最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 4月19日(金)開催『電力システム改革・エネルギー政策の行方及び取引市場と電力小売りならびに発電事業開発などビジネス展開』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 4月23日(火)開催『CO2分離・回収技術と応用・研究開発動向』セミナーの再ご紹介! »

2013年4月12日 (金)

4月23日(火)開催『小水力発電(マイクロ水力発電など)の事業化・経済性・取組みと技術開発動向』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

 4月23日(火)開催

 『小水力発電(マイクロ水力発電など)の事業化・経済性・取組みと技術開発動向』
 
  http://www.tic-co.com/seminar/20130415.html      

-------------------------------------------------

この前の土曜・日曜の強い風雨で桜も散ってしまったところがほとんどでしょうね。

しかし、近畿のお花見の大トリで、4月16日(火)から22日(月)までの一週間、造幣局の桜の通り抜けが残って
います。

日没後にはぼんぼりなどでライトアップされるそうです

当社からは歩いて数分なので通り抜けてみます。

そんなことで、今週の季語は「花衣」で詠まれている句を選んでみました。

ちなみに三省堂の大辞林によりますと、はなごろも【花衣】には
 
 
[1] 桜襲(さくらがさね)の衣。春に用いる。

[2] はなやかな衣。また、花色の衣。

[3] 花見に着て行く晴れ着。[季]春。

[4] 桜の花が人に散りかかるのを衣に見立てた語。[季]春。
 
 
の意味があります。
          

    きてもみよ甚べが羽織花ごろも
   
      松尾芭蕉(まつお ばしょう)
               (1644-1694)
 
     
       筏士の蓑やあらしの花衣
 
      筏士=いかだし、蓑=みの
 
        与謝蕪村(よさ ぶそん)
               (1716-1787)
 
     
 花ごろもぬぐやまつはる紐いろいろ 
 
     杉田久女(すぎた ひさじょ)
              (1890-1946)
  
 
    花見衣かつぎねむりし漢かな
 
              漢=おとこ
 
   佐々木有風(ささき ゆうふう)
             (1891-1959)
 
     
 掛けられて衣桁いきづく花ごろも
 
            衣桁=いこう
 
   鷹羽狩行(たかは しゅぎょう)
                (1930-)  
 
  
 きのふ近江けふは吉野の花衣
 
    福永耕二(ふくなが こうじ)
            (1938-1980)
  
   
   スカートは水玉模様を花衣
 
     水玉模様=ポルカドット
 
  柿沼盟子(かきぬま ともこ)
              (1954-)

 
今回は2番目の

  筏士の蓑やあらしの花衣

に最も惹かれます。
  
蕪村は俳人であるとともに画家でもありました。

そのことから、彼の句は写実的で絵画的な句が多く詠まれていて、その光景がすぐ眼に浮かびます。

この句を詠んだ折も、蓑を着ている筏士に花が散りかかる様子をさっと俳画で描いたと言われています。
 
私も詠んでみました。
 

 遅咲きのひとひら肩に花衣
 
            白井芳雄

妻癒えて着せたや赤き花衣
 
             白井芳雄

 

***********************************************************************************************************

さて本日も、4月開催セミナーの再ご紹介!

 4月23日(火)開催

 『小水力発電(マイクロ水力発電など)の事業化・経済性・取組みと技術開発動向』
 
です!

★水利権に関わる手続きの緩和傾向、FIT(固定価格買取制度)法などにより、従来は採算が合わないとされた場所
 での小水力発電も注目され、低価格化・小型化製品の開発も進展しています。

★本セミナーでは、事業としての小水力発電の進め方・ビジネスモデル、導入時における留意点及び経済性・低コスト
 化と、水車・誘導発電機・系統連系・開水路方式発電装置などに関する技術・システム、又、横浜市水道局における
 取組みなどソフト・ハード両面について、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に豊富な事例を交え、詳説頂きます。

●プログラム
 
Ⅰ.小水力発電の成り立ちから事業としての確立の進め方、
   イームル工業の技術について

    イームル工業(株) 顧問      沖 武宏 氏

 1.事業用小水力発電の始まり
 2.中国地方の小水力発電60年の歴史に学ぶ事業の進め方
 3.小水力発電の地域活性化ビジネスプラン
 4.イームル工業の技術について
  ~水中タービンなど独自技術~
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.小水力導入時の留意点と経済性及び低コスト化

    日本小水力発電(株)
    取締役 技術部長
    技術士(電気電子部門)      金田剛一 氏

 1.小水力発電の概要
 2.導入可能地点とその留意点
 3.小水力の経済性
 4.低コスト化とその留意点
 5.導入事例の紹介
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.最近の小水力技術動向、並びに系統連系と誘導発電機の技術について

    田中水力(株) 技術本部長     國分 清 氏

    田中水力(株) 営業本部長     三村英明 氏
 

 1.水車形式の選定
 2.インライン水車の設置例
 3.インライン水車の特徴
 4.水撃圧の対策
 5.低コスト型水車の開発など
 6.誘導発電機の特徴
 7.誘導発電機適用の留意点
 8.誘導発電機と系統連系
 9.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.開水路方式マイクロ水力発電装置事業への取組み

   三菱電機プラントエンジニアリング(株)
   中部本部 発電・回転機技術部
   発電プラント技術課         高田 裕 氏

 

【講演概要】
 三菱電機プラントエンジニアリング株式会社にて開発した「縦軸クロスフロー式マイクロ水力発電装置」は、
開放水路に簡単に設置でき、極小落差(50cm程度)でも発電できる水車発電装置です。水車発電装置の特徴、
商用電源との連系方式など、実際の導入事例を交えて紹介いたします。

Ⅴ.横浜市水道局における小水力発電設備への取り組み

   横浜市 水道局 浄水部 設備課長  山岸基春 氏

【講演概要】
 横浜市水道局が小水力発電を導入した取組みの経緯や実績と、今後の小水力発電の計画について説明します。

 1.導入の経緯(民設民営方式の実施例)
 2.川井浄水場への実施例(横浜市水道局設置運営方式)
 3.小水力発電設備・装置の概要と稼働状況
 4.その他の小水力発電の可能性調査
 5.今後の計画
 6.質疑応答・名刺交換

詳細はこちらから。↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 4月23日(火)開催

 『小水力発電(マイクロ水力発電など)の事業化・経済性・取組みと技術開発動向』
 
  http://www.tic-co.com/seminar/20130415.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 4月19日(金)開催『電力システム改革・エネルギー政策の行方及び取引市場と電力小売りならびに発電事業開発などビジネス展開』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 4月23日(火)開催『CO2分離・回収技術と応用・研究開発動向』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月19日(金)開催『電力システム改革・エネルギー政策の行方及び取引市場と電力小売りならびに発電事業開発などビジネス展開』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 4月23日(火)開催『CO2分離・回収技術と応用・研究開発動向』セミナーの再ご紹介! »