最近の記事

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2014年8月29日(金)開催『専門外の方のための材料力学・材料強度学入門』セミナーのご紹介! | トップページ | 書籍『バイオマス発電の技術動向と事業性評価』のご紹介! »

2014年6月30日 (月)

2014年8月29日(金)開催『低コストでできる排水の窒素規制対策』セミナーのご紹介!

---------------------------------------------

 ★本日ご紹介セミナー★

 2014年8月29日(金)開催

  『低コストでできる排水の窒素規制対策』セミナー
 ~メタノールモニターを用いた脱窒素反応制御、アンモニアストリッピング、
  直接燃焼/触媒処理、不連続点塩素添加法による高度処理、シアン排水処理、
  担体利用型脱窒処理、ANAMMOX反応による窒素処理など~

  http://www.tic-co.com/seminar/20140804.html

---------------------------------------------
昨日は久しぶりに大阪の天王寺に用事があったので、
ついでにあべのハルカスへ行ってきました~

3月に全面開業しましたが、もちろんまだまだたくさんの人達でいっぱいでした

あべのハルカスは地上60階建て、高さ300mで、日本で最も高い超高層ビルで、

日本初のスーパートール(300m以上、世界基準超高層ビル)みたいです すごいですね~
Attachment01_2Attachment02_1

私が中、高校生の頃によく行っていた天王寺とは今は全く違います

あの頃は天王寺でお買い物するとしたらMIOくらいしかない印象でしたが、

今はあべのハルカス以外にもキューズモールやHoop、and等ショッピング施設がたくさんです

あべのハルカスのビルの中の印象は近鉄百貨店が広くなったという感じでしたが

お土産コーナー?なんかもありましたよ
Attachment00_3

今回は展望台へは行っていませんが、次回行く機会があれば、
ぜひ展望台にも1度登ってみたいですね~

---------------------------------------------

さて、本日も8月開催セミナーをご紹介

 2014年8月29日(金)開催

  『低コストでできる排水の窒素規制対策』セミナー
 ~メタノールモニターを用いた脱窒素反応制御、アンモニアストリッピング、
  直接燃焼/触媒処理、不連続点塩素添加法による高度処理、シアン排水処理、
  担体利用型脱窒処理、ANAMMOX反応による窒素処理など~
                                                                                       です
 

★本セミナーでは、排水における窒素の形態・規制から、具体的な物理化学的脱窒処理技術及びANAMMOX反応を含めた
 生物学的脱窒処理技術と、排水中窒素の形態・濃度・共存物質・性状に応じた低コスト脱窒素対策について、実務経験豊富な大西氏、徳富氏両講師に詳しく解説頂きます。
 

●プログラム

Ⅰ.排水中窒素の形態と規制のポイント(大西氏)

                            (株)アクアテック 取締役 顧問
                          技術士(衛生工学) 大西彬聰 氏

 1.排水における窒素の形態とその性状
  (1)有機態窒素
  (2)アンモニア態窒素
  (3)亜硝酸態窒素
  (4)硝酸態窒素
 2.排水中窒素規制の動向と今後の方向
  (1)水利用と窒素濃度の関係
  (2)排水基準について

Ⅱ.物理化学的脱窒などによる低コスト窒素排水処理技術(大西氏)

 1.最新メタノールガスセンサーによるメタノール添加制御システム(脱窒処理)
 2.アンモニアストリッピング脱窒処理技術
  (1)原理とメカニズム
   (2)システムの特徴~回転羽根式、気泡微細分散型蒸気/空気システム~
  (3)アンモニア回収のポイント
   (4)アンモニア処理のポイント
  (5)処理効果(コスト)
 3.NOxフリーのアンモニア直接燃焼/触媒処理
  (1)原理・メカニズム
   (2)システムの特徴
  (3)技術ポイント
  (4)処理効果(コスト)
 4.不連続点塩素添加法によるアンモニア排水の高度処理
 5.シアン排水の熱加水分解法
  (1)原理とメカニズム
  (2)システムの特徴
  (3)技術ポイント
   (4)処理効果(コスト)
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.生物学的脱窒処理技術(徳富氏)

                                               栗田工業(株)
                  開発本部 装置開発第三グループ 
                               環境技術課 徳富孝明 氏

 1.生物学的脱窒処理のポイント
   (1)硝化細菌および脱窒細菌の特徴
  (2)硝化プロセス
  (3)脱窒プロセス
  2.担体利用型脱窒処理技術
  (1)固定化担体
  (2)固定化微生物による硝化処理
  (3)固定化微生物による脱窒処理
  (4)処理効果
 3.ANAMMOX反応を用いる窒素処理技術
  (1)プロセスの特徴
  (2)亜硝酸型硝化
  (3)ANAMMOX反応を用いる窒素除去
  (4)処理効果

Ⅳ.排水中窒素の形態・濃度等の性状に合った処理方式の選定と実際(徳富氏)

 1.窒素対策における低コスト化の着眼点とは
 2.排水の性状及び水質診断
 3.窒素の形態・濃度及びスペース・経済性を考慮した処理方式選定の留意点と実際
  ~生物処理と物理化学処理の組み合わせも含めて~
  (1)有機性排水のケース
   (2)無機性排水のケース

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
    

     2014年8月29日(金)開催

  『低コストでできる排水の窒素規制対策』セミナー
 ~メタノールモニターを用いた脱窒素反応制御、アンモニアストリッピング、
  直接燃焼/触媒処理、不連続点塩素添加法による高度処理、シアン排水処理、
  担体利用型脱窒処理、ANAMMOX反応による窒素処理など~

  http://www.tic-co.com/seminar/20140804.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は谷口でした。

« 2014年8月29日(金)開催『専門外の方のための材料力学・材料強度学入門』セミナーのご紹介! | トップページ | 書籍『バイオマス発電の技術動向と事業性評価』のご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2014年8月29日(金)開催『専門外の方のための材料力学・材料強度学入門』セミナーのご紹介! | トップページ | 書籍『バイオマス発電の技術動向と事業性評価』のご紹介! »