最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年4月26日(金)開催『海洋エネルギー利用の最新状況と技術開発動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 6月14日(金)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーのご紹介! »

2013年4月24日 (水)

6月13日(木)開催『熱交換器の設計入門』セミナーのご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

6月13日(木)開催

   『熱交換器の設計入門』
 ~エネルギー・環境関連、石油精製、石油化学、その他各種プラントの中で
    使用される熱交換器の伝熱設計と機械設計のポイントについて詳説~

  http://www.tic-co.com/seminar/20130604.html

------------------------------------------------
この土曜日は、午後から天気が崩れると予報があったので午前中に畑作業を終えるべく、
朝から行動を開始いたしました。

まずはホームセンターで堆肥とバークを購入。

いそいで畑に運び、堆肥とバークをまいて先週とおなじくせっせと鍬で耕します。

まだまだ土の固まりはあるものの、先週耕した効果か、だいぶ土がふわっとやわらかくなっているような
気がしました。

一通り全スペース耕し終えたころに、雨がぽつぽつ降ってきました。間一髪間に合いました。

ってことで、今週の作業は終了。

今回、堆肥とバークも混ざったので次に作業するときはさらにやわらかい土になって
いるといいなぁと思います。

ホームセンターでは、野菜の苗も下見しました。

この週末に畝を作って、もう一度堆肥をまいてその次の週に苗を植えるつもりです。

何を作ろうかなぁ。トマト、ナス、ピーマン、きゅうり、とうもろこし…。

作りたいものは無限にありますが、畑のスペースには限りがあるので、よ~く吟味して
作るものを決めたいと思います。

-----------------------------------------------
さて本日は、6月開催セミナーをご紹介

6月13日(木)開催

   『熱交換器の設計入門』
 ~エネルギー・環境関連、石油精製、石油化学、その他各種プラントの中で
    使用される熱交換器の伝熱設計と機械設計のポイントについて詳説~

です!

★本セミナーでは、熱交換器設計のための総合的な基礎知識を始め、伝熱設計・振動解析の
 ポイント、具体的な伝熱促進方法、設計プログラム・最適設計・適用規格・強度計算・
 構造設計・大型対応など伝熱設計及び機械設計の実際に至るまで、斯界の第一線でご活躍
中の酒井氏、馬氏両講師に解説頂きます。

●講 師

 東洋エンジニアリング(株)
 エンジニアリング統括本部
 技術部長
 技術士(機械部門)       酒井健二 氏

●講 師

 東洋エンジニアリング(株)
 エンジニアリング統括本部
 機械エンジニアリング部
 テクニカルエキスパート
 工学博士
 HTRI日本会員会長         馬 英 氏

◎プログラム

Ⅰ.熱交換器の基礎知識と設計の考え方

 1.熱交換器の原理と構造
  (1)原理
  (2)基本構造 ~ノズル、各部品とその役割~
  (3)伝熱機構 ~伝導伝熱、対流伝熱、輻射伝熱~
  (4)流動特性と伝熱特性
 2.熱交換器の種類と特徴
  (1)多管式熱交換器
  (2)二重管式熱交換器
  (3)コイル形(単管式)熱交換器
  (4)プレート式熱交換器
  (5)空冷式熱交換器
  (6)特殊熱交換器
 3.熱交換器設計の考え方
  (1)設計フロー
  (2)伝熱性能に関する因子とは
  (3)強度設計に関する因子とは
  (4)構造設計に関する因子とは

Ⅱ.熱交換器設計の手順

 1.伝熱設計のポイント
  (1)熱バランス、温度差、伝熱係数の求め方
  (2)対数平均温度差と温度差補正係数の求め方
  (3)管内外熱伝達率と流動損失の求め方
  (4)熱交換器のサイジング ~形式選定、チューブサイズと配列~
  (5)伝熱性能のチェックポイント
  (6)振動のチェックポイント
 2.熱交換器強度・構造設計のポイント
  (1)設計要求の確認
  (2)各部の強度設計 ~管板の板厚、本体フランジの最適設計~
  (3)各部の構造設計
  (4)熱応力に対する考慮 ~熱衝撃対策、管板内温度差対策など~
  (5)大型熱交換器設計の注意点
 3.熱交換器最適設計のポイント
  (1)伝熱係数を向上させる方法
  (2)圧力損失を減らす方法
  (3)プロセス条件の見直し ~最適温度差、最適冷却水流量、メタル温度~
  (4)保守を容易にする設計 ~管板の設計、管継ぎ手の設計~
  (5)漏れに対する信頼性を向上させる方法 ~フランジの設計、特殊ボルト~

Ⅲ.熱交換器設計の実際

 1.伝熱設計プログラム ~HTRI、HTFS~
 2.適用規格 ~特定設備検査規則ASME、Sec.VIII、TEMA~
 3.各部の材料選定
 4.強度計算プログラム
 5.熱交換器の製作と検査

Ⅳ.質疑応答

詳しくはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
  6月13日(木)開催

   『熱交換器の設計入門』
 ~エネルギー・環境関連、石油精製、石油化学、その他各種プラントの中で
    使用される熱交換器の伝熱設計と機械設計のポイントについて詳説~

  http://www.tic-co.com/seminar/20130604.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

水曜担当工藤でした。

« 2013年4月26日(金)開催『海洋エネルギー利用の最新状況と技術開発動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 6月14日(金)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月13日(木)開催『熱交換器の設計入門』セミナーのご紹介!:

« 2013年4月26日(金)開催『海洋エネルギー利用の最新状況と技術開発動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 6月14日(金)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーのご紹介! »