最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年2月21日(金)開催『海洋・海底資源(石油・天然ガス等)開発産業の振興及び政策と技術開発動向・展望』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年4月10日(木)開催『圧力容器の強度評価と設計技術・規格基準』セミナーのご紹介! »

2014年2月18日 (火)

2014年2月21日(金)開催『LNG利用における設備・装置の動向及びシェールガスなどへの対応と技術展望』セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------
☆本日再ご紹介セミナー☆

2014年2月21日(金)開催

LNG利用における設備・装置の動向及び
       シェールガスなどへの対応と技術展望

 ~FSRU/RV(SRV)、液化プロセスと
   冷媒コンプレッサー・駆動機、LNG受入基地など~   セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20140217.html

----------------------------------------

先週末、姪っ子のために雛人形を引っ張りだしてきました~

飾るのは数年ぶりになるので、三人官女と五人囃子を並べる

段を間違えたり、持たせる小道具に悪戦苦闘しました

20140208_144344

お人形って、見た目(特に目)や扱いが結構怖いですよね・・

20140208_144405

顔(頭)取れちゃったらどうしようとビクビクしながら作業していたら、

思ったより時間が掛かってしまって、10時から始めたのに片づけの頃には

15時を過ぎちゃってました~

昼間だと華やかな感じで大丈夫ですが、暗くなる夕方からは雰囲気だけで

ホラーを感じるので、怖くて電気を点けてても近付けません

3月3日が過ぎるまで毎日夜が長く感じそうです

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も2月開催セミナーの再ご紹介です

2014年2月21日(金)開催

LNG利用における設備・装置の動向及び
       シェールガスなどへの対応と技術展望

 ~FSRU/RV(SRV)、液化プロセスと
   冷媒コンプレッサー・駆動機、LNG受入基地など~   セミナー

★本セミナーでは、午前中に従来型の陸上LNG受入基地の代替として、世界中で
 計画・建設が相次いでおり、既にいくつかは実際に操業が開始されている浮体式
 LNG貯蔵再ガス化設備【FSRU:Floating Storage & Regasification Unit】と、ガス化
 設備付LNG船【RV(SRV):Re-gasification Vessel, or Shuttle RV】の開発動向・展望
 について、商船三井の佐々木講師より、午後からは、在来型ガスの液化とは違う
 技術の適用も検討しなければならない
 シェールガス液化などにおける技術・装置と、シェールガス等組成・比重が異なる
 LNGをどのように受け入れ、管理していくかが課題となっている受入基地の設備
 技術と今後の対応について、日揮の大村講師、神谷講師に、それぞれ詳説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.FSRU/RVの開発動向と展望

  (株)商船三井 LNG船部
  海洋事業室 室長代理             佐々木一也 氏

 1.FSRU/RV(SRV)とは
 2.世界の主要なFSRUプロジェクト
 3.FSRU/RV(SRV)の特徴
 4.LNG再ガス化方式と最近の開発動向
 5.FSRU/RV(SRV)事業の動向と展望(商船三井の取組みを含め)
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.シェールガスなど新型ガス田に適用するLNG技術と装置
 ~シェールガスなどLNG液化プラントの動向、
  冷凍コンプレッサー・駆動機の動向等~

  日揮(株) 第1プロジェクト本部
  LNGプロジェクト部 DSLNG Projectチーム
  プロジェクトマネージャー             大村公寿 氏

 1.新型ガス田の特徴(シェールガスを含む天然ガス性状の違い)
  ~装置へのインパクトは何か?~
 2.シェールガスなど新型ガス田液化プロジェクトと液化工程の動向
  ~主要なプロジェクトの動き、液化プラントフローと求められる技術・装置~
 3.冷媒コンプレッサー・駆動機の動向
  ~工業型と航空機転用型~

 4.中小ガス田向け液化プラント動向と対応
 5.モジュール工法の紹介
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.LNG受入基地の設備構成・技術とシェールガス等への対応

  日揮(株) チーフエンジニア
  第3プロジェクト本部 プロジェクト第2部    神谷篤志 氏

 1.日本のエネルギー状況
  ・1次エネルギー
  ・LNG輸入量
  ・エネルギー産業の今後の動向他
 2.日本のLNG受入基地
  ・現状と将来
 3.基本フローと設備構成
  ・設計上のポイント他
 4.主要設備
  ・LNGタンク
  ・LNG気化器
  ・LNGポンプ他
 5.トラブル事例
  ・材料トラブル
  ・ロールオーバ事故
  ・フランジリーク対策他
 6.今後の主要課題(シェールガス対応等)
  ・LNG船大型化対応
  ・シェールガス・CBM LNG対応
  ・新技術他
 7.安全操業と地震津波対策
  ・人材育成とナレッジマネジメント
  ・津波被害と対策他
 8.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2014年2月21日(金)開催

LNG利用における設備・装置の動向及び
       シェールガスなどへの対応と技術展望

 ~FSRU/RV(SRV)、液化プロセスと
   冷媒コンプレッサー・駆動機、LNG受入基地など~   セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20140217.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 2014年2月21日(金)開催『海洋・海底資源(石油・天然ガス等)開発産業の振興及び政策と技術開発動向・展望』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年4月10日(木)開催『圧力容器の強度評価と設計技術・規格基準』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年2月21日(金)開催『海洋・海底資源(石油・天然ガス等)開発産業の振興及び政策と技術開発動向・展望』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年4月10日(木)開催『圧力容器の強度評価と設計技術・規格基準』セミナーのご紹介! »