最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 書籍『食品素材のナノ加工を支える技術』のご紹介! | トップページ | 書籍『メンタル医療』のご紹介! »

2014年4月24日 (木)

2014年6月19日(木)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーのご紹介!

---------------------------------------------

 ★本日ご紹介セミナー★

  2014年6月19日(木)開催

  ~配管設計40余年での経験から解説、
テキスト用配布資料は200ページ以上!!~
『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナー
  
http://www.tic-co.com/seminar/20140603.html
   

---------------------------------------------
またまた美味しいものを見つけましたので、ご報告させて頂きます

先日、すごく久しぶりに大阪のオシャレ?個性的?な街、堀江に行ってきました

堀江は心斎橋や難波ほど人が多くなくて、ゆっくりお買い物が出来るので、好きなんですが、

お値段が高いんです・・その日も可愛いクツを見つけたんですが、高くて諦めました・・

駅で言うと、地下鉄四つ橋線の「四ツ橋」駅か長堀鶴見緑地線の「西大橋」が近いようです

さてさて、本題ですが、今回はその堀江でとっても美味しい「フレンチトースト」の専門店に行ってきました

お店の名前は「ジャムズフレンチトーストカフェ」
S_000g1 Attachment01_1

私が今まで食べたフレンチトーストの中で1番美味しかったんです

ここはパンをアパレイユ(粉、卵、バターなど数種類の材料を下準備として混ぜ合わせた液状の生地のこと)

に24時間も浸しているそうで、それをまた時間をかけて丁寧に焼き上げます

甘さ控えめな軽い自家製生クリームや北海道産バターをたっぷり使用するなど、素材にもこだわっているような事が書かれていました

外側はさくさくパリパリしていて、

中はすごくジューシーでたまご等の味がすごく染み込んでいてプリンに近い感じ

それにバニラアイスと生クリーム、いちご等と一緒につけて食べると、もう私の1番望んでいる感じでした

カロリーすごそうで怖いですが・・

もう1度わざわざ堀江まで足を運んでも食べに行きたいと思えるフレンチトーストでした

---------------------------------------------

さて、本日は6月開催セミナーをご紹介
   
2014年6月19日(木)開催

  ~配管設計40余年での経験から解説、
テキスト用配布資料は200ページ以上!!~
『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナー
                                            です

★本セミナーでは、配管設計業務の留意点から、具体的な仕様書・ローディングデータの作成及び配管計画における
 ポイントと各種要点(熱応力、耐震設計、材料特性、配管材の購入、埋設配管、消火設備配管、モジュール配管、
 現地設計)および、配管見積作業に至るまで、実務経験豊富な今井講師に詳説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.配管設計業務の概要と留意点

 1.配管設計の特性と配管設計者に求められる資質
   Key word: プラントエンジニアリングは有機的結合体である。
 2.配管設計業務フローと関連業務フロー
   Key word: 配管設計は無から有を生み出す
  3.PLOT PLANの役割と注意すべき点
   Key word: 総合力がわかる
  4.プロセス設計との関わり
   Key word: プロセス説明書は転ばぬ先の杖
 5.機器配置図の役割
   Key word: 機器配置Study は敵を知ることになる。
 6.配管計画の役割
   Key word: 昔は人、今は設計標準
 7.3D CAD利用
   Key word: 3D CADは段取りが勝負、物の納期は工事ではなく配管設計工程で決める。
 8.配管サポート計画
   Key word: 意外な落とし穴に気をつける

Ⅱ.配管設計の要素技術

 1.仕様書の作成ポイント
  (1)配管設計基準
   内容:配管設計の守るべき原則には必ず根拠があり、その根拠を理解して頂く。
  (2)配管材料基準
   内容:配管設計基準と両輪となる重要な基準書であり、基準書に隠された技術的内容の説明。
       バルブの規格選定がコストダウンにつながる。
 2.ローディングデータの作成ポイント
   (1)機器L/D
   ~機器据え付けは機器L/Dで行えるように~
  (2)パイプラックL/D
   ~事前に決めておく事項、配管荷重の取り方~
  (3)架構L/D
   ~事前に決めておく事項、床排水、床高さ~
   ~床材の選択、床耐荷重の周知、設計基準レベルの統一~
  (4)コンプレッサー建屋・基礎L/D
   ~基礎形状の注意点~
  (5)パイプサポートL/D
   ~ペービングと独立基礎の経済性~
 3.配管計画のポイント
   (1)Tower廻り計画
  (2)熱交廻り計画
  (3)ドラム廻り計画
  (4)ポンプ廻り計画
  (5)加熱炉廻り計画
  (6)パイプラック配管計画
  (7)高温スチームタービン廻り
  (8)エアーフィンクーラー廻り
  4.熱応力の基礎理論
  (1)許容応力は引張応力の1/3
   (2)許容応力範囲の基礎
  (3)高圧ガス、JPI, ASMEの違い
  5.耐震設計
   ~耐震設計と熱応力のマッチング~
 6.材料の特性
   ~ネルソンカーブとNACE規格、ステンレス鋼の知っておくべき特性~
 7.配管材の購入
   ~個別仕様書の作成ポイント、高圧ガス保安法による材料規制と検査規制、
    Flange face面を侮らない~
 8.埋設配管
   ~設計工程、径路の優先順位~
 9.消火設備配管
   ~Fire water main grid 配管、散水配管~
 10.モジュール配管の実際
   ~パイプラックモジュール計画、Tower周りモジュール計画~
 11.現地設計
   ~スチームブロー計画、Flushing計画~

Ⅲ.配管見積作業概要

 1.概略法
 2.詳細積み上げ法
 3.精査方法

Ⅳ.質疑応答

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
   
  ★本日ご紹介セミナー★

  2014年6月19日(木)開催

  ~配管設計40余年での経験から解説、
テキスト用配布資料は200ページ以上!!~
『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナー
  
http://www.tic-co.com/seminar/20140603.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は谷口でした。

« 書籍『食品素材のナノ加工を支える技術』のご紹介! | トップページ | 書籍『メンタル医療』のご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 書籍『食品素材のナノ加工を支える技術』のご紹介! | トップページ | 書籍『メンタル医療』のご紹介! »