの構築
  (1)導入計画フロー
  (2)計画に占めるトータルシステムの重要性
  (3)トータルシステムに占める副産物等の取り扱い
 2.バイオマス発電の導入計画のポイント
  (1)参入検討のポイント
  (2)主要ポイントの解説
 3.バイオマス発電システムの検討のポイント
  (1)設置条件
  (2)インフラ整備のポイント
  (3)エネルギー変換プロセス

Ⅳ.バイオマス発電システム導入における事業採算性評価

 1.事業採算性評価に際しての事前検討のポイント
  (1)事業採算性評価の全体像
   ~コスト試算項目~
  (2)バイオマス収集・輸送範囲とコスト試算の例示とポイント
   ・バイオマスの存在場所と輸送距離の試算
   ・バイオマス輸送におけるルート選定のポイント
   ・未利用木材破砕チップ(-50mm)の通常の価格、価格低減のポイント
   ・畜糞(鶏、牛、豚)の効率的な収集・運搬のポイント
  (3)バイオマス発電施設の立地評価のポイント
   ・全量買取り制度の価格をふまえた事業収支試算のポイント
   ・プラント・設備費上限額の試算のポイント
 2.事業採算性評価例
  (1)木質系バイオマス利用における事業採算性評価
   ①直接燃焼発電
   ②ガス化発電
   ③その他
  (2)畜産系・食品系・汚泥系バイオマス利用における事業採算性評価
   ①直接燃焼発電
   ②メタン発酵発電
   ③固形燃料化・炭化物利用
  (3)その他

Ⅴ.バイオマス発電システムの事業のチャンス

Ⅵ.バイオマス発電の課題と今後の展望

Ⅶ.質疑応答

詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
 2月19日(火)開催

     -FIT(固定価格買取制度)施行とビジネスチャンス-
  『バイオマス発電における事業採算性と事業の“落とし穴”対策』
       ~失敗しない確実な事業計画の立て方など~

   http://www.tic-co.com/seminar/20130207.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

水曜担当工藤でした。

« 2013年2月15日(金)開催『プラント建設における機器・資材調達の最新動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2月20日(水)開催『膜利用型水処理装置の設計法』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年2月15日(金)開催『プラント建設における機器・資材調達の最新動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2月20日(水)開催『膜利用型水処理装置の設計法』セミナーの再ご紹介! »