最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年2月18日(水)開催『海外プロジェクトの実例からみる見積・応札段階と遂行段階のリスク対応(不採算につながるリスクへの対応)』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年2月19日(木)開催『最新の坑井掘削技術』セミナーの再ご紹介! »

2015年2月 3日 (火)

2015年2月18日(水)開催『新しいタービンと要素技術開発の動向と展望』セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------

☆本日再ご紹介セミナー☆

2015年2月18日(水)開催

新しいタービンと要素技術開発の動向と展望』セミナー
~水素含有ガスを燃料として発電するガスタービン技術(水素燃料対応ガスタービン)、
 超臨界CO2ガスタービンによる高効率発電、超臨界CO2サイクルを利用した火力発電システム~

http://www.tic-co.com/seminar/20150219.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度があります。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

---------------------------------------

前回のブログで、カンボジア旅行で行ったアンコールワットをご紹介しましたが、

本日はアンコール・トムの写真をご紹介しましょう

こちらがアンコール・トムの入り口のひとつ南大門です。
Photo95

南大門から進んで行き、中心部にあるバイヨン(寺院跡)に到着です。
Photo96

アンコール・トムと言えばこの四面仏塔ですよね。
私の写真でわかりますでしょうか?
Photo97

中でも有名なのが「クメールの微笑」と呼ばれるこちらです。
(あっ写っているのは私ではありません
Photo98

有名なだけあって周りにはこんなに大勢の人が集まっています!
Photo99

私も一緒に写真におさまりたかったのですが、あまりにもすごい人でしたので
残念ながらあきらめました

アンコールワットと同じく、沢山のレリーフを見ることができましたよ。
Photo100

Photo101

次回もまたアンコール遺跡の写真をご紹介しま~す
Photo102

---------------------------------------

本日も2015年2月開催のセミナーを再ご紹介します

 

2015年2月18日(水)開催

新しいタービンと要素技術開発の動向と展望』セミナー
~水素含有ガスを燃料として発電するガスタービン技術(水素燃料対応ガスタービン)、
 超臨界CO2ガスタービンによる高効率発電、超臨界CO2サイクルを利用した火力発電システム~

 

★本セミナーでは、午前(Ⅰ部)に、水素含有ガスを燃料として発電するガスタービン
 について、その開発状況と最新燃焼技術を三菱日立パワーシステムズの浅井様より、
 午後(Ⅱ・Ⅲ部)は、超臨界CO2ガスタービンによる高効率発電技術と、
 超臨界CO2サイクルを利用した火力発電システムについて、
 東京工業大学の宇多村先生、東芝の高橋様より、詳説頂きます。

★午前(Ⅰ部)のみ、午後(Ⅱ・Ⅲ部)のみのご受講も受け付けております!

 

◎プログラム

Ⅰ.水素燃料対応ガスタービン最新燃焼技術

   三菱日立パワーシステムズ(株)  研究所
   火力システム研究部 燃焼研究グループ
   主席研究員                        浅井智広 氏

<講演要旨>
 水素は将来の低炭素社会に向けた重要なエネルギー選択のひとつとして注目を集めている。
 本講演では、特に水素含有ガスを燃料として発電するガスタービンに焦点を当て、
当社が開発中の最新燃焼技術の内容とその開発状況、そして今後の展開を概説する。

<プログラム>
 1.当社のガスタービンラインナップと運転実績
  ・ラインナップ
  ・運転実績
 2.水素燃料対応ガスタービン最新燃焼技術
  ・背景と技術課題
  ・水素燃料対応ガスタービン最新燃焼技術
  ・燃焼器の開発状況
  ・今後の展開

 3.質疑応答・名刺交換

 

Ⅱ.超臨界CO2ガスタービンによる高効率発電技術の現状と展望

   東京工業大学 環境エネルギー機構
   エネルギーセンター 高度エネルギー利用部門
   原子炉工学研究所 研究員
   (元)同大学 特任教授
   工学博士                          宇多村元昭 氏

<講師より>
 講師の研究グループは2011年4月、超臨界CO2ガスタービン発電の実証に世界で
初めて成功した。
 本セミナーでは、この情報の開示を含め、理論から実践までを体系的に説明する。
伝熱のプロなら、超臨界CO2ガスタービンを用いて、イメージするアプリケーションの
概念設計ができる。アマテュアなら、従来の蒸気タービンやガスタービンと何処が
ちがうかを把握でき、新規の適用先を概念的に検討できるようになる。

<プログラム>
 1.超臨界状態とは?
  (1)物質の臨界点
  (2)臨界点近傍での物質の振る舞い
  (3)CO2の特性
 2.超臨界CO2ガスタービンの発電原理

  (1)実ガスでのガスタービンの正味仕事
  (2)圧縮係数の温度・圧力依存性
 3.熱サイクル
  (1)単純閉サイクルの特性と限界
  (2)分流サイクルによる特性改善
  (3)排熱回収サイクル
 4.再生熱交換器の設計
  (1)再生サイクルにおける再生効率の重要性
  (2)高性能・低圧損の伝熱面の開発
  (3)物性値が器内で大きく変化する場合の新設計法
 5.試験用ターボマシンの設計
  (1)翼車の型式選定と寸法最適化
  (2)動作線の導出
  (3)軸受け設計
 6.10kWベンチスケール試験
  (1)実験方法
  (2)ターボ機械特性の実測結果
   ①圧縮機動力低減の実証
   ②連続発電の実証
   ③機器効率
   ④風損ロス
  (3)再生熱交換器の特性の実測結果
  (4)スケールアップ機の特性予測
 7.再生可能エネルギー開発への適用
  (1)太陽熱発電
  (2)バイオマス発電
  (3)直接サイクルとCO2回収技術への応用

 8.米国サンディア国立研究所の研究事例紹介
 9.まとめと質疑応答、名刺交換

 

Ⅲ.超臨界CO2サイクルを利用した火力発電システム

   (株)東芝
   電力システム社 火力・水力事業部
   火力プロジェクト部 プロジェクト第二担当       高橋武雄 氏

<講演要旨>
 地球温暖化対策(CO2排出削減)は火力発電システムの開発において継続的に取り組むべき
最も重要な課題のひとつである。
 現在、東芝が開発を進めている環境にやさしい新しいコンセプトのCO2回収型超臨界CO2
火力発電システムについて概説する。

<プログラム>
 1.CO2排出削減技術の必要性
 2.超臨界CO2サイクルを利用した火力発電システムとは
  ・熱サイクルの仕組み
  ・発電システムの特長
 3.技術開発課題と開発状況
  ・技術開発のホイント

  ・タービン・燃焼器の開発状況
 4.今後の展開
 5.質疑応答・名刺交換

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

---------------------------------------

2015年2月18日(水)開催

新しいタービンと要素技術開発の動向と展望』セミナー
~水素含有ガスを燃料として発電するガスタービン技術(水素燃料対応ガスタービン)、
 超臨界CO2ガスタービンによる高効率発電、超臨界CO2サイクルを利用した火力発電システム~

http://www.tic-co.com/seminar/20150219.html

 

●受講料
◆1日受講            49,680円
 【1名につき(テキスト代、消費税を含む)(受講者が午前と午後で異なる場合でも可)】
◆午前(Ⅰ部)のみ受講    32,400円
 【1名につき(テキスト代、消費税を含む)】
◆午後(Ⅱ・Ⅲ部)のみ受講  38,880円
 【1名につき(テキスト代、消費税を含む)】

 

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度があります。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

---------------------------------------

担当:浮田

« 2015年2月18日(水)開催『海外プロジェクトの実例からみる見積・応札段階と遂行段階のリスク対応(不採算につながるリスクへの対応)』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年2月19日(木)開催『最新の坑井掘削技術』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年2月18日(水)開催『海外プロジェクトの実例からみる見積・応札段階と遂行段階のリスク対応(不採算につながるリスクへの対応)』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年2月19日(木)開催『最新の坑井掘削技術』セミナーの再ご紹介! »