2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 12月4日(水)開催『雷現象と雷害対策の基礎と実際』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年12月17日(火)開催『水素製造・貯蔵・輸送・利用技術と実証・研究開発の最新動向』セミナーのご紹介! »

2013年10月31日 (木)

12月4日(水)開催『我が国鉄道システムの海外展開及び最近のプロジェクトからみる関連技術・システムの売り込み方、日立の鉄道事業グローバル展開』セミナーのご紹介!

---------------------------------------------

◆本日ご紹介セミナー◆

   12月4日(水)開催

     『我が国鉄道システムの海外展開及び最近のプロジェクトからみる
      関連技術・システムの売り込み方、日立の鉄道事業グローバル展開』セミナー
            ~国土交通省、サトーレイルウェイリサーチ、日立製作所の方より詳述~
     
      http://www.tic-co.com/seminar/20131208.html

---------------------------------------------

週末、友人のお店がオープンしたので行ってきました

阪急高槻駅から歩いて3~4分の所にあります。

Photo_3   

ハーブの化粧品を手作りできたり、その化粧品を使って美顔トリートメントをするお店です。

化粧品に使用する精油は全て天然植物の抽出物だそうです

Photo_4

↑写真の石鹸も合成界面活性剤や人工着色料、香料などは使用していません。

お試しでスチームを顔に当ててパックをした後、バーム(美容液のこと)と

クリームを塗ってもらいました。

ハーブの優しい香りに癒され、とても気持ち良かったです!!

その日はお風呂上りに何もつけなかったのですが、翌日はしっとり、モチモチ、

柔らかな肌になっていました。とってもいい感じです。

毎日使うと素肌美人になりそうです~

---------------------------------------------

さて本日も12月開催セミナーをご紹介

    12月4日(水)開催
      
     『我が国鉄道システムの海外展開及び最近のプロジェクトからみる
      関連技術・システムの売り込み方、日立の鉄道事業グローバル展開』セミナー
            ~国土交通省、サトーレイルウェイリサーチ、日立製作所の方より詳述~
    
                                            です

★経済発展と低炭素社会の両立を可能とする効率的な輸送手段として、世界中で高速鉄道や
 都市鉄道の構想・計画が次々と動き出しており、我が国鉄道システムへの期待が高まっています。
 また鉄道システムの輸出については、アベノミクスの「3本目の矢」である新たな成長戦略
 (「日本再興戦略」)を支える重要な柱の一つとして位置付けられております。

★本セミナーでは、国土交通省より我が国鉄道システムの海外展開に向けた施策などから、
 次にサトーレイルウェイリサーチより最近のプロジェクト動向を踏まえた具体的な
 海外鉄道関連技術の売り込み方、そして日立製作所の方より鉄道事業のグローバル展開に
 至るまで、詳説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.我が国鉄道システムの海外展開に向けて

 国土交通省 鉄道局 技術企画課
 車両工業企画室 室長            中谷誠志 氏

 ※講演概要が決定致しましたら、随時アップさせて頂きます。

Ⅱ.海外鉄道関連ビジネスの最新動向と課題
 ~海外への鉄道関連技術・システム売り込みの課題~

 (株)サトーレイルウェイリサーチ 代表取締役
 (元)東日本旅客鉄道(株)           佐藤芳彦 氏

<講演要旨>
 脱石油、発展途上国の経済発展をキーワードに海外での鉄道案件が増えている。
  日本政府もODAで各国の鉄道整備を支援している。それらの鉄道案件の概要と日本の
  鉄道技術売り込みの課題について考察する。

 1.鉄道復権の背景
  (1)主な国の経済成長
  (2)世界の鉄道市場
  (3)市場規模
  (4)分野別需要予測
 2.海外の鉄道案件
  (1)主要国の援助実績
  (2)主なJICA案件
  (3)アジア市場の特徴
 3.海外と日本の鉄道技術
  (1)技術規制と技術基準
  (2)規格と市場
  (3)日本鉄道技術開発動向と世界
  (4)個々の技術の優位性と課題
 4.日本の鉄道技術売り込みの課題
  (1)ターンキープロジェクト
  (2)コストと技術移転
  (3)運営と保守
  (4)ビッグ3
  (5)日本企業
  5.今後の展望
  6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.世界鉄道市場への日立の鉄道事業グローバル展開

 (株)日立製作所 技監            鈴木 學 氏

<講義概要>
  世界鉄道市場は、環境問題・景気刺激策等の追い風を受けて、堅調に推移しているものの、
 大きく変貌を遂げています。
 英国市場等グローバル市場での取組みの経験を通して、このような市場の変化にどう対応
  すべきかについて発表します。

 1.変貌する世界鉄道市場の状況
  (1)公共投資としての巨大プロジェクト需要
  (2)欧州鉄道産業界の動向
  (3)中国メーカーの圧倒的な台頭
 2.鉄道技術の開発推移
  (1)日立の鉄道ビジネスの概要
  (2)鉄道技術の開発推移
 3.英国市場への挑戦
  (1)英国市場参入への取組み
  (2)英国高速電車「Class395」
  (3)英国都市間高速鉄道「Intercity Express Programme」(IEP)
  4.ビジネス・モデル変化への挑戦
  (1)ハードサプライヤーからシステム・インテグレイターへ
  (2)トータル・ソリューション・プロバイダーへの変身
 5.今後の取組み
  (1)インフラ・システム輸出への対応
  (2)現地生産への対応(更なるインサイダー化)
 6.まとめと質疑応答・名刺交換

 詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
   
   12月4日(水)開催

     『我が国鉄道システムの海外展開及び最近のプロジェクトからみる
      関連技術・システムの売り込み方、日立の鉄道事業グローバル展開』セミナー
            ~国土交通省、サトーレイルウェイリサーチ、日立製作所の方より詳述~
     
      http://www.tic-co.com/seminar/20131208.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

担当は高橋でした。

« 12月4日(水)開催『雷現象と雷害対策の基礎と実際』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年12月17日(火)開催『水素製造・貯蔵・輸送・利用技術と実証・研究開発の最新動向』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月4日(水)開催『雷現象と雷害対策の基礎と実際』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年12月17日(火)開催『水素製造・貯蔵・輸送・利用技術と実証・研究開発の最新動向』セミナーのご紹介! »