最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年12月11日(木)開催『活性炭の技術開発動向と製造・賦活・利用・再生技術』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年12月11日(木)開催『石油・ガス生産現場における随伴水処理技術』セミナーのご紹介! »

2014年11月 6日 (木)

2014年12月10日(水)開催『太陽光発電(メガソーラー含む)における高効率・長寿命安定発電のためのエンジニアリングと監視・性能評価/モジュール機能低下防止・向上/太陽電池アレイの電気事故対策、蓄電池の最適運用技術』セミナーのご紹介!

-------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2014年12月10日(水)開催

太陽光発電(メガソーラー含む)における高効率・長寿命安定発電のための
 エンジニアリングと監視・性能評価/モジュール機能低下防止・向上/
 太陽電池アレイの電気事故対策、蓄電池の最適運用技術

   http://www.tic-co.com/seminar/20141210.html

-------------------------------------

昨日、今月14日(豊田スタジアム)と18日(ヤンマースタジアム/長居スタジアム)に行われる「キリンチャレンジカップ2014」の代表メンバーが発表されました

代表復帰した選手もいて、どんな選抜になるのか、連携面なども楽しみですね~

私も、久々の地元(自転車で15分程度)での代表戦開催ということで、試合の発表があったときから楽しみにしていました

まあ、チケットの先行抽選にはハズれちゃったわけですけどね(笑)

一般発売もありましたが、寒い時期に上段の遠い席に座って観るのは辛いので(ウイイレしてる気分になります)、テレビ観戦を選びました

チキンとアルコール片手に、大人しくお家で応援しま~す!

★パズル進行状況★

どんどん完成に近づいてきています

20141106_012914

この分だと、今週末にでも終わっちゃいそうですよね・・・。

実はまだフレームを買えていなくて、コルクボードの上でやっています

早く買いに行かないと~

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も12月開催セミナーのご紹介です

2014年12月10日(水)開催

太陽光発電(メガソーラー含む)における高効率・長寿命安定発電のための
 エンジニアリングと監視・性能評価/モジュール機能低下防止・向上/
 太陽電池アレイの電気事故対策、蓄電池の最適運用技術
』        セミナー

★メガソーラーなど太陽光発電のエンジニアリング及び監視・制御・保守点検・維持管理の軽視による出力低下は事業リスクに直結します。
★本セミナーでは、メガソーラーにおける高効率・長寿命発電のためのエンジニアリング技術から、PVモニタリング/性能評価技術、太陽電池モジュールの機能低下防止/機能向上技術、太陽電池アレイの電気事故対策、又、太陽光発電出力の不確実性を考慮した蓄電池の最適運用技術まで、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

●プログラム

Ⅰ.メガソーラーにおける高効率・長寿命発電のためのエンジニアリング技術

  (株)明電舎
  社会システム事業部 新エネルギー事業推進部
  エネルギー技術部 太陽光技術課 技師        長谷川一穂 氏

 1.高効率システム構成
  (1)太陽電池とパワーコンディショナ(PCS)の容量バランス
  (2)最適比率での導入実例
  (3)直流電圧の高圧化
 2.安定発電
  (1)ストリングモニタの活用(初期導入/運開後導入)
  (2)長期保証とシステム設計(太陽電池)
  (3)運開後の発電損失と対応
 3.FIT制度の30日出力抑制ルール
  (1)30日ルールと適用状況
  (2)発電所での具体的出力抑制方法
 4.最近の連系協議動向
  (1)各電力会社での回答保留(発電所出力抑制、蓄電池の活用)
  (2)系統電圧上昇対策
  (3)FRT機能による効果
 5.PCSの技術動向
  (1)出力抑制対応
  (2)高電圧化動向
  (3)力率一定制御
 6.周囲環境への配慮、事前設計ポイント
  (1)連系設備、PCSのレイアウト
  (2)周囲環境への配慮
  (3)天災等による発電損失への対策
 7.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.大量普及時代に求められるPVモニタリングと性能評価技術

  東京理科大学
  工学部第一部 電気工学科 講師
  博士(工学)                            植田 譲 氏

 1.太陽光発電システム評価における基礎知識
 2.発電量の損失要因
 3.損失分離と定量化の手法
 4.PVの発電特性評価事例
 5.各種太陽電池の発電特性評価事例
 6.故障要因とモニタリング手法
 7.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.太陽電池モジュール・発電パネルの「表面汚れ、フェイス基板劣化、
  砂塵吸着、海焼防止、高透過及び内部PID対策技術」

 ~メガソーラーなどにおける太陽電池モジュールの機能低下防止技術、
  及び、機能向上技術について~

  サスティナブル・テクノロジー(株)
  代表取締役                           緒方四郎 氏

 1.太陽電池モジュール表面の発電量低下要因(工業排気汚染・鳥糞吸着・
   
藻繁殖・砂漠砂・火山灰・関東ローム層砂吸着・海浜地区海焼け[ガラス焼け]
   及びPM2.5吸着劣化)と、その対応技術
 2.光取り込み向上による発電効率向上技術
 3.メガソーラー施設による発電量維持評価例、及び、そのデータ
 4.モジュール内の発電不全による機能低下とPID対策の具体策とそのデータ
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.太陽電池アレイの電気事故対策の必要性とその方法

  JX日鉱日石エネルギー(株)
  中央技術研究所 システム研究所
  システム実証センター プリンシパルリサーチャー     石井隆文 氏

 1.構造事故と電気事故
 2.太陽電池アレイのノードと電気故障の種類
 3.故障検出/除去による事故の未然回避
 4.直流地絡故障
 5.バイパス回路の開放故障
 6.逆流防止ダイオードの短絡故障
 7.アーク発生に至った場合
 8.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.太陽光発電出力の不確実性を考慮した蓄電池の最適運用技術

  富士通(株)
  次世代テクニカルコンピューティング開発本部
  アプリケーション開発統括部 シニアマネージャー
  博士(理学)                            仲尾由雄 氏

 1.太陽光発電出力の不安定性と予測可能性
 2.太陽光発電によるピーク受電電力低減と蓄電池の役割
 3.網羅的シミュレーションに基づく蓄電池の最適運用
 4.事例紹介
 5.質疑応答・名刺交換


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2014年12月10日(水)開催

太陽光発電(メガソーラー含む)における高効率・長寿命安定発電のための
 エンジニアリングと監視・性能評価/モジュール機能低下防止・向上/
 太陽電池アレイの電気事故対策、蓄電池の最適運用技術

   http://www.tic-co.com/seminar/20141210.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は平田でした。

« 2014年12月11日(木)開催『活性炭の技術開発動向と製造・賦活・利用・再生技術』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年12月11日(木)開催『石油・ガス生産現場における随伴水処理技術』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年12月11日(木)開催『活性炭の技術開発動向と製造・賦活・利用・再生技術』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2014年12月11日(木)開催『石油・ガス生産現場における随伴水処理技術』セミナーのご紹介! »