最近の記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2014年6月17日(火)・18日(水)開催『バイオマス発電における装置・設備技術と事業展望&バイオマス発電プラントの腐食機構と防止対策の実際』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月19日(木)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーの再ご紹介! »

2014年6月 6日 (金)

2014年6月18日(水)開催『焼結(焼成)技術の基礎から新しい技術と実践活用』セミナーの再ご紹介!

------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

 2014年6月18日(水)開催

 『焼結(焼成)技術の基礎から新しい技術と実践活用』セミナー
  ~成形・焼結の各種原理・応用から、
  プラズマ、マイクロ波、粉末積層造形(3D)など新しい焼結・造形技術、
  雰囲気・真空焼結炉の仕様決定の留意点、省エネ、トラブル対策まで~

   http://www.tic-co.com/seminar/20140607.html

------------------------------------------

夏の季語に「鹿の子(かのこ、しかのこ)」「子鹿(こじか)」があります。

鹿は5月、6月の初夏に産まれることが多く、そこから夏の季語になったようです。

一度に生まれるのはほとんど一匹で、草の茂みに産み落とされ、はじめは雄も角がありません。

大きな目は可愛く、体には鮮やかな白い斑があり、その斑が保護色になり危害から逃れることもあります。

斑点が散在する様を鹿の子斑(かのこまだら)と呼び、絞り染めの「鹿の子絞り(かのこしぼり」とか「鹿の子編み」、和菓子の「鹿の子餅」、植物の「鹿の子百合」とかにその名が用いられています。

今回はそんな「鹿の子」「子鹿」を詠んだ句を選んでみました。

また、ただ単に「鹿」と言えば秋の季語になります。

では俳句です。

  

                       春日野や若紫のそうがのこ
                       北村季吟(きたむら きぎん)
                               (1625-1705)

  

                      八九間鹿の子見送る林かな
                            八九間=はっくけん
                           加舎白雄(かや しらお)
                                (1738-1791)

  

                     焼芝の月に遊べる鹿の子かな
                        嶋田青峰(しまだ せいほう) 
                                (1882-1944)

  

                 神の瞳とわが瞳あそべる鹿の子かな
                                   瞳=め
                           原石鼎(はら せきてい)
                                 (1986-1951)

  

                     風吹くと鹿の子の瞳ものをいふ
                                瞳=ひとみ
                       三橋鷹女(みつはし たかじょ)
                                 (1899-1972)

  

                  つぶら眼を飛燕のさそひ鹿の子立つ
                              飛燕=ひえん
                         皆吉爽雨(みなよし そうう)
                                (1902-1983)

  

                       仔鹿ゐて泉に青き夕来たる
                                仔鹿=こじか
                       野澤節子(のざわ せつこ)
                                (1920-1995)

鹿の子を詠んだ句は瞳を詠んだものが多くあります。

その中でも今回は4番目の

                神の瞳とわが瞳あそべる鹿の子かな

に最も惹かれます。

神の使いとも言われる純真無垢な瞳と、時には人をつついたり、いたずらをする瞳、また、物や音に怯え、たよりなげな瞳をする鹿の子に、多感な自分を重ねて詠んでいるように思えます。

私も詠んでみました。

  

                寄せる波じゃれる鹿の子の瞳笑み
                         瞳笑み=ひとみえみ
                               白井芳雄

  

                 横座り決める大社の鹿の子かな
                               白井芳雄

***********************************************************************************************************

さて本日も、6月開催セミナーを再ご紹介

 2014年6月18日(水)開催

 『焼結(焼成)技術の基礎から新しい技術と実践活用』セミナー
  ~成形・焼結の各種原理・応用から、
  プラズマ、マイクロ波、粉末積層造形(3D)など新しい焼結・造形技術、
  雰囲気・真空焼結炉の仕様決定の留意点、省エネ、トラブル対策まで~

です!

★本セミナーでは、焼結品(粉末冶金製品)の成形・焼結技術に焦点をあて、各種の基本的な原理から応用及びプラズマ、マイクロ波、粉末積層造形(3D)など新しい技術の詳細と、雰囲気焼結炉、真空焼結炉の特徴・仕様要件決定の考え方ならびに省エネ・トラブル対策に至るまで事例を交え、斯界の最前線でご活躍中の三浦氏、植田氏、本郷氏に詳しく解説頂きます。

●講 師

  九州大学大学院工学研究院機械工学部門 教授
  工学府ものづくり工学教育研究センター長
  (一社)粉体粉末冶金協会 会長                   三浦秀士 氏

 
   <委員・学会活動等>
  (一社)日本鉄鋼協会 理事、創形創質工学部会・部会長、
  (一社)日本機械学会 フェロー、機械材料・材料加工84期部門長、
  American Powder Metallurgy Institute, Member of Program Committee
  Asia Powder Metallurgy Association, Member of International Committeeなど。

●講 師

  (株)ファインシンター
  開発生技部 開発室 室長                     植田義久 氏

●講 師

  (株)ファインシンター
  開発生技部 開発室 1G グループ長              本郷淳一 氏

●プログラム

1.粉末冶金とは

2.新しいプレス成形技術

 2.1 CNC粉末成形
 2.2 温間成形

3.バインダを利用した成形技術

 3.1 金属粉末射出成形(MIM)
 3.2 超音波粉末成形

4.静水圧成形技術

 4.1 冷間静水圧成形(CIP)
 4.2 熱間静水圧成形(HIP)
 4.3 擬静水圧成形
 4.4 反応熱間静水圧成形

5.粉末鍛造

6.その他の成形技術

 6.1 粉末圧延
 6.2 爆発成形
 6.3 噴霧成形

7.粉末焼結の原理

 7.1 単一成分系固相焼結
 7.2 多成分系固相焼結
 7.3 液相焼結
 7.4 反応焼結

8.新しい造形・焼結技術

 8.1 プラズマ焼結
 8.2 マイクロ波焼結
 8.3 粉末積層造形(3D)技術

<三浦氏:1~8ご担当。10:00~13:50(途中昼食休憩+質疑応答含め)>
                  
↓                         
<三浦氏:1~8ご担当。13:30~16:40(途中小休止+質疑応答含め)>
 ※恐縮に存じますが、講演の順序を入れ替えさせて頂くことになりました。

9.焼結炉の種類と特徴

 9.1 代表的な焼結炉
 9.2 代表的な雰囲気ガス
 9.3 代表的な焼結温度と時間

10.雰囲気焼結炉

 10.1 基本仕様の考え方
 10.2 稼働条件
 10.3 品質

11.真空焼結炉

 11.1 真空焼結の基本
 11.2 炉の構造と条件

12.省エネ事例

 12.1 雰囲気炉
 12.2 真空炉
 12.3 品質関係

13.トラブル事例

 13.1 雰囲気・真空炉

<植田氏、本郷氏:9~13ご担当。14:00~16:40(途中小休止+質疑応答含め)>
                        
↓                         
<植田氏、本郷氏:9~13ご担当。10:00~12:40(途中小休止+質疑応答含め)>
 ※恐縮に存じますが、講演の順序を入れ替えさせて頂くことになりました。

14.質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 2014年6月18日(水)開催

 『焼結(焼成)技術の基礎から新しい技術と実践活用』セミナー
  ~成形・焼結の各種原理・応用から、
  プラズマ、マイクロ波、粉末積層造形(3D)など新しい焼結・造形技術、
  雰囲気・真空焼結炉の仕様決定の留意点、省エネ、トラブル対策まで~

   http://www.tic-co.com/seminar/20140607.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2014年6月17日(火)・18日(水)開催『バイオマス発電における装置・設備技術と事業展望&バイオマス発電プラントの腐食機構と防止対策の実際』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月19日(木)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年6月17日(火)・18日(水)開催『バイオマス発電における装置・設備技術と事業展望&バイオマス発電プラントの腐食機構と防止対策の実際』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月19日(木)開催『プラント配管設計の要点と要素技術』セミナーの再ご紹介! »