2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 9月6日(金)開催『CO2化学的有効利用技術の動向と展望』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年8月22日(木)開催『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナーの再ご紹介! »

2013年8月 2日 (金)

2013年8月21日(水)開催『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

 2013年8月21日(水)開催
 
  『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナー
  
   
http://www.tic-co.com/seminar/20130804.html   

-------------------------------------------------

夏の季語に「緑蔭」があります。

みどり滴る夏の木陰。

その語感は明るく、爽やかな快い空間をイメージさせてくれます。

今回は「緑蔭」を季語に詠まれた句を選んでみました。

       
       
          緑蔭に網を逃げたる蝶白し
 
          高浜虚子(たかはま きょし)
                   (1874-1959) 
  
 
           緑蔭に黒猫の目かつと金
 
        川端茅舎(かわばた ぼうしゃ)
                    (1897-1941)
  
 
         修道女読む緑蔭よわれは旅
  
         中村汀女(なかむら ていじょ)
                   (1900-1988)
  
 
           緑蔭に三人老婆わらへりき
  
           西東三鬼(さいとう さんき)
                   (1900-1962)
  
      
       緑蔭へ呼ぶ犬の名はソクラテス
  
        秋元不死男(あきもと ふじお)
                  (1901-1977)
 
  
           幹高く大緑蔭を支へたり
  
         松本たかし(まつもと たかし)
                  (1906-1956)
  
   
   緑蔭に低唱「リンデン・バウム」と云ふ
  
       上田五千石(うえだ ごせんごく)
                  (1933-1997)
 

今回は最後の

   緑蔭に低唱「リンデン・バウム」と云ふ

が興味深いです。

「リンデン・バウム」はシューベルト作曲 日本語訳 堀内敬三の「菩提樹」のことです。

中学生のころ、音楽の時間に習いましたが、多感なそのころを懐かしく思い出します。

以下は堀内敬三訳の「菩提樹」の歌詞です。
 

泉に沿いて 繁る菩提樹 慕(した)い行きては 美(うま)し夢見つ
幹には彫(え)りぬ ゆかし言葉 嬉し悲しに 訪(と)いしそのかげ 訪(と)いしそのかげ
 

上田五千石が低唱したのは多分、原詩の

Am Brunnen vor dem Tore, Da steht ein Lindenbaum;…

なのでしょう。

興味がありますね。
 

私も詠んでみました。 
 

   緑蔭と木洩れ陽つくる水玉模様シャツ
 
        水玉模様シャツ=ドットシャツ
 
                   白井芳雄
 
 
      緑蔭でゆうべの阪神あれないで
 
                   白井芳雄 

***********************************************************************************************************
 
さて本日は、8月開催セミナーを再ご紹介致します

 2013年8月21日(水)開催
 
  『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナー

  
です!

★東日本大震災から続く電力不足などから、今まで以上にエネルギーの有効活用・適切な管理が求められおり、
 設備の更なる少人化・見える化・省エネ・保全などのため、遠隔監視・制御システムが注目されています。

★本セミナーでは、エネルギー設備に焦点をあて、遠隔監視・制御のニーズから、大規模広域向けを含めた最近の
 システム構成・機能及び自家発設備における省エネポイント、最適化導入時のコストメリットなど需給連携ソリュ
 ーションと、導入・構築・改善のポイント、また分散電源関連設備・自然エネルギー関連設備・発電関連設備に
 おける導入事例などについて、斯界の第一線でご活躍中の奈良岡講師に詳しく解説頂きます。
 

●講 師

 横河ソリューションサービス(株)
 ソリューション技術本部 第4技術部 部長
 (前)横河電機(株) ソリューション営業統括本部
 VPS開拓本部 第4ソリューション技術部 部長     奈良岡昭典 氏

 
●プログラム

Ⅰ.エネルギー設備に対する遠隔監視・制御システムの取組み

 1.エネルギー設備に対する遠隔監視・制御システムのニーズ
  (1)遠隔監視市場とエネルギー設備の遠隔監視の位置づけ
  (2)遠隔監視・制御システムのニーズ
   ①見える化の範囲(メーカ、保守会社、ユーザ)
   ②予知保全、予防保全からみたニーズ
   ③エネルギー管理と省エネ
   ④遠隔現場制御システムの遠隔操作
   ⑤設備効率化運用への対応
   ⑥セキュリティ確保
 2.遠隔監視・制御システムの構成と機能概要
  (1)ネットワークおよびインターネット活用の遠隔監視・制御システムの構成
  (2)機能概要およびハード要素
   ①現場側機能
   ②センター側機能
   ③設備解析および支援機能
   ④遠隔メンテナンス機能
   ⑤ネットワーク
    ・ネットワーク構成
    ・セキュリティー構成
    ・必要インフラ
  (3)インターネットの活用とネットワークセキュリティー
   ①ネットワークの種類と動向
   ②広域インターネット活用上の必要セキュリティー
   ③コンピュータウィルスの実態とそれに対する取り組み
 3.大規模広域向け遠隔監視システム
  (1)大規模広域向け遠隔監視システムの特長
  (2)通信機能および他システムとの連携
  (3)大規模広域向け遠隔監視システムのシステム構成
  (4)webによるデータ監視、設定
  (5)エンジニアリングツール
  (6)画面例および機能概要
 4.需給連携ソリューション
  (1)需給連携ソリューションの特長、機能
  (2)工場内自家発設備における省エネポイント
  (3)最適化導入時のコストメリット
  (4)需給連携による最適化

Ⅱ.遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善のポイント

 1.遠隔監視・制御システムの導入のポイント
  (1)導入のメリット
  (2)効率化および安全性の検討
 2.遠隔監視・制御システム構築のポイント
  (1)エネルギー設備の特徴・目的に合わせたシステムの構築
  (2)柔軟性・拡張性・長期安定性のあるシステムの構築
 3.遠隔監視・制御システムの改善策
  (1)既存システムの遠隔化
  (2)24時間/365日の運転監視と収集データの信頼性向上

Ⅲ.遠隔監視・制御システムの導入事例と導入案と今後の取り組み

 1.遠隔監視・制御システムの導入事例と導入案
  (1)分散電源関連設備
  (2)自然エネルギー関連設備
  (3)発電関連設備
 2.今後の取り組み

Ⅳ.質疑応答
  

詳しい内容、お申込みはこちらから。↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 2013年8月21日(水)開催
 
  『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナー
  
   
http://www.tic-co.com/seminar/20130804.html   
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 9月6日(金)開催『CO2化学的有効利用技術の動向と展望』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年8月22日(木)開催『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月6日(金)開催『CO2化学的有効利用技術の動向と展望』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年8月22日(木)開催『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナーの再ご紹介! »