最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年10月23日(水)開催『MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法とトラブル対策』セミナーのご紹介! | トップページ | 10月25日(金)開催『イオン交換樹脂の基本操作と利用技術』セミナーのご紹介! »

2013年9月24日 (火)

10月24日(木)開催『天然ガス・シェールガスからのGTLと・メタノール製造などに関する技術動向及び今後の展望』セミナーのご紹介!

----------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2013年10月24日(木)開催

天然ガス・シェールガスからのGTLと・メタノール
          製造などに関する技術動向及び今後の展望
』セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20131015.html

----------------------------------------

9月2度目の連休は、お天気も良く暑いぐらいでしたが、みなさんお休みは

満喫されたでしょうか?

私は姉夫婦のお引っ越しのお手伝いに大忙しの3連休でした

土曜日は、残っていた(終わっていない)食器などの荷造りとお守り

日曜日は新居での荷解きとお守り、月曜日は姪っ子のお守りをメイン

にフル稼働でした

土曜・日曜は、実家に姉が姪と一緒に泊まっていたので、朝から夜まで

ずっと一緒です。もう腕も肩も足も腰も、全身疲労です

先日、姪が泊まりに来るのを『とても楽しみです』と言いましたが、

3日間、お引っ越しのお手伝いをしながらのお守りは流石に疲れました

月曜日はいつもより早めに就寝しなんとか回復できたので、今週4日間、

元気にお仕事がんばれそうです

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も10月開催セミナーのご紹介です

2013年10月24日(木)開催

天然ガス・シェールガスからのGTLと・メタノール
          製造などに関する技術動向及び今後の展望
』セミナー

★天然ガス価格の低値傾向と原油価格の高値継続により、天然ガス・シェールガス
 を出発原料とするGTL(Gas to Liquid)、ジメチルエーテル:DME(Dimethyl Ether)、
 メタノールの製造技術、プロセスへの関心が高まっています。
★本セミナーでは、天然ガス・シェールガスからのGTL製造に関する技術動向と展望、
 東洋エンジニアリングにおける取組みを中心とした中小規模GTL開発、そして、
 メタノール及びDME製造・輸送・利用技術と今後の展望について、斯界の第一線で
 ご活躍されておられる講師陣に詳しく解説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.天然ガス・シェールガスからのクリーン燃料(GTL)製造
 に関する技術動向と展望

  千代田化工建設(株)
  技術開発ユニット プロセス開発セクション 技師長      蛙石健一 氏

 1.はじめに
 2.GTL技術とは
  (1)合成ガス製造工程
  (2)FT合成工程
  (3)アップグレーディング工程
  (4)GTL製品油の特徴
 3.GTLプロセスに用いられる新しい技術
  (1)合成ガス製造におけるスチーム/CO2リフォーミング技術
  (2)合成ガス製造における直接接触部分酸化技術
  (3)マイクロチャンネルリアクター技術
 4.世界の主要GTL技術とプロジェクト
  (1)主要GTL技術
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.GTL技術開発の現況と動向
 ~東洋エンジニアリングにおける中小規模GTL開発~

  東洋エンジニアリング(株)
  エンジニアリング統括本部 プロセスシステム部 部長代行 小嶋保彦 氏

 1.天然ガスの利用形態と転換技術
  (1)天然ガスの利用形態
  (2)天然ガス転換技術
 2.なぜGTLか?
  (1)GTLが生み出す付加価値
  (2)対象とすべきガス田
  (3)GTL製品の市場
 3.東洋エンジニアリングにおけるGTL開発プロジェクト
  (1)プロジェクトの概要
  (2)マイクロGTLの実績
 4.マイクロGTL技術とは?
  (1)プロセスフロー
  (2)マイクロチャンネル反応器
  (3)反応原理と触媒
  (4)マイクロGTLの利点
  (5)マイクロGTLの経済性
 5.マイクロGTL実証プラント
  (1)実証プラントの概要
  (2)実証運転の状況
 6.今後の展望と課題
  (1)洋上プラントへの展開
  (2)陸上プラントへの展開
  (3)課題
 7.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.天然ガス・シェールガスからのメタノール及びDME製造・輸送・利用技術
 と今後の展望

  HyChemTechno 所長
  (元Total Trading International 技術顧問)           八木 宏 氏

 1.シェールガス性状と精製
  (1)シェールガス組成
  (2)シェールガス精製
 2.メタノール、DMEの性状と特徴
 3.合成ガスの精製
  (1)DME、メタノール合成に必要なH2/CO比
  (2)合成ガスの製造
 4.メタノール合成プロセス
  (1)メタノール合成反応
  (2)メタノール合成反応器
  (3)メタノール精製
 5.DME間接合成プロセス
  (1)DME合成反応
  (2)合成反応器
  (3)DME精製
 6.直接合成プロセス
  (1)DME合成反応
  (2)合成反応器
  (3)DME精製
 7.メタノール、DMEの輸送
  (1)メタノール輸送
  (2)DME輸送
 8.メタノール、DME利用技術
  (1)メタノールマーケット
  (2)メタノール出発の化学品
  (3)DMEのマーケットの可能性
 9.まとめ(今後の展望)
 10.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2013年10月24日(木)開催

天然ガス・シェールガスからのGTLと・メタノール
          製造などに関する技術動向及び今後の展望
』セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20131015.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 2013年10月23日(水)開催『MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法とトラブル対策』セミナーのご紹介! | トップページ | 10月25日(金)開催『イオン交換樹脂の基本操作と利用技術』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年10月23日(水)開催『MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法とトラブル対策』セミナーのご紹介! | トップページ | 10月25日(金)開催『イオン交換樹脂の基本操作と利用技術』セミナーのご紹介! »