2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年8月21日(水)開催『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年8月22日(木)開催『低~中温排熱発電技術と応用展開』セミナーの再ご紹介! »

2013年8月 5日 (月)

2013年8月22日(木)開催『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

 2013年8月22日(木)開催

     ~ネオ・モルガン研究所の専門家が詳細解説!!~
    『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナー

   http://www.tic-co.com/seminar/20130803.html

------------------------------------------------
久しぶりに畑全体の様子の写真をご紹介↓

Photo_5   

こうやって見ると、トマトもピークを過ぎたようですし、きゅうりも終わり、畑全体が一段落してきたのか少し寂しい
感じもしますねぇ。

しかぁし!畑では、なすびとピーマンが収穫のピークを迎えています。

どちらも毎週沢山の実をつけてくれます。

収穫したなすびとピーマンで、マーボー茄子を作って食べるのがここ最近の私のお気に入りです。

今週も作ります。ウフフ。

そして、写真にも写っておりますが、青シソ・赤シソが生い茂ってまいりました。

青シソは色んな料理に使えるので、非常に使い勝手がいいのですが、赤シソの使い道がイマイチよくわからなくて、
ネットで調べていたら「赤シソジュース」のレシピを発見。

栄養たっぷりで、夏バテ防止に良いとのこと。

しかも、その赤シソジュースに使った搾りかすの赤シソの葉っぱで赤シソふりかけ「ゆかり」を作ることができるとのこと。

お~!素晴らしい!捨てるところがないではないですか!!

しかも私の名前は工藤ゆかり。

…。

ゆかりが「ゆかり」を作って「ゆかり」を食べる…。

ププッ。

ダジャレです。

これは作らねばなりませんよ。

ということで、近々作るつもりです。

また報告いたしますね~。

-----------------------------------------------
さて本日も、8月開催セミナーを再ご紹介

 2013年8月22日(木)開催

     ~ネオ・モルガン研究所の専門家が詳細解説!!~
    『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナー

です!

●プログラム

Ⅰ.藻類ビジネス全般に関する概要

   (株)ネオ・モルガン研究所
   取締役 光合成事業統括
   博士(バイオサイエンス)     中原 剣 氏

 1.藻類を利用した産業の意味と実現可能性
  (1)藻類を利用した産業構築の意義
  (2)期待先行してしまっている現状
  (3)藻類産業を構築するための4つの視点
 2.藻類を用いた取り組み
  (1)藻類の種類と特性
  (2)藻類の栽培から目的物の生産までの流れ
  (3)藻類を用いた燃料生産の取り組み
   ①代表的藻類種
    ボツリオコッカス、シュードコリシスティス、イカダモ、オーランチオキトリウム、
    ナンノクロロプシス、ユーグレナ他
   ②燃料生産に関わる各工程
  (4)実用化されている藻類の取り組み
  (5)実用化が期待される藻類の取り組み
 3.藻類を扱うための基本技術
  (1)藻類の探索・収集技術
   ①藻類の探索のポイント
    ~持参すべき器具、場所の選定、収集方法~
   ②有用な藻類を選抜する方法
  (2)藻類の扱い方
   ①藻類の観察法
   ②藻類の分離方法
   ③藻類用培養培地の作り方
   ④藻類の保存方法
  (3)藻類の機能評価と品種改良法
   ①藻類の機能評価
   ②生産性向上のポイント
   ③変異導入法による品種改良の実際
 4.藻類の大量培養と濃縮・乾燥・抽出技術
  (1)藻類の大量培養の実際
   ①屋外方式(オープンポンド)
    ~池培養、チューブ式、ドーム式~
   ②屋内方式(クローズドシステム)
    ~パネル式、ステンレスタンク方式~
   ③その他フォトバイオリアクター
    ~培養容器の設計ポイント~
  (2)大量培養のポイント
   ~安定した光の供給、炭酸ガスの供給、培養液の温度管理、コンタミ防止措置~
  (3)藻類の濃縮・乾燥における留意点
  (4)藻類からの抽出技術
   ~炭化水素、油脂成分、有効成分~
  (5)参考実施例
 5.質疑応答

Ⅱ.実用化藻類のマーケティング

   (株)ネオ・モルガン研究所
   事業開発本部
   バイオマス生産部 マネジャー     松原嘉哉 氏

 1.実用化藻類の市場環境
  (1)藻類毎・適用分野毎の現状の市場規模
   ①藻類:クロレラ、スピルリナ、ドナリエラ、ナンノクロロシプス、ユーグレナ、
    ヘマトコッカス、カラギナン、褐藻類 など
   ②加工方法: 藻体直接利用、抽出物・分泌物(アスタキサンチンなど)
   ③適用分野:燃料、飼料・肥料、食料、健康食品、化粧品など
  (2)今後拡大する市場の見極め方
   ~藻類の特性から:栄養含有量、増殖速度、栽培・収穫のしやすさ、
    抽出物利用のしやすさ など~
   ~適用分野の特性から:顧客ニーズ、顧客数、顧客の許容コスト、競合商品など~
  (3)市場拡大に向けて解決すべき課題
   ~栽培・収穫コストの削減、藻類としてのマーケティングなど~
 2.実用化藻類のマーケティング手法とその実例
  (1)藻類マーケティングのポイント(一般のマーケティング手法との違いから)
   ~馴染みがない「藻」を、消費者にどうイメージしてもらうか~
   ~そのイメージを、誰と組んで/どのように、広げていくか~
  (2)藻類マーケティングの実例
    (商品コンセプト、プロモーション、価格帯、流通網の観点から)
   ①DICライフテック社
   ②ユーグレナ社
 3.まとめ
 4.質疑応答

Ⅲ.藻類による脂質生産

   (株)ネオ・モルガン研究所
   事業開発本部            桐栄聡子 氏

 1.脂質の市場と将来性
  (1)油脂需要の現状と見通し
  (2)変わりつつある油脂消費構造
  (3)油脂不足問題を考える軸
 2.藻類での脂質生産への期待(植物との比較)
  (1)油脂不足問題を解決する手段
  (2)微細藻類による大規模油脂生産の優位性
  (3)微細藻類による大規模油脂生産の課題
  (4)微細藻類による高付加価値油脂生産
 3.抽出方法
  (1)藻類の油脂抽出プロセス
  (2)抽出法
 4.藻類が作る脂質の種類・特性
  (1)微細藻類が生産する油脂
  (2)油脂の特性と活用
 5.用途開発
  (1)用途ごとのニーズを満たすための生産プロセス
  (2)藻油活用の実例
  (3)藻油の用途開発
 6.まとめ
 7.質疑応答

Ⅳ.海外藻類ビジネスの最新動向

   (株)ネオ・モルガン研究所
   事業開発本部
   海外事業部 部長        福井健悟 氏

 1.現状までの藻類トレンド(米国を中心に)
  (1)1980年代WHOによる藻類の食糧としての可能性提案
  (2)1985年ハワイ、フロリダを中心にスピルリナの大量培養開始
  (3)1990年代のNASAの開発結果としてMartek社の登場
  (4)2000年代のエネルギー政策を目的とした企業の登場
   ~Solazyme、Algaenol、Cellena、Sapphia Energy~
  (5)2008年代の淘汰と軍主導の政策
  (6)2012年新世代の登場 そしてシェールガスによる迷走
 2.低迷する米国勢を脇に各国で加熱し始めた藻類
  (1)オーストラリア
  (2)オランダ
  (3)フランス
  (4)スペイン(主に食糧)
  (5)その他(中国など)
 3.今後の動向について
 4.まとめ
 5.質疑応答

 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
 2013年8月22日(木)開催

     ~ネオ・モルガン研究所の専門家が詳細解説!!~
    『藻類ビジネスの要点・最新動向とマーケティング及び脂質生産等技術』セミナー

   http://www.tic-co.com/seminar/20130803.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

本日担当工藤でした。

« 2013年8月21日(水)開催『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年8月22日(木)開催『低~中温排熱発電技術と応用展開』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年8月21日(水)開催『エネルギー設備における遠隔監視・制御システムの導入・構築・改善策』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年8月22日(木)開催『低~中温排熱発電技術と応用展開』セミナーの再ご紹介! »