最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年2月20日(木)開催『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナーのご紹介! | トップページ | 2014年2月21日(金)開催『海洋・海底資源(石油・天然ガス等)開発産業の振興及び政策と技術開発動向・展望』セミナーのご紹介! »

2014年1月21日 (火)

2014年2月20日(木)開催『2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向』セミナーのご紹介!

----------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2014年2月20日(木)開催

2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向
~東芝の技術、酸素燃焼、膜、焼却灰利用、多孔質体、吸収材など~

 http://www.tic-co.com/seminar/20140210.html

----------------------------------------

昨日のブログを、カニ美味しそうだな~食べたいな~と思いながら読んでいたんですが、

今年のお正月休みに、京都の丹後半島へカニ旅行に行ったことを思い出しました。

20140102_175152

多すぎて細い部分は残しちゃいました
カニ味噌は苦手です

20140102_185016

シメはカニ出汁の雑炊

20140102_192920

カニ以外にもお造り、アワビ、お肉、盛りだくさんで、もう食べたくないカニなんて見たくもない

と思ってしまうほど堪能したのに、この2週間程で、すっかり忘れちゃってました(笑)

またカニ食べに行きたいです

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も2月開催セミナーのご紹介です

2014年2月20日(木)開催

2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向
~東芝の技術、酸素燃焼、膜、焼却灰利用、多孔質体、吸収材など~     セミナーです

★本セミナーでは、CO2の分離・回収とその応用・研究開発動向に焦点をあて、各種(東芝の技術、
 酸素燃焼、膜、焼却灰利用、多孔質体、吸収材)具体的な技術と最近の応用及び動向などについて、
 斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

◎プログラム

Ⅰ.CO2分離・回収システム技術

  (株)東芝 火力・水力事業部
  火力プラント技術部 CCS推進担当部長    鈴木健介 氏

 1.CO2分離・回収のニーズと現状
 2.主要なCO2分離・回収法と特徴
 3.東芝のCO2分離・回収技術開発
 4.CCSの動向と今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.酸素燃焼技術によるCO2回収の最近の動向

  (一財)石炭エネルギーセンター(JCOAL)
  技術開発部CCTグループ 係長         中村貴司 

 1.JCOALのご紹介
 2.酸素燃焼技術の概要
 3.カライド酸素燃焼プロジェクトの概要と近況
 4.JCOAL補完研究について
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.革新的超高CO2透過性分離膜の創製とCCSへの展開

  首都大学東京 都市環境学部
  分子応用化学コース 教授            川上浩良 氏

 1.CO2分離膜の現状と最近の開発動向
 2.CCSに求められるCO2分離膜の性能
 3.革新的超高CO2透過性分離膜の創製
 4.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.都市ごみ焼却施設におけるCO2有効利用・資源回収プロセスの開発

  Hitz日立造船(株) 技術開発本部
  開発企画部 開発戦略室 研究員        奥村 諭 氏

 1.ごみ焼却施設と開発プロセスの概要
 2.プロセスの要素技術検討
 3.ベンチスケールプラントの製作と連続試験
 4.まとめと課題
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.CO2ガス分離用多孔質体の作製

  東京工業大学 大学院理工学研究科
  材料工学専攻 助教                磯部敏宏 氏

 1.多孔質セラミックスによる分離のメカニズム
 2.多孔質セラミックスの開発動向
 3.界面科学的知見を利用したガス分離用セラミックス
 4.課題と今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅵ.固体型CO2吸収材の開発動向と高機能化とその応用の可能性について

  中央大学 理工学部 応用化学科 教授    大石克嘉 

 ※講演概要が決定致しましたら、随時アップさせて頂きます。

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2014年2月20日(木)開催

2014年 CO2分離・回収技術と応用・開発動向
~東芝の技術、酸素燃焼、膜、焼却灰利用、多孔質体、吸収材など~

 http://www.tic-co.com/seminar/20140210.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 2014年2月20日(木)開催『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナーのご紹介! | トップページ | 2014年2月21日(金)開催『海洋・海底資源(石油・天然ガス等)開発産業の振興及び政策と技術開発動向・展望』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2014年2月20日(木)開催『晶析の基礎から、操作・結晶品質制御とスケールアップ、トラブル対策』セミナーのご紹介! | トップページ | 2014年2月21日(金)開催『海洋・海底資源(石油・天然ガス等)開発産業の振興及び政策と技術開発動向・展望』セミナーのご紹介! »