最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年4月17日(水)開催『粉砕の基礎・メディアミル(ボールミル・ビーズミルなど)の操作と粒径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法』セミナーのご紹介! | トップページ | 4月24日(水)開催『焼結(焼成)技術の基礎と新しい展開』セミナーのご紹介! »

2013年2月20日 (水)

4月18日(木)開催『微小ビーズ対応ミルによる微粉砕・分散技術と条件最適化及び適用例』セミナーのご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

 4月18日(木)開催

     ~ナノ・サブミクロン分散を実現する~
  『微小ビーズ対応ミルによる微粉砕・分散技術と条件最適化及び適用例』

       http://www.tic-co.com/seminar/20130404.html

------------------------------------------------
この日曜日。

ついに仮免許取得の「修了検定」を受けました。

4~6名のグループに分かれて、その中で順番に検定を受けます。

私の順番は…。

あろうことか1番目…。ま、マジですか。

しかも、グループごとに走行するコースが違うのですが、私がヤマを踏んでたコースは見事にはずれ、
まったくノーマークのコースを走ることに。…。ま、マジですか。

コースは覚えなくても検定員の先生がその都度指示を出してくれるから、いいんですけどね…。

でも、せめて2番目ぐらいが良かったな。心の準備ができるもの。

しかし!そんなことを言ってもはじまらない!覚悟を決めて検定に臨みました!

結果は…。

ウフフ。「合格」で~す!イエイ!

「仮免許取得」でございます!

ということで、次の実習からはとうとう路上ですよ~!正直ちょっとビビってます。

今週末は実習の予約が取れなかったので、学科のみ。

路上デビューは来週末になる予定です。

この小心者の私。ドタバタになる可能性、「特大」です!またご報告しますね~。

-----------------------------------------------
さて本日も、4月開催セミナーをご紹介

 4月18日(木)開催

     ~ナノ・サブミクロン分散を実現する~
  『微小ビーズ対応ミルによる微粉砕・分散技術と条件最適化及び適用例』

です!

昨日のブログでご紹介の、

2013年4月17日(水)開催
~所望する粉体特性(粒子径、粒子径分布、粒子形状など)を得るための~
『粉砕の基礎・メディアミル(ボールミル・ビーズミルなど)の操作と
 粒径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法』セミナー
   http://www.tic-co.com/seminar/20130403.html
 

との両日受講もお受付け致しておりますので、ぜひご検討下さいませ!!

★本セミナーでは、目的とするサブミクロン・ナノ粒子の製造・利用のために、微小ビーズ対応ミル・
 ナノ粒子分散機などの特徴・開発動向から、粉砕・分散の理論と具体的な操作条件及びポイント、又、
 最新の粒子微粉砕例、ナノ粒子分散実施例などについて、斯界の第一線でご活躍中であり経験豊富な
 院去博士に詳説頂きます。

●講 師

 寿工業(株) 化工機事業部 技師長 博士(工学)   院去 貢 氏   

 
●プログラム
  
  
Ⅰ.媒体撹拌ミルの開発と最近の動向

 1.歴史
 2.分類と特徴
 3.種類とおもなメーカー一覧
 4.媒体撹拌ミル以外の分散機
 5.当社微粉砕機とナノ粒子分散機について
  ・導入技術
  ・微小ビーズ対応ミルの開発
  ・ナノ粒子分散機の開発
  ・マーケット
  ・粉砕・分散技術にたいする評価
  ・受賞内容
 6.最近の他社微粉砕機、ナノ粒子分散機

Ⅱ.微小ビーズ対応ミルの粉砕・分散原理
 ~ナノ粒子分散の必要性、分散原理~

 1.サブミクロン、ナノレベルの微粒化の必要性
  ~ナノ粒子分散の必要性~
 2.ナノ粒子の製造方法
 3.微粉砕・分散原理
 ~微小ビーズ対応ミルによる凝集ナノ粒子の分散原理~

Ⅲ.微小ビーズ対応ミルにおける機械的な条件とポイント

 1.ビーズの分離方式
  ・従来機との分離方式比較
  ・分離性能
 2.ビーズ径、材質の選定方法
 3.機械的な条件設定
  ・分散機構成材質
  ・軸封(メカニカルシール)
 4.熱収支 分散エネルギー
 5.運転方式
  ・パス、循環
 6.粉砕性と微粒子形状におよぼす媒液の影響
 7.衝突速度と砕成物粒子の形状との関係
 8.添加剤による分散系の安定性
 9.スケールアップのポイント
  ・スケールアップの注意点
  ・スケールアップ方法
  ・スケールアップ例
 10.コンタミネーションの発生要因とその対策
  ・コンタミ発生のメカニズム
  ・原料スラリーの影響と対策
  ・ビーズ径の影響と対策
  ・管理方法
 11.媒体摩耗対策
  ・装置材料から見た摩耗対策
  ・媒体特性から見た摩耗対策
  ・装置設計と操作設計からみた摩耗対策

Ⅳ.微粉砕・分散実施例
 ~実際のナノ粒子の分散について~

 1.サブミクロンまでの微粉砕・分散
 2.ナノレベルまでの分散
  ・酸化チタンにおける分散条件による分散性能への影響
   ~ビーズ径、ローター周速の影響:到達粒子径、分散速度~
 3.その他の分散例
  ・水系、溶媒系分散:酸化亜鉛、アルミナ、シリカ、有機顔料、
   フタロシアニンブルー、チタン酸バリュウム
  ・モノマー系分散:ナノスラリー(酸化チタン)、コンポジット化

Ⅴ.微小ビーズ対応ミル・ナノ分散機の将来

 1.市場の広がり
 2.機械的な性能アップ

Ⅵ.質疑応答

詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
 4月18日(木)開催

     ~ナノ・サブミクロン分散を実現する~
  『微小ビーズ対応ミルによる微粉砕・分散技術と条件最適化及び適用例』

       http://www.tic-co.com/seminar/20130404.html

4月17日(水)開催
 『粉砕の基礎・メディアミル(ボールミル・ビーズミルなど)の操作
 と粒径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法』
  http://www.tic-co.com/seminar/20130403.html
 
 との両日受講ですと、受講料がとてもお得になっております!
 ぜひセットでお申込み下さいませ!!
 
 4月17日もしくは4月18日のみ1日受講の場合→42,000円
 4月17日・18日の両日受講の場合       →57,750円(お得!)       


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

水曜担当工藤でした。

« 2013年4月17日(水)開催『粉砕の基礎・メディアミル(ボールミル・ビーズミルなど)の操作と粒径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法』セミナーのご紹介! | トップページ | 4月24日(水)開催『焼結(焼成)技術の基礎と新しい展開』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年4月17日(水)開催『粉砕の基礎・メディアミル(ボールミル・ビーズミルなど)の操作と粒径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法』セミナーのご紹介! | トップページ | 4月24日(水)開催『焼結(焼成)技術の基礎と新しい展開』セミナーのご紹介! »