最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年10月10日(木)開催『生物学的窒素処理技術の動向及び維持管理・トラブル対策と嫌気性アンモニア酸化(アナモックス)反応を用いた窒素除去システム』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年10月11日(金)開催『シェールオイル・ガスの開発と具体的要素技術』セミナーの再ご紹介! »

2013年9月30日 (月)

2013年10月11日(金)開催『技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2013年10月11日(金)開催

技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』セミナー
~正しい準備法、技術英語表現、質疑応答のテクニック~

http://www.tic-co.com/seminar/20131001.html

----------------------------------------

先日、久しぶりに奈良へ行ってきました

Photo4

とっても良いお天気で、たくさんの鹿と修学旅行生に会いました

私も修学旅行で奈良に行きましたので、懐かしく思い出しながら、奈良公園を散策しました。

あと、若草山にも登ってきました。

Photo5

とても良い眺めだったのですが、普段運動不足の私にとっては、もうクタクタ

予想どおり、次の日は筋肉痛になりましたが、良い休日を過ごせました。

帰りには自分のお土産に奈良漬けを購入。美味しかったです

----------------------------------------

本日も10月開催セミナーを再ご紹介します

 

2013年10月11日(金)開催

技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』セミナー
~正しい準備法、技術英語表現、質疑応答のテクニック~

 

☆英語でプレゼンテーションを行うことになった時、必ず役立つテクニックの数々を伝授

☆本セミナーでは、研究発表・製品説明等の場で、英語を使って上手くアピールするための
 ノウハウを、日本で数多く英語プレゼンの実践指導をされていらっしゃる
 アントニ ローレンス先生にわかりやすく解説頂きます

 

◎講   師
      
   早稲田大学 理工学術院
   理工系英語教育センター 教授    アントニ ローレンス 氏

 

◎プログラム

Ⅰ.英語によるプレゼンテーションの基本原則

 1.技術者・研究者に必要なプレゼンテーションとは
  ~オーラルプレゼン・ポスタープレゼンの特徴~
 2.プレゼンテーションの利点と欠点
 3.成功への6つの鍵
  ~聴衆、目的、構成、流れ、スタイル、デリバリー~
 4.プレゼンテーション演説法
  ~スクリプトの読み、スクリプトの暗記、ポイントによる演説~
 5.英語によるプレゼンテーションの基本的な考え方

  a)世界のプレゼンテーションの共通点
  b)欧米人と日本人のプレゼンの違い
  c)英語によるプレゼンテーションの特徴
   ~声、視線、手の動き、体の動き、スライドデザイン~
 6.プレゼンテーション実践:印象に残る自己紹介
  a)恐怖感とアガリをコントロールするには
  b)ユーモアとジョークはどのように盛り込むか

 

Ⅱ.技術系の英語表現とプレゼンテーションでの使い方

 1.技術系プレゼンテーションの構成
  a)Introduction → Outline → Body → Summary → Q&A
  b)現状 → 問題 → 対応 → 評価
  c)一般論 → 具体論
  d)過去 → 現在 → 未来
 2.技術系の英語表現
  a)「イントロ」の言語特徴
  b)「概要」・「サマリー」の言語特徴
  c)「ボディー」・「移り変わり」の言語特徴
  d)方法と過程の説明
  e)単位・数量・数式・記号の読み方・表し方
  f)図、表、グラフなどの説明の仕方
 3.英語でのプレゼンテーションデリバリー
  a)スピード調整
  b)強勢とイントネーションのコツ
  c)発音: 和製英語から脱出
  d)シャドーイングの練習法

 

Ⅲ.英語プレゼンテーションの実際

 1.視覚機器の効果的な使い方
  a)準備!準備!準備!
  b)パソコン、プロジェクター、OHP、ビデオのよくある問題
  c)オーラルプレゼンの作成ポイント
  d) ポスタープレゼンの作成ポイント
 2.Q&A対策
  a)日本人と欧米人の質問の仕方の違い
  b)Q&Aの準備ポイント
  c)質問の内容が理解できない時
  d)自分が答えられない質問がきた時
  e)質問の内容に明らかに敵意が感じられる時
  f)全く質問が出ない時
 3.英語プレゼンテーションの実際例

 

Ⅳ.質疑応答・ディスカッション

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

----------------------------------------

2013年10月11日(金)開催

『技術者・研究者のための英語プレゼンテーションの基本と実践』セミナー
~正しい準備法、技術英語表現、質疑応答のテクニック~

http://www.tic-co.com/seminar/20131001.html

----------------------------------------

担当:浮田

« 2013年10月10日(木)開催『生物学的窒素処理技術の動向及び維持管理・トラブル対策と嫌気性アンモニア酸化(アナモックス)反応を用いた窒素除去システム』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年10月11日(金)開催『シェールオイル・ガスの開発と具体的要素技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年10月10日(木)開催『生物学的窒素処理技術の動向及び維持管理・トラブル対策と嫌気性アンモニア酸化(アナモックス)反応を用いた窒素除去システム』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年10月11日(金)開催『シェールオイル・ガスの開発と具体的要素技術』セミナーの再ご紹介! »