2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年6月20日(金)開催『排水(廃液)・汚泥などからのレアメタル及び重金属類の処理・回収・リサイクル技術とその適用事例』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月24日(火)開催『嫌気性排水処理(メタン発酵)技術と適用動向』セミナーの再ご紹介! »

2014年6月12日 (木)

2014年6月20日(金)開催『LNG受入基地に関する留意点及び相馬LNG建設計画と各種装置・設備(タンク・気化器・ポンプ)の技術動向』セミナーの再ご紹介!

----------------------------------------
☆本日再ご紹介セミナー☆

2014年6月20日(金)開催

 ~シェールガスなどへの対応を含めた~
LNG受入基地に関する留意点及び相馬LNG建設計画と
     各種装置・設備(タンク・気化器・ポンプ)の技術動向

http://www.tic-co.com/seminar/20140612.html

-午前のみ、午後のみの受講可能!!-
1日(プログラムⅠ~Ⅴ)   受講  49,680円
午前(プログラムⅠ、Ⅱ)   受講  32,400円
午後(プログラムⅢ、Ⅳ、Ⅴ)受講  37,800円
※1名につき(※テキスト代、消費税を含む)

----------------------------------------

みなさーんついにブラジルW杯が開幕しますよー

日本では日付の変わった明日13日の明け方ですね・・。

日本戦は、コートジボワール【15日10:00~】、ギリシャ【20日7:00~】、コロンビア【25日5:00~】となっております。

リアルタイムで応援できるのは初戦のコートジボワールのみになりそうです・・

ギリシャ戦・コロンビア戦は、是非とも良い試合をしてもらって録画でゆっくり楽しみたいです

そうそう。先日ネットショッピングをしていたら「父の日に最適!」のような文句で、「日本代表応援スペシャルセット(※ビールです)」を見つけたので、買ってみました

20140601_184704

全缶(員)、ポジションに並んで頂きましたよ。合ってますかね~?

20140601_185319

父はお酒を飲みませんが(笑)、とても楽しそうに並べていたので良かったです

これを飲みながら(1試合1缶)、W杯を楽しみたいと思います

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も6月開催セミナーの再ご紹介です!

2014年6月20日(金)開催

 ~シェールガスなどへの対応を含めた~
LNG受入基地に関する留意点及び相馬LNG建設計画と
     各種装置・設備(タンク・気化器・ポンプ)の技術動向
』セミナーです

★本セミナーでは、午前(ⅠとⅡ)に適用法規、LNG船、新技術、トラブル・事故事例を含めた
 LNG受入基地に関する各種留意点と技術展望ならびに、相馬LNGプロジェクトの建設計画を技術的
 側面から解説、午後(Ⅲ~Ⅴ)は、各メーカーによる具体的な設備(タンク・気化器・ポンプ)
 技術について、また全編通じてシェールガスなどへの対応や最近の動向を踏まえ、斯界の最前線
 でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

◎プログラム

Ⅰ.~シェールガス等への対応のための~
 LNG受入基地に関する各種留意点と技術動向及び展望

  日揮(株) チーフエンジニア
  第3プロジェクト本部 プロジェクト第2部           神谷篤志 

 1.エネルギーを取巻く情勢
  ~ガスシステム改革の内容などを含め~
 2.LNGについて
  ~シェールガスLNGを中心として~
 3.LNG受入基地の概要
 4.LNG基地の適用法規について
  ~ガス事業法の技術基準を中心として~
 5.LNG船関連の概要
 6.シェールガスLNG導入の課題
 7.LNG関連の新技術
 8.トラブル・事故事例
 9.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.相馬LNG基地建設計画の概要

  石油資源開発(株)
  相馬プロジェクト本部 LNG基地建設部長           前田 亘 氏

 1.相馬港について
 2.港湾計画
 3.プロジェクトスケジュール
 4.主要機器仕様とプロットプラン
 5.現状と課題
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.LNGタンク設備技術

  (株)IHI
  エネルギー・プラントセクター エンジニアリングセンター
  プロセス・機器エンジニアリング部・タンクグループ 主査  山口 悟 氏

 1.用途別タンク一覧
 2.低温液化ガスについて
 3.低温液化ガスと使用材料
 4.低温タンクの形式と特徴
 5.各種LNGタンクの構造詳細と建設
 6.低温タンクの点検および検査
 7.低温タンクの法規/基準
 8.世界の低温タンク建設実績
 9.低温タンクの今後の課題/展望(シェールガス由来LNG対応)
 10.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.LNG気化器設備技術
 ~浮体式LNG受入・再ガス化基地(FSRU)用を含めて~

  (株)神戸製鋼所 機械事業部門
  産業機械事業部 機器本部
  機器工場 技術室 担当次長                 江頭慎二 

 1.LNG需要動向と気化器の位置付けについて
 2.LNG気化器の種類と特徴
 3.浮体式LNG受入・再ガス化基地(FSRU)用気化器について
 4.世界のLNG受入基地動向と特徴
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.LNGポンプ設備技術
 ~LNG受入基地用、LNG FSRUなど洋上LNGポンプを含めて~

  日機装(株)
  インダストリアル事業本部
  クライオ部 技術グループ 主事                林 敏彦 氏

 1.LNG受入基地向けポンプについて
 2.LNG FSRU向けポンプの特徴とその揺動実証試験
 3.LNG FPSO向けポンプについて
 4.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2014年6月20日(金)開催

 ~シェールガスなどへの対応を含めた~
LNG受入基地に関する留意点及び相馬LNG建設計画と
     各種装置・設備(タンク・気化器・ポンプ)の技術動向

http://www.tic-co.com/seminar/20140612.html

-午前のみ、午後のみの受講可能!!-
◆1日(プログラムⅠ~Ⅴ)  
受講
  49,680円
◆午前(プログラムⅠ、Ⅱ)  
受講
  32,400円
◆午後(プログラムⅢ、Ⅳ、Ⅴ)
受講  37,800円
※1名につき(※テキスト代、消費税を含む)

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 2014年6月20日(金)開催『排水(廃液)・汚泥などからのレアメタル及び重金属類の処理・回収・リサイクル技術とその適用事例』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月24日(火)開催『嫌気性排水処理(メタン発酵)技術と適用動向』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年6月20日(金)開催『排水(廃液)・汚泥などからのレアメタル及び重金属類の処理・回収・リサイクル技術とその適用事例』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年6月24日(火)開催『嫌気性排水処理(メタン発酵)技術と適用動向』セミナーの再ご紹介! »