最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年2月6日(木)開催『2014年 活性炭の技術開発動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年2月7日(金)開催『ガスタービン及びその材料・発電設備の余寿命評価と点検・補修・改善技術など経年劣化対策』セミナーの再ご紹介! »

2014年1月29日 (水)

2014年2月6日(木)開催『技術者のための原価・経理・採算性の知識』セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------
☆本日再ご紹介セミナー☆

2014年2月6日(木)開催

技術者のための原価・経理・採算性の知識』   セミナー

    http://www.tic-co.com/seminar/20140213.html

----------------------------------------

私、基本的に海外サッカーは見ないので、Jリーグのシーズンオフ中はすごく退屈です

長い長いお休み期間。しかしあと3日で1月は終わります

2月には、22日に「FUJI XEROX SUPER CUP」があります。

「2013年度リーグ優勝の広島」VS「天皇杯優勝の横浜」です。

もちろん、西の者として広島を全力で応援致しますよ~

そして、25日からは「AFC CHAMPIONS LEAGUE(アジアチャンピオンズリーグ)」の

グループリーグが始まります日本からは、広島・横浜・川崎・セレッソの4チーム。

セレッソの初戦は、昨年Kリーグ優勝の韓国チームとアウェイでの対戦となります。

勝ってもらいたいですが、開幕直前での怪我が怖いので、あまり無理しないで

ほしいのが本音です・・・

3月1日からは、2014シーズン開幕となります~

今年のセレッソは、昨年活躍した選手の残留と大物海外選手と契約、長居スタジアム

命名権がヤンマーに決まったり(ヤンマースタジアム?)と、良い感じです

春が待ち遠しいな~

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も2月開催セミナーの再ご紹介です

2014年2月6日(木)開催

技術者のための原価・経理・採算性の知識』   セミナー

★企業の成長を担うこれからの技術者にとって、原価・経理・採算性の知識を十分に理解し、
 自己の役割・価値を高めることが必要不可欠である。
★本セミナーでは、技術者のために、“今すぐ役に立つ”原価・経理・採算性の基礎知識と
 具体的な実務への活かし方について、経験豊富な青柳講師に計算学習を交えわかりやすく
 解説頂きます。
 ※電卓あるいは計算機能のあるスマホをご持参下さい。

●講 師 専修大学 大学院 商学科講師(原価計算論担当)
      エーキューブコンサルティング パートナー
      (社)国際会計コンソーシアム 理事
      税理士 中小企業診断士 システム監査技術者     青柳六郎太 氏

 <講師紹介>
 1970年、早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒業(経営学専攻)。
 1970年~、日本電気(株)入社、
 上席業務コンサルタントとして民需業種コンサルティング事業担当。
 2001年~、専修大学大学院商学科原価計算講座、講師、客員教授就任。
 2006年、日本電気(株)退職、ファイルースコンサルティング設立。
 【税理士、中小企業診断士、システム監査技術者、公認内部監査人、IFRSCERTIFICATE】

 <著書(共著)>
 「キャッシュフロー経営ERP活用ガイド」日本工業新聞刊。
 「ERP活用による経営改革の秘訣」リックテレコム刊。
 「キャッシュフロー生産管理」同友館刊。

●プログラム

Ⅰ.これからの技術者のために必要な経営管理コンセプト

 1.企業価値向上のための生産活動の成功要因
 2.なぜ技術者に経理知識が必要とされるのか?

Ⅱ.技術者に最低限必要な企業業績と財務構造の情報知識

 1.貸借対照表(バランスシート=B/S)情報の意味
  (1)資産の種類
  (2)資金調達の種類と機能的な差異(負債と資本)
 2.損益計算書(P/L)情報の意味
  (1)収益性の視点
   財務会計から~売上総利益、営業利益、経常利益、税引前利益、税引後利益~
   管理会計から~貢献利益、生産LTあたりの貢献利益
 3.キャッシュフローの意味

Ⅲ.技術者のための製造原価情報の意味

 1.製造原価を見る視点
  (1)生産資源から見た原価の種類
  (2)生産プロセスから見た原価の視点
  (3)顧客価値から見た原価の構成
  (4)操業度から見た原価の特性
 2.原価要素の種類
  (1)開発・設計費  (2)材料費  (3)設備費  (4)労務費  (5)外注費  (6)間接費
 3.技術者が知っておくべき原価計算の手順
  (1)材料費計算
  (2)工程の付加価値計算
  (3)製品の完成度に応じた製造原価計算
  (4)製造間接費の製品への原価配賦プロセス
 4.製造原価報告書の情報価値

Ⅳ.採算性評価や改善意思決定を誤らないための実践的な手法
  (簡単な計算学習をしていただきます)

 1.生産プロセスの速度向上と採算性貢献評価
 2.制約理論と活用
 3.材料、仕掛、製品在庫日数短縮と資金繰り改善
 4.製品構成を再検討するための製品利益速度(TM)の活用
 5.製品の採算性判断を誤らないための製造間接費の配賦プロセス
 6.原価の目標・予算と実績のギャップ分析と部門責任明確化の管理手法
 7.部門間、グループ会社間の内部取引価格適正化手法
 8.工場間連携生産における連結原価の必要性
 9.為替変動の採算性へのインパクトとマネジメント
 10.表面では赤字でも、受注した方が有利な場合の貢献利益概念
 11. 内作と外製の有利不利を誤らないための原価計算
 12.外注費はどこまで値下げさせられるか
 13.設備投資案の採算性評価手法
 14.品質原価管理
 15.原価改善、原価企画のために必要な原価情報の収集方法

Ⅴ.質疑応答

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2014年2月6日(木)開催

技術者のための原価・経理・採算性の知識』   セミナー

    http://www.tic-co.com/seminar/20140213.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 2014年2月6日(木)開催『2014年 活性炭の技術開発動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年2月7日(金)開催『ガスタービン及びその材料・発電設備の余寿命評価と点検・補修・改善技術など経年劣化対策』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2014年2月6日(木)開催『2014年 活性炭の技術開発動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年2月7日(金)開催『ガスタービン及びその材料・発電設備の余寿命評価と点検・補修・改善技術など経年劣化対策』セミナーの再ご紹介! »