2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年10月23日(水)開催『MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法とトラブル対策』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年10月24日(木)開催『天然ガス・シェールガスからのGTLとDME・メタノール製造などに関する技術動向及び今後の展望』セミナーの再ご紹介! »

2013年10月17日 (木)

2013年10月24日(木)開催『金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策』セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2013年10月24日(木)開催

金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策』セミナー

http://www.tic-co.com/seminar/20131002.html

----------------------------------------

少し前の事となります。

真夏の熱帯夜から開放されて、朝晩が少しずつ過ごしやすくなっていた頃、

私の中で『茶碗蒸し』が小さなブームとなっておりました

茶碗蒸しと言っても、自分で作るのではなく、スーパーで黄色いプラスチックの容器に入って

売っている1個100円くらいの、エビとかカニとか松茸味などがあるアレです。

毎日1個づつ味を変えて、晩ご飯に食べておりました。

ある日、毎日100円のでは物足りなくなり、スーパーの棚の一つ上の段にあった

黄色ではなくて黒っぽいい容器に入ったちょっとお高めの松茸味を買ってみました。

今日は高いのを買ったので、きっといつもよりも美味しいはず

と家に帰って食べようと蓋をあけると、卵の黄色いどろどろが見あたりません。

だし汁ばかり入っていて、おかしいなーと思い、蓋をよ~く見ると

『松茸の土瓶蒸し』と書いてあるではないですか

あああっ もちろん土瓶蒸しも美味しかったですが、スーパーで購入した時から

頭の中と口の中が茶碗蒸しでいっぱいになっておりましたので、がっかりでした

それからもしばらく、茶碗蒸しブームは続きましたが、お高いのは買っていません。

----------------------------------------

本日も10月開催セミナーを再ご紹介します

 

2013年10月24日(木)開催

金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策』セミナー

 

☆金属の高信頼性にむけた耐食性の評価手法とは?
 試験・データからどのように腐食対策を進めるのか?

☆本セミナーでは、金属の腐食制御の基本となる腐食メカニズムから、事例を交えながら、
 耐食性評価方法と腐食対策について、実務経験豊富な東博士にわかりやすく解説頂きます!

 

◎講   師

   日鉄住金テクノロジー(株)
   尼崎事業所 材料評価部 上席主幹
   工学(機械)博士                  東 茂樹 氏

 

◎プログラム

Ⅰ.金属腐食のメカニズム
 1.金属の腐食形態 ~全面腐食と局部腐食の違い~
 2.湿潤腐食とガス腐食のメカニズム
  (1)アノード反応とカソード反応
  (2)電位-pH 図
  (3)分極曲線および酸化物自由エネルギー図の意味と見方
 3.局部腐食の種類とメカニズム
  (1)不動態とは?
  (2)孔食
  (3)すきま腐食
  (4)粒界腐食
  (5)応力腐食
  (6)水素脆性
  (7)ガルバニック腐食

Ⅱ.耐食性評価方法
 1.金属腐食の評価
  (1)顕微鏡観察
  (2)重量変化
  (3)腐食生成物
  (4)浸食深さ測定
  (5)腐食損傷材の調査・分析方法
 2.腐食試験の選定
  (1)腐食試験の目的と試験方法・条件の選定
  (2)腐食試験の限界
 3.腐食試験の種類
  (1)JIS など規格化された試験
  (2)曝露試験と模擬試験

Ⅲ.腐食対策
 1.耐食材料
  (1)耐食鋼
  (2)ステンレス鋼
  (3)非鉄合金
  (4)表面処理など
 2.環境制御
  (1)温度
  (2)化学成分
  (3)流速などの制御
 3.その他
  (1)電気防食
  (2)応力軽減
  (3)防食設計など

Ⅳ.質疑応答

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

----------------------------------------

2013年10月24日(木)開催

金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策』セミナー

http://www.tic-co.com/seminar/20131002.html

----------------------------------------

担当:浮田

« 2013年10月23日(水)開催『MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法とトラブル対策』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年10月24日(木)開催『天然ガス・シェールガスからのGTLとDME・メタノール製造などに関する技術動向及び今後の展望』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年10月23日(水)開催『MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法とトラブル対策』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2013年10月24日(木)開催『天然ガス・シェールガスからのGTLとDME・メタノール製造などに関する技術動向及び今後の展望』セミナーの再ご紹介! »