2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【補助金対象講座】2014年10月30日(木)開催『ガスケット選定・適用の留意点と漏洩理論・寿命予測などを含めたシール技術』セミナーのご紹介! | トップページ | 【補助金対象講座】2014年10月17日(金)開催『イオン交換樹脂の基本操作と利用技術』セミナーの再ご紹介! »

2014年9月 4日 (木)

2014年10月16日(木)開催『技術者のための原価・経理・採算性の知識』セミナーのご紹介!

---------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2014年10月16日(木)開催

技術者のための原価・経理・採算性の知識』セミナー

-26年度アベノミクス・投資/研究開発優遇税制の活用も学ぶ-

http://www.tic-co.com/seminar/20141008.html

---------------------------------------

先日、家の中で見慣れない黒いゴミを発見しました

何のゴミなんだろう?と思い探してみたところ、もう何年も使っていない

スーツケースのキャスターが劣化してボロボロと落ちてきたものでした。

いつか海外旅行に行く時の為にと思って、普段はすごくじゃまになるのですが、

ずっと狭い部屋に置いたままになっていたものでした。

残念ながらもう使えませんし、旅行に行く予定もないので捨てる事にしました。

こんな大きなゴミはどうやって捨てるのだろうと調べてみると、

私の住んでいる市では月1回の指定日に300円で処分してくれるとの事

その時にいろいろと見てみますと、これまでどうやって処分していいのか

わからないまま、家の中にずっと置いてあった電化製品も処分出来る事がわかりました。

市のホームページから申込みをして、市内のコンビになどで「粗大ごみ処理券」を購入。

その券がシールになっているのですが、申し込みの際に通知された受付番号を記入して、

ゴミにはって当日の朝指定の場所に出します。

お金を払ってゴミを処分するのは初めてだったので、朝会社に行く時にゴミを出して、

帰って来た時に収集されていなかったらどうしようとドキドキでしたが、

ちゃんと全部持って行ってくれていました

今回は、スーツケース・電気ストーブ・掃除機・DVDプレーヤーを処分。

全部で1200円かかりましたが、長年じゃまになっていたものを捨てる事ができ、

良かったです

---------------------------------------

本日は2014年10月開催のセミナーをご紹介します

2014年10月16日(木)開催

技術者のための原価・経理・採算性の知識』セミナー

-26年度アベノミクス・投資/研究開発優遇税制の活用も学ぶ-

 

★企業の成長を担うこれからの技術者にとって、原価・経理・採算性の知識を十分に
 理解し、自己の役割・価値を高めることが必要不可欠である。

★本セミナーでは、技術者のために、“今すぐ役に立つ”原価・経理・採算性の
 基礎知識と具体的な実務への活かし方、又、アベノミクスによる設備投資促進
 補助金、税制の活用について、経験豊富な青柳講師に計算学習を交えわかりやすく
 解説頂きます。

 ※電卓あるいは計算機能のあるスマホをご持参下さい!

 

◎講 師

   専修大学 大学院 商学科講師(原価計算論担当)
   エーキューブコンサルティング パートナー
   (社)国際会計コンソーシアム 理事
   税理士 中小企業診断士 システム監査技術者      青柳六郎太 氏

 

◎講師の言葉

 特に製造業においては、技術者の生産/技術方針や活動が原価/利益/資金繰りに
直接貢献します。技術者の方々は、経理は専門外かもしれませんが、日常の生産方針
や活動が、企業価値にどう繋がるのかを明確な方程式を踏まえて理解して頂く必要が
あります。
 また会計学や法律を基盤とした会計基準による一般常識で、生の製品や事業の
採算性を評価すると、却って誤った意思決定に陥るリスクもあります。この研修の
設例を通じて真の採算性を評価できる尺度を持って頂きたいと存じます。

 

◎プログラム

Ⅰ.これからの技術者のために必要な経営管理コンセプト
 1.企業価値向上のための生産活動の成功要因
 2.なぜ技術者に経理知識が必要とされるのか?

Ⅱ.技術者に最低限必要な企業業績と財務構造の情報知識
 1.貸借対照表(バランスシート=B/S)情報の意味
  (1)資産の種類
  (2)資金調達の種類と機能的な差異(負債と資本)
 2.損益計算書(P/L)情報の意味
  (1)収益性の視点
   財務会計から~売上総利益、営業利益、経常利益、税引前利益、税引後利益~
   管理会計から~貢献利益、生産LTあたりの貢献利益
 3.キャッシュフローの意味

Ⅲ.技術者のための製造原価情報の意味
 1.製造原価を見る視点
  (1)生産資源から見た原価の種類
  (2)生産プロセスから見た原価の視点
  (3)顧客価値から見た原価の構成
  (4)操業度から見た原価の特性
 2.原価要素の種類
  (1)開発・設計費  (2)材料費    (3)設備費
  (4)労務費     (5)外注費    (6)間接費
 3.技術者が知っておくべき原価計算の手順
  (1)材料費計算
  (2)工程の付加価値計算
  (3)製品の完成度に応じた製造原価計算
  (4)製造間接費の製品への原価配賦プロセス
 4.製造原価報告書の情報価値

Ⅳ.採算性評価や改善意思決定を誤らないための実践的な手法
  (簡単な計算学習をしていただきます)
 1.生産プロセスの速度向上と採算性貢献評価
 2.制約理論と活用
 3.材料、仕掛、製品在庫日数短縮と資金繰り改善
 4.製品構成を再検討するための製品利益速度(TM)の活用
 5.製品の採算性判断を誤らないための製造間接費の配賦プロセス
 6.原価の目標・予算と実績のギャップ分析と部門責任明確化の管理手法
 7.部門間、グループ会社間の内部取引価格適正化手法
 8.工場間連携生産における連結原価の必要性
 9.為替変動の採算性へのインパクトとマネジメント
 10.表面では赤字でも、受注した方が有利な場合の貢献利益概念
 11. 内作と外製の有利不利を誤らないための原価計算
 12.設備投資案の採算性評価手法
 13.品質原価管理
 14.原価改善、原価企画のために必要な原価情報の収集方法

Ⅴ.アベノミクスによる設備投資促進補助金、税制の活用

Ⅵ.質疑応答

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

---------------------------------------

2014年10月16日(木)開催

技術者のための原価・経理・採算性の知識』セミナー

-26年度アベノミクス・投資/研究開発優遇税制の活用も学ぶ-

http://www.tic-co.com/seminar/20141008.html

---------------------------------------

担当:浮田

« 【補助金対象講座】2014年10月30日(木)開催『ガスケット選定・適用の留意点と漏洩理論・寿命予測などを含めたシール技術』セミナーのご紹介! | トップページ | 【補助金対象講座】2014年10月17日(金)開催『イオン交換樹脂の基本操作と利用技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【補助金対象講座】2014年10月30日(木)開催『ガスケット選定・適用の留意点と漏洩理論・寿命予測などを含めたシール技術』セミナーのご紹介! | トップページ | 【補助金対象講座】2014年10月17日(金)開催『イオン交換樹脂の基本操作と利用技術』セミナーの再ご紹介! »