最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 10月11日(金)開催『シェールオイル・ガスの開発と具体的要素技術』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年10月16日(水)開催『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナーのご紹介! »

2013年9月12日 (木)

10月10日(木)開催『世界の防爆規格の動向とその解説及び防爆技術』セミナーのご紹介!

---------------------------------------------

◆本日ご紹介セミナー◆

   10月10日(木)開催

     『世界の防爆規格の動向とその解説及び防爆技術』セミナー
     
      http://www.tic-co.com/seminar/20131017.html

---------------------------------------------

昨日からまた暑さが戻ってきましたね

読書の秋には少し早い気がしますが、今、百田尚樹さんの『海賊と呼ばれた男』を読んでいます

2013年本屋大賞 第一位のニュースを聞いた時から、ず~っと読みたいと思っていた本です

図書館で借りようと思いましたが、大人気で予約が400件以上も入っていたので、

久々にハードカバーの本を買いました。

出光興産の創業者、出光佐三をモデルにした物語です。

歴史的な要素が強い本は挫折しがちな私ですが、上巻の半分位まで面白く読めています

まだまだ序盤ですが、読破できる予感がします

電子書籍が優勢な昨今ですが、目が疲れにくい紙の本が好きです

---------------------------------------------

さて本日も10月開催セミナーをご紹介!

    10月10日(木)開催
      
     『世界の防爆規格の動向とその解説及び防爆技術』セミナー
    
                                            です!

★防爆機器の規格は、国際規格(IEC)をはじめとした各国独自の認証規格があり、日本製の
 防爆機器を海外の工場・プラントで運用する場合、海外製品を日本国内の工場・プラントで
 運用する場合など、様々な課題があります。

★本セミナーでは、世界及びIECの防爆規格動向とヨーロッパ、アメリカならびに各国の
 規格について認証から規格運用、また本質安全防爆の実現などに至るまで、斯界の最前線で
 ご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

★機器メーカー、ユーザー、エンジニアリング会社の方のご参加をお待ちしております。

●プログラム

Ⅰ.世界の防爆規格、国際規格(IEC)の概要と動向

  IEC TC31 国内委員会 副委員長
  日揮(株) エンジニアリング本部 電気部      堀 史治 氏

<講演要旨>
防爆に関する規格として海外のプラントで適用されることの多いIEC(国際規格)を中心に、
主要な海外の防爆規格を紹介します。IECについては防爆関連規格の概要とともに、規格の
統廃合と新規規格化の動向を紹介します。

 1.Area Classificationと防爆
 2.世界の防爆規格
 3.IECによる防爆(ガス・蒸気)
 4.IEC規格の改定・開発動向
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.ヨーロッパにおける防爆適用規格と認証取得について
 ~日本のメーカーがATEX防爆認証を取得するために~

  DEKRAサーティフィケーション・ジャパン(株)
  防爆事業部 マネージャー
  ATEX/IECEx主任監査員・防爆コンサルタント    増喜浩一 氏

<講演要旨>
ヨーロッパのATEX/IECEx防爆システムの紹介、オランダでの評価方法の紹介、近年、日本の
製造者が陥りやすい防爆設計の問題点について解説致します。

 1.欧州経済地域における防爆法規
 2.ATEX指令関連規格
 3.EN規格の適合管理
 4.ATEX適合性評価手順
 5.危険場所の分類
 6.新しい防爆記号EPL
 7.ATEX製品認証と品質監査
 8.防爆機器の品質監査
 9.ATEXの製品評価方法
 10.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.グローバルな防爆認証取得について
 ~IECEx防爆認証をグローバルに展開する手法~
 (日本・中国・韓国・台湾・ロシア・ブラジル)

  DEKRAサーティフィケーション・ジャパン(株)
  防爆事業部 マネージャー
  ATEX/IECEx主任監査員・防爆コンサルタント     増喜浩一 氏

<講演要旨>
IEC規格の防爆設計をリファレンスとした、各国、各地域の防爆認証取得を中心に解説致します。

 1.世界の防爆規制地域と主な防爆認証機関
 2.IECEx認証のグローバル展開
 3.韓国の防爆認証
 4.中国の防爆認証
 5.台湾の防爆認証
 6.ロシアの防爆認証
 7.ブラジルの防爆認証
 8.日本の防爆認証
 9.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.アメリカにおける防爆適用規格の解説

  FM Approvals LLC 日本支店 代表           古賀拓洋 氏

<講演要旨>
アメリカのFM規格に基づいた防爆認証取得に関して紹介します。
Division制とZone制を含めたアメリカ特有の項目に関して解説いたします。

 1.FM規格概要
 2.国際規格とFMとの主な違い
 3.FM規格取得プロセス
  4.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.フィールドバスの物理層診断と、新しいコンセプトによる本質安全防爆の実現

  (株)ピーアンドエフ
  プロセスオートメーション部 テクニカルマネージャ
  セーフティベーシックアセッサ
  防爆電気機器安全分野 (SBA-Ex)             鈴木 哲 氏

<講演要旨>
プラント計装のデジタル化が進み、フィールド機器の診断情報に加えて通信ラインの物理層に
ついても、診断情報を有効に活用できる環境が整いつつあるが、本セッションでは通信物理層に
フォーカスして、デジタル伝送経路の防爆手法を年代を追って最新の本質安全防爆技術まで解説
すると同時に、通信物理層の診断情報利用についても、自社製品の例を参照しながら紹介する。
またアナログ機器とデジタル通信が混在した制御システムにおける、リモートIOやHART通信の
利用についても、防爆インターフェイスと云う観点から簡単に述べる。

 詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
   
   10月10日(木)開催

     『世界の防爆規格の動向とその解説及び防爆技術』セミナー
     
      http://www.tic-co.com/seminar/20131017.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

担当は高橋でした。

« 10月11日(金)開催『シェールオイル・ガスの開発と具体的要素技術』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年10月16日(水)開催『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 10月11日(金)開催『シェールオイル・ガスの開発と具体的要素技術』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年10月16日(水)開催『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナーのご紹介! »