最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 4月25日(木)開催『プラントにおける腐食と対策の実際』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年4月26日(金)開催『海洋エネルギー利用の最新状況と技術開発動向』セミナーの再ご紹介! »

2013年4月22日 (月)

4月26日(金)開催『PM2.5対策技術』セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------
☆本日再ご紹介セミナー☆

2013年4月26日(金)開催
PM2.5対策技術
~現状・生成メカニズムから、対策技術の動向、
空気清浄、エアフィルタ、触媒システムなど~

    http://www.tic-co.com/seminar/20130420.html
----------------------------------------

土日は1泊2日で東京へ遊びに行ってきました

東京へは何度か行ったことはありますが、今回初めて、東京タワー

東京スカイツリーへ行ってきたのです

お天気が良くないにも関わらずどちらも混みあっていて、一番上に上がるのに

結構な待ち時間ができていました

Dscf2319   

土曜日に行った東京タワーは、夕方まで雨は降ってなかったのでキレイに見えましたが、Dscf2390_3

日曜日に行った東京スカイツリーは、真っ白でほとんど何も見えず

風が結構強く吹いていたので、たま~に(それも一瞬)雲の切れ間に見える程度です

楽しみにしていたガラス床体験も、真っ白で何のスリルも無く残念でした~

今度は天気の良い日に行けたらなと思います

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も4月開催セミナーの再ご紹介です!

2013年4月26日(金)開催
PM2.5対策技術
~現状・生成メカニズムから、対策技術の動向、
空気清浄、エアフィルタ、触媒システムなど~

    http://www.tic-co.com/seminar/20130420.html

★中国はもとより日本でも直径2.5μm(マイクロメートル)以下の粒子状物質(PM2.5)
 による大気汚染問題がクローズアップされ、対策が求められています。
★本セミナーでは、PM2.5問題の現状から、その生成メカニズム、対策技術の動向と
 具体的な各技術(空気清浄・エアフィルタ・触媒システム)について、斯界の第一線で
 ご活躍中の講師陣に詳しく解説頂きます

●プログラム

Ⅰ.PM2.5の現状と生成メカニズムについて

  埼玉大学名誉教授
  埼玉大学環境科学研究センター客員教授
  埼玉県環境科学国際センター総長
  理学博士                           坂本和彦 氏

 1.はじめに
 2.PM2.5とは
 3.粒子状物質の粒径と挙動
 4.激甚公害の発生と公害行政機構の整備
 5.浮遊粒子状物質汚染と粒子状物質組成の変化
  ・SPM汚染と環境基準達成率の変化
  ・自動車排ガス規制の強化と微小粒子組成の変化
 6.PM2.5の現状
  ・環境基準設定:長期基準と短期基準
  ・質量濃度測定法
  ・PM2.5の現状
 7.粒子状物質の発生メカニズム
  ・相変化と平衡、粒子生成など
  ・一次発生
  ・二次生成
 8.低減対策に向けた課題
 9.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.PM2.5粒子の対策技術の動向

  JFEテクノリサーチ(株) 客員研究員          鈴木明夫 

 1.中国の現状
  (1) 大気中PM2.5濃度と化学成分
  (2) 日本の現状との比較
 2.生成機構と大気中の存在形態
  (1) 対策技術の視点での生成機構
  (2) 大気中の存在形態と削減対策
 3.発生源における対策技術
  (1) 排ガス中のPM2.5測定方法
  (2) 発生施設別の排出と削減技術
   ①石炭/石油火力発電所
   ②一般ボイラー
   ③流動接触分解装置
   ④製鉄所焼結機
   ⑤その他
  (3) 粒子別の削減技術
   ①フィルタブル粒子
   ②凝縮性粒子
   ③二次粒子
 4.PM2.5生成に係る大気環境改善の経緯
  (1) 二酸化硫黄
  (2) 二酸化窒素
  (3) 浮遊粒子状物質
 5.PM2.5削減に関係する規制法規
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.PM2.5汚染対策・低減技術とその評価
 ~空気清浄化技術と空気清浄機の性能評価~

  東北文化学園大学大学院
  健康社会システム研究科 教授
  (前)厚生労働省 国立公衆衛生院および
  国立保健医療科学院 客員研究員
  工学博士                          野﨑淳夫 氏

 1.中国、米国、日本における空気清浄機の性能評価法
 2.空気清浄機における汚染物質性能の実態
  (1)ガス状物質
  (2)粒子状物質
 3.機器の除去性能と室内濃度
 4.室内濃度の予測計算
 5.PM2.5などの注目すべき汚染物質
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.エアフィルタによるPM2.5対策技術

  金沢大学 理工研究域 自然システム学系
  微粒子プロセス研究室 教授
  Ph.D.                           大谷吉生 氏

 1.エアフィルタのろ過理論
 2.エアフィルタの性能評価
 3.エアフィルタによるMWCNTの捕集
 4.エアフィルタの応用-慣性フィルタ
 5.エアフィルタの今後の展望
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.触媒システムを利用した自動車排ガス中PM除去技術

  東京大学 生産技術研究所
  物質・環境系部門 准教授
  博士(工学)                         小倉 賢 氏

 1.自動車から排出される規制対象物質と規制
 2.ディーゼルエンジン自動車への期待と不安
 3.現行の自動車排ガス触媒システム ガソリンエンジンvs.ディーゼルエンジン
 4.ディーゼルすす(PM)の対策
 5.ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)とその種類
 6.フィルター連続再生に向けた触媒の開発
 7.質疑応答・名刺交換

詳しくはこちらから↓ご覧ください

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
2013年4月26日(金)開催
PM2.5対策技術
~現状・生成メカニズムから、対策技術の動向、
空気清浄、エアフィルタ、触媒システムなど~

    http://www.tic-co.com/seminar/20130420.html
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 4月25日(木)開催『プラントにおける腐食と対策の実際』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年4月26日(金)開催『海洋エネルギー利用の最新状況と技術開発動向』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月26日(金)開催『PM2.5対策技術』セミナーの再ご紹介!:

« 4月25日(木)開催『プラントにおける腐食と対策の実際』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年4月26日(金)開催『海洋エネルギー利用の最新状況と技術開発動向』セミナーの再ご紹介! »