最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年4月17日(木)開催『エンジニアのための設備コストの見積法入門』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年4月18日(金)開催『CCS(分散型CCS含む)とCO2輸送・貯留(EOR含む)に関する研究開発及び装置・材料・技術などの動向』セミナーの再ご紹介! »

2014年4月 3日 (木)

2014年4月17日(木)開催『LNG船及びLNG燃料船における課題への対応・取組み及び求められる技術開発とエンジン・設備技術などの動向』セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------

 ★本日再ご紹介セミナー★

       2014年4月17日(木)開催
   『LNG船及びLNG燃料船における課題への対応・取組み及び
    求められる技術開発とエンジン・設備技術などの動向
』セミナー

     http://www.tic-co.com/seminar/20140416.html

---------------------------------------------
以前お伝えしましたダイエット企画のランニングですが、なんとか続いていますよ

週3日以上は必ず走る!と意気込んでいましたが、最近はやっぱり週1、2回になってしまっていますが・・

昨日も友人と夜8時頃から集合して、ランニングがてら大阪城の夜桜を見に行ってきました

いつも大阪城の夜は、ほとんどランニングかウォーキングをしている人達だけなんですが、

昨日の夜はすごい人でした  それに屋台もたくさん出ていて、花見をされている人達でいっぱいでした

私たちもランニングを中断して、桜と大阪城の写真を必死にパシャリ!パシャリ!

Attachment02 Attachment01 Attachment00

どうですか~?このライトアップされた大阪城と桜のコラボレーション

すごくキレイでした

でも、今日の夕方くらいから雨が降ってしまうみたいですねー 桜散ってしまうのかな~

1日でも長く桜の見れる日が続いて欲しいですね~

---------------------------------------------

さて、本日も4月開催セミナーを再ご紹介
   
  2014年4月17日(木)開催
 『LNG船及びLNG燃料船における課題への対応・取組み及び
  求められる技術開発とエンジン・設備技術などの動向
』セミナー

                                            です

★世界的なLNG需要増と、船舶の排出規制強化などから、LNG船及びLNG燃料船の導入拡大が進む見込みです。

★本セミナーでは、LNG船及びLNG燃料船における課題とその対応・取組み、ならびに求められる技術開発及び
 エンジン・設備技術などの動向・展望などについて、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.LNG船に求められる技術対応と日本郵船LNG船事業の拡大化・課題への取組み

                                日本郵船(株)
               LNGグループ LNG計画船チーム
                      チーム長 佐藤秀彦 氏

 東日本大震災、シェールガス革命等によって近年、LNGへの社会的関心は高まっている。
 今後、更に主要なエネルギーとして位置づけられるであろうLNG。
 その現状及び今後の需要動向、高度の技術力が集約されたLNG船に求められる技術力、
 それらを含めた日本郵船のこれまでのLNG船事業戦略及び今後の展望について説明する。

Ⅱ.LNG燃料船の検討と課題

                                                          川崎汽船(株)
            技術グループ プロジェクト・エンジニアリング室
                                                     室長 池田真吾 氏

  船舶からのGHG排出規制やSOx、NOx規制の対応として期待されるLNG燃料船について、
  運航者からの検討事例やその課題を紹介します。

 1.LNG燃料船の現況
 2.LNG燃料船の検討(運航者の視点より)
 3.LNG燃料船の技術課題
 4.まとめ
  5.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.LNG燃料船など、舶用エンジンシステムのIMO III対応技術
 ~LNG船及びLNG燃料船用ガスエンジン・ディーゼルエンジンシステムなどの
  開発動向・比較と高性能化への課題と技術展望~

                                            (株)GDEC 代表取締役
                Gas & DieselEngine Consultant 安枝信次 氏

 1.LNG燃料船向けガスエンジンの動向
 2.ディーゼルエンジンにおける排ガス対応技術の特徴と課題
 3.ガスエンジンの特徴と課題
  (1)ディーゼルエンジンとの特性比較
  (2)ガスエンジンの種類と得失
  (3)舶用化に向けた技術課題
 4.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.船舶・洋上LNG設備(GEMS)の開発
 ~LNG船、LNG燃料船などに関する設備技術~

                            三菱重工業(株) 交通・輸送ドメイン
                        船舶・海洋事業部 エンジニアリング部 
                                    2グループ 主任 金子秀明 氏

                              三菱重工業(株) 交通・輸送ドメイン
                         船舶・海洋事業部 エンジニアリング部 
                                                    主席技師 岡 勝 氏

 1.エンジニアリング事業について
   当社エンジニアリング事業、及びLNGへの展開への中核を占める
   MHI-GEMSの製品、サービスについて紹介します。
 2.MHI-GEMSの紹介
   GEMSが対象とするガス取扱設備について、LNG舶用燃料化の
   LNGサプライチェーンの洋上化への世界的な動きを交えて紹介します。
 3.高圧ガス燃料供給設備について
   LNG舶用燃料化において、大型商船にもっともふさわしいシステムである
   ガス噴射型ディーゼル主機の高圧ガス供給設備について、
   当社の運用実績をもとに紹介します。
 4.洋上LNG設備への展開について
   洋上LNG受入基地(=FSRU)用の再ガス化設備であるMORVシステムの
   紹介と、サプライチェーンの洋上展開への
展望を示します。
 5.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
   
     2014年4月17日(木)開催
   『LNG船及びLNG燃料船における課題への対応・取組み及び
    求められる技術開発とエンジン・設備技術などの動向
』セミナー

     http://www.tic-co.com/seminar/20140416.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は谷口でした。

« 2014年4月17日(木)開催『エンジニアのための設備コストの見積法入門』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年4月18日(金)開催『CCS(分散型CCS含む)とCO2輸送・貯留(EOR含む)に関する研究開発及び装置・材料・技術などの動向』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年4月17日(木)開催『エンジニアのための設備コストの見積法入門』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年4月18日(金)開催『CCS(分散型CCS含む)とCO2輸送・貯留(EOR含む)に関する研究開発及び装置・材料・技術などの動向』セミナーの再ご紹介! »