2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年6月12日(木)開催『2014年度 地熱発電の開発技術動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月13日(金)開催『海洋エネルギー発電の技術開発と最新動向』セミナーの再ご紹介! »

2014年6月 2日 (月)

2014年6月13日(金)開催『噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践』セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------

 ★本日再ご紹介セミナー★

  2014年6月13日(金)開催
『噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践』セミナー
~噴霧乾燥の原理から装置の計画、運転操作、省エネ、トラブル対策まで~

http://www.tic-co.com/seminar/20140604.html

---------------------------------------------
暑い日が続いていますね~

この土日は真夏のような暑さで、熱中症の方が救急車で運ばれるようなニュースをたくさん見て、驚きました

私はこのお休みはお天気が良いので、どこか東の方面へドライブに行こうと思い、

久しぶりに三重県にある伊勢神宮へお参りに行ってきました~

内宮と外宮の両方へお参りに行ってきましたが、この日もすごい暑さで、汗がダラダラと流れていました

私は日焼け止めは持参していましたが、日傘を忘れてしまい肌がじりじりと日焼けしているのを実感

そろそろ日傘が必需品の季節になってきましたねー
Securedownload1_3

お寺へお参りも良いですが、私のメインは内宮の周りにある「おかげ横丁」です

Securedownload1

様々なお土産屋さんやカフェ、食べ物屋さんがたくさんあって、ブラブラしているだけで、とても楽しいです

コロッケやかき氷、天ぷらなど色々食べ歩きしてきました
Securedownload1_2_2

この写真は今やどこにでも見かけるあの「赤福」の本店です  
赤福は購入せず前を通りかかっただけですが・・

暑くて暑くて少し歩き疲れましたが、お天気が良くドライブ中の景色もキレイで良かったです~
次はどこへドライブに行こうかな~

---------------------------------------------

さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介
   
 2014年6月13日(金)開催
『噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践』セミナー

~噴霧乾燥の原理から装置の計画、運転操作、省エネ、トラブル対策まで~

                               です

★本セミナーでは、噴霧乾燥の原理・目的から、噴霧乾燥装置における液体微粒化・装置計画のポイントと、運転操作及び
 省エネ・トラブル対策・メンテナンスなどについて、斯界の第一線でご活躍中の武谷講師に詳説頂きます。

●講 師              大川原化工機(株)
                  エンジニアリング部 設計グループ 
                                        係長 武谷三男 氏

●プログラム

Ⅰ.噴霧乾燥法の原理と目的

 1.乾燥の基礎式
 2.水分を取り除く“乾燥プロセス”として
  3.製品作り“粒子づくり”の観点から
  4.フローと装置の基本型
 5.最新の技術動向

Ⅱ.噴霧乾燥装置

 1.液体の微粒化
  (1)各種の液体微粒化装置
  (2)回転式(ディスク式)アトマイザー
   (3)圧力ノズル式
  (4)二流体ノズル
   (5)特殊ノズル――加圧二流体ノズル
           ――TJノズル
  2.乾燥装置の計画における留意点
  (1)概略熱収支および物質収支―処理量;装置能力
  (2)乾燥条件と製品に与える影響―出入り口温度と風の流れ
   (3)目的とする乾燥の最適条件の求め方
   ①微粒化装置の決定
   ②乾燥温度の検討
   ③フローの検討
   ④補助設備、付帯設備の検討
  (4)製品特性に合った形状の乾燥室とは
   (5)乾燥テストとその評価法

Ⅲ.スプレードライヤの運転操作

  (1)製品粒子径をコントロールするには
 (2)製品水分をコントロールするには
 (3)製品の嵩密度をコントロールするには
 (4)原液処理量をコントロールするには
 (5)乾燥室壁への付着を減らすには

Ⅳ.噴霧乾燥操作における省エネルギー対策

 1.前工程での省エネルギー対策
  ~濃縮操作、液調整操作、殺菌操作~
 2.乾燥時の熱効率向上による省エネルギー対策
  (1)熱風温度と湿度の調整
  (2)排熱風量の軽減(排熱風の循環利用)
  (3)乾燥条件の制御
 3.熱源の工夫による省エネルギー対策
 4.熱回収による省エネルギー対策

Ⅴ.噴霧乾燥におけるトラブル対策

 1.乾燥能力・製品品質に関するトラブル
  2.操作上のトラブル
  3.装置のトラブル
  4.災害事例と防止対策
  (1)可燃性ガスの爆発・火災
  (2)粉じん爆発
  (3)ガス中毒、酸素欠乏
  (4)乾燥機への巻き込み、漏電

Ⅵ.日常のメンテナンス、保守・管理

Ⅶ.質疑応答

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
  
 

2014年6月13日(金)開催
『噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践』セミナー

~噴霧乾燥の原理から装置の計画、運転操作、省エネ、トラブル対策まで~

http://www.tic-co.com/seminar/20140604.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は谷口でした。

« 2014年6月12日(木)開催『2014年度 地熱発電の開発技術動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月13日(金)開催『海洋エネルギー発電の技術開発と最新動向』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年6月12日(木)開催『2014年度 地熱発電の開発技術動向』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月13日(金)開催『海洋エネルギー発電の技術開発と最新動向』セミナーの再ご紹介! »