最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年2月19日(水)開催『メタノール・DMEとプロピレン製造に関する技術動向と事業など今後の展望』セミナーのご紹介! | トップページ | 2014年2月20日(木)開催『2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向』セミナーのご紹介! »

2014年1月20日 (月)

2014年2月20日(木)開催『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナーのご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

 2014年2月20日(木)開催

 『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナー

   http://www.tic-co.com/seminar/20140209.html

------------------------------------------------
昨日、またしても父のリクエストを受けて、昨年の秋、松茸と近江牛の食べ放題に行ったお店に今度は
冬限定の「豪華御膳」を食べに信楽まで車で行ってきました。

家から1時間30分位で到着する信楽。

時間的にはそう遠くない所なんですが、気候は全く違い、道が進むにつれて、どんどん雪深くなり初心者の
私は途中で怖気づいて彼氏に運転を代わってもらいなんとか目的地まで到着。

そこはもう、雪国でした。

Photo

この冬初めてこんなに雪を見たので、まるで遠くまで旅行に来たかのような気分になり、ちょっと得した気分。
(運転代わってもらったので、もう安心してウキウキでした

さて、今回注文した「豪華御膳」。予約した時に大体の内容は把握していましたが、いざ目の前に出てくると、
圧巻です。

先付け、刺身、近江牛の陶板焼き、鯛の姿舟盛り、フグと松茸の天ぷら、ずわいがに姿一匹盛り、サザエの
つぼ焼き、松茸土瓶蒸し…と、次から次へとお料理が出てきます。

お料理のご紹介!「舟盛り」「ずわいがに」です↓

Photo_9
Photo_10

でも私が一番気に入ったのは「近江牛の陶板焼き」。

Photo_12

陶板でしっかり焼いても、とっても柔らかくてジューシーで、最高に美味しかったです。

父は陶板焼きを食べ終えたぐらいで「もうおなかいっぱい。」と早々にリタイアしてしまったので、後のお料理は
私と彼氏の二人で頂くかたちになり、二人ともおなかがパンパン。

さすがに最後の上にぎりは食べることが出来ず、お土産に詰めて頂くことにしました。

帰りに近くの信楽焼屋さんへ足を伸ばしました。

タヌキさんも雪をかぶって寒そうでしたよ~。

Tanuki

こちらではコーヒーカップを買いました。

Koppu

美味しいお料理をおなかいっぱい食べて、雪も見れて、お土産もあって、ホントに楽しい週末プチ旅行でした。

しかし、信楽に行くたびに思うのですが、私、信楽のタヌキさんに徐々に似てきているような気が…。

特におなかのあたりが…。ぽこぽん。

-----------------------------------------------

さて本日も、2月開催セミナーをご紹介

 2014年2月20日(木)開催

 『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナー

です!

★本セミナーでは、晶析に関する基礎知識から、工業晶析における操作方法・条件と、各種晶析装置の
 種類・特徴及び攪拌のポイント、結晶品質制御、さらにスケールアップ、トラブルシューティングに
 ついて具体的な例を基に、斯界の第一線でご活躍中の須田講師にわかりやすく解説頂きます。

●講 師

 月島機械(株) 産業事業本部 プラント計画部 部長   須田英希 氏 

●プログラム

1.晶析の基礎

 1.1 溶解度、相図
 1.2 過飽和度
 1.3 核発生
 1.4 結晶成長

2.晶析方式とその特徴

 2.1 過飽和を作る方式の違い
  2.1.1 冷却方式
  2.1.2 濃縮方式
  2.1.3 貧溶媒(第3成分添加)方式
  2.1.4 反応方式
  2.2 操作方式の違い
  2.2.1 連続操作
  2.2.2 バッチ操作

3.晶析装置の種類と特徴

 3.1 攪拌槽型
 3.2 強制循環型
 3.3 オスロ型
 3.4 ドラフトチューブ型
 3.5 カランドリア型
 3.6 掻き取り型
 3.7 静止、付着型

4.晶析と攪拌の関係

 4.1 晶析装置の攪拌・混合方式の種類と選定
 4.2 攪拌状態と晶析への影響:核発生、結晶成長、破砕
 4.3 攪拌条件が及ぼす粒径への影響

5.結晶品質の制御

 5.1 結晶形状
 5.2 結晶純度
 5.3 粒度分布
 5.4 操作条件の影響
 5.5 不純物の影響

6.晶析装置のスケールアップ

 6.1 滞留時間
 6.2 過飽和度
 6.3 スラリー濃度
 6.4 チップスピード
 6.5 伝熱係数

7.トラブルと対策事例

 7.1 付着とスケーリング
 7.2 閉塞
 7.3 粒径、粒度分布
 7.4 固液分離操作への影響

8.質疑応答<適宜>
 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
 2014年2月20日(木)開催

 『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナー

   http://www.tic-co.com/seminar/20140209.html

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

本日担当工藤でした。

« 2014年2月19日(水)開催『メタノール・DMEとプロピレン製造に関する技術動向と事業など今後の展望』セミナーのご紹介! | トップページ | 2014年2月20日(木)開催『2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年2月19日(水)開催『メタノール・DMEとプロピレン製造に関する技術動向と事業など今後の展望』セミナーのご紹介! | トップページ | 2014年2月20日(木)開催『2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向』セミナーのご紹介! »