2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年12月5日(木)開催『プラントコストの見積り方法とコストコントロールの進め方』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年12月6日(金)開催『配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項』セミナーのご紹介! »

2013年10月25日 (金)

2013年12月6日(金)開催『蓄熱技術の理論と応用・システム展開』セミナーのご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

 2013年12月6日(金)開催

   -うまく熱を使いこなすための-
  『蓄熱技術の理論と応用・システム展開』セミナー
   ~蓄熱材及び蓄熱機能を有する機能性熱流体の特性から
   システムへの応用、適用ポイント、最近の蓄熱技術の開発動向まで~

    http://www.tic-co.com/seminar/20131203.html
  

-------------------------------------------------

今回は秋を代表する味覚、秋刀魚(さんま)を詠んだ句を選んでみました。

秋の刀の魚とは旬の季節、形、色をうまく表現しています。

脂の乗った秋刀魚を塩焼きにし、かぼすかすだちと大根おろしに醤油でいただくのが一番美味しいですね。

想像するだけで唾が出てきます。

江戸時代には季語とされておらず、大正時代から少しずつ登場し、戦後から多くの句が詠まれました。

では、俳句です。

  

           台風を覚悟のさんまくらひけり
         久保田万太郎(くぼた まんたろう)
                         (1889-1963)

  

       火だるまの秋刀魚を妻が食はせけり
           秋元不死男(あきもと ふじお)
                      (1901-1977) 

  

         秋刀魚焼く匂ひの底へ日は落ちぬ
            加藤楸邨(かとう しゅうそん)
                       (1905-1993)

  

        腹わたはどうも苦手や秋刀魚食ぶ
                      食ぶ=たぶ
             高木晴子(たかぎ はるこ)
                        (1915-2000)

  

        秋刀魚選り美貌を波の日に焼きぬ
                       選り=えり
           古舘曹人(ふるたち そうじん)
                      (1920-2010)

  

        秋刀魚食ふ顎より癒ゆる思ひかな
                        顎=あご
             成田千空(なりた せんくう)
                      (1921-2007)

  

         七輪を出せこの秋刀魚俺が焼く
             吉田汀史(よしだ ていし)
                        (1931-)
  

今回は5番目の

        秋刀魚選り美貌を波の日に焼きぬ

に最も惹かれます。

美味しそうな美形の秋刀魚を選んで焼いたのか、美人が秋刀魚を選んだのか、その両方なのか、受け手側に委ね
られています。

私は、美味しそうな秋刀魚を美人が海辺近くで買い、別荘で焼いている図が浮かびますが…。

皆さまはどのような図が浮かびますか。

私も詠んでみました。

  

         焼き秋刀魚食べ方美人皿きれい
                       白井芳雄

  

       浜で焼くなんとも美味し秋刀魚かな
                   美味し=うまし
                      白井芳雄 

***********************************************************************************************************
 
さて本日も、12月開催セミナーをご紹介

 2013年12月6日(金)開催

   -うまく熱を使いこなすための-
  『蓄熱技術の理論と応用・システム展開』セミナー
   ~蓄熱材及び蓄熱機能を有する機能性熱流体の特性から
   システムへの応用、適用ポイント、最近の蓄熱技術の開発動向まで~

です!

★うまく熱を使いこなすには?!

★本セミナーでは、蓄熱技術の基本となる各種蓄熱材の種類と蓄熱機能を有する機能性熱流体の特性ならび
 に具体例を含めたシステムへの応用、適用ポイントと、最近の技術開発動向、コスト・経済性などに至るまで、
 斯界の第一線でご活躍中の稲葉博士に詳しく解説頂きます。 
 

●講 師

 就実大学・就実短期大学 学長
 (株)岡山エコエネルギー技術研究所 代表取締役
 岡山大学 名誉教授
 (元)津山工業高等専門学校 校長
 工学博士                    稲葉英男 氏

 
●プログラム

Ⅰ.蓄熱技術の基礎

 1.環境親和型熱エネルギーとしての蓄熱技術
 2.熱エネルギー貯蔵(蓄熱)技術の概要
 3.熱エネルギー輸送(熱輸送)技術の概要

Ⅱ.蓄熱材の種類及びその分類・比較とシステムへの応用

 1.顕熱型
  ①顕熱型の特性と蓄熱メカニズム
   ~固体蓄熱材、液体蓄熱体、気体蓄熱体~
  ②システムの応用例
 2.潜熱型
  ①潜熱型の特性と蓄熱メカニズム
   ~無機系固液相変化、有機系固液相変化、気液相変化、固気相変化~
  ②システムの応用例
 3.濃度差型
  ①濃度差型の特性と蓄熱メカニズム
   ~吸収剤系、吸着剤系~
  ②システムの応用例
 4.化学型
  ①化学型の特性と蓄熱メカニズム
  ②システムの応用例

Ⅲ.熱エネルギー輸送技術と蓄熱機能を有する機能性熱流体の特性及びシステムへの応用

 1.熱輸送のメカニズム
 2.機能性熱流体(二次熱媒体)
  ①機能性熱流体(二次熱媒体)とは
  ②機能性熱流体の種類とその特性
   ~顕熱利用熱流体、相変化熱利用蓄熱流体~
  ③潜熱蓄熱機能を有する機能性流体の流動抵抗と熱伝達特性
 3.システムの応用例

Ⅳ.蓄熱技術・システムの応用・適用のポイント

 1.蓄熱システムの選定・設計のポイント
  ①選定における留意点
  ②計画上の要点と効率的設計
 2.蓄熱システムの技術課題と対応のポイント
  ①低コスト化のポイント
  ②高効率化への方策

Ⅴ.最近の蓄熱利用と技術開発動向

 1.蓄熱システムの導入状況と今後の市場性
 2.蓄熱材の技術開発動向
 3.機能性二次冷媒の技術開発動向

Ⅵ.質疑応答

詳しい内容、お申込みはこちらから。↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 2013年12月6日(金)開催

   -うまく熱を使いこなすための-
  『蓄熱技術の理論と応用・システム展開』セミナー
   ~蓄熱材及び蓄熱機能を有する機能性熱流体の特性から
   システムへの応用、適用ポイント、最近の蓄熱技術の開発動向まで~

    http://www.tic-co.com/seminar/20131203.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2013年12月5日(木)開催『プラントコストの見積り方法とコストコントロールの進め方』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年12月6日(金)開催『配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2013年12月5日(木)開催『プラントコストの見積り方法とコストコントロールの進め方』セミナーのご紹介! | トップページ | 2013年12月6日(金)開催『配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項』セミナーのご紹介! »