2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年2月19日(木)開催『太陽熱利用技術/システムの開発動向と事例』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年2月20日(金)開催『NOx(窒素酸化物)の生成・抑制技術と排煙脱硝技術の最近の開発動向』セミナーの再ご紹介! »

2015年2月 6日 (金)

2015年2月20日(金)開催『防爆の国際規格整合化に適応したエンジニアのための防爆電気設備安全技術』セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2015年2月20日(金)開催

  -防爆の国際規格整合化に適応した-
 『エンジニアのための防爆電気設備安全技術』セミナー

  ~安全を確保するためのエンジニアリングから
  防爆電気機器の構造とその設計要件、点検保守まで~

  http://www.tic-co.com/seminar/20150208.html

---------------------------------------------------

立春を過ぎて、すこし寒気がゆるみ、いくぶん暖かくなりかけたと思うと、急に寒さがぶり返すことを指す季語に「冴返(さえかえ)る」「寒戻(かんもど)る」があります。

お天気キャスターとして活躍され、現在も執筆や講演でお元気に活動されておられる倉嶋厚さんは、その著『お天気博士の気象ノート』で、ある日の平均気温と前日の平均気温が4℃以上違うと、ざっと1ヶ月の陽気の差になり、季節としては春が一番その頻度が高いと述べています。

今回はそんな春の季語、「冴返(さえかえ)る」「寒戻(かんもど)る」を詠んだ句を選んでみました。

 

                      神鳴るや一村雨の冴えかへり
                       向井去来(むかい きょらい)
                               (1651-1704)

 

                     三ヶ月はそるぞ寒さは冴かへる
                         小林一茶(こばやし いっさ)
                               (1763-1828)

 

                       冴え返り冴え返りつゝ春央ば
                           春央ば=はるなかば
                       西山泊雲(にしやま はくうん)
                                (1877-1944)

 

                     物置けばすぐ影添ひて冴返る
                        大野林火(おおの りんか)
                               (1904-1982)

 

                   冴えかへるもののひとつに夜の鼻
                      加藤楸邨(かとう しゅうそん)
                               (1905-1993)

 

                        冴返る最も綺麗なものは星
                        高木晴子(たかぎ はるこ)
                               (1915-2000)

 

                      寒戻る寒にとどめをさすごとく
                       鷹羽狩行(たかは しゅぎょう)
                                   (1930-)

今回は5番目の

                   冴えかへるもののひとつに夜の鼻

が面白いです。

夜道を歩いて帰宅した時、耳も冷たくなっていますが、外気を吸い込んだ鼻も冷たくなっています。

2月4日の立春は過ぎ、日差しには春の兆しを感じますが、冴え冴えとした寒気も同時に感じます。

私も詠んでみました。

 

                         冴返る孤高の時を走り人
                                  白井芳雄

 

                        踏切のかんかん長し冴返る
                                  白井芳雄

***********************************************************************************************************

さて本日も、2月開催セミナーを再ご紹介

2015年2月20日(金)開催

  -防爆の国際規格整合化に適応した-
 『エンジニアのための防爆電気設備安全技術』セミナー

  ~安全を確保するためのエンジニアリングから
  防爆電気機器の構造とその設計要件、点検保守まで~

です!

★国際規格への整合化が進む防爆の正しい理解とその適応が不可欠となっています。

★本セミナーでは、防爆電気設備の安全を確保するためのエンジニアリングから防爆電気機器の構造とその設計要件、ならびに設置と配線、点検保守に至るまで、実務経験豊富な有山講師に分かり易く解説頂きます。

★機器製造メーカー、エンジニアリング会社、設備ユーザーなどの方々のご参加をお待ちしております。

●講 師

  元 IDEC(株) セーフティアセッサ   有山正彦 氏

●プログラム

1.防爆に関する国内外の規格動向

 (1)国際規格の動向
 (2)国内の国際規格整合化状況について

2.防爆電気設備とエンジニアリング

 (1)防爆エンジニアリングとは
 (2)防爆エンジニアリングのプロセス
 (3)防爆に関するリスクアセスメント
 (4)リスク低減と保護方策

3.危険区域について

 (1)危険区域の考え方
 (2)危険区域(ゾーン)の区分
 (3)換気とゾーン範囲の決定手法

4.防爆電気機器の構造と設計要件

 (1)防爆電気機器の保護構造
 (2)耐圧/安全増防爆
 (3)内圧防爆
 (4)本質安全防爆
 (5)その他の防爆構造

5.防爆電気機器の設置と配線

 (1)爆発性雰囲気と防爆電気機器の選定
 (2)防爆電気機器に対する要求仕様
 (3)配線方式の種類と選定
 (4)防爆配線工事

6.防爆電気機器の点検保守

 (1)防爆電気機器の点検・保守
 (2)点検保守要員の知識と教育
 (3)要員の資格とその要件

7.質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2015年2月20日(金)開催

  -防爆の国際規格整合化に適応した-
 『エンジニアのための防爆電気設備安全技術』セミナー
  ~安全を確保するためのエンジニアリングから
  防爆電気機器の構造とその設計要件、点検保守まで~

  http://www.tic-co.com/seminar/20150208.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2015年2月19日(木)開催『太陽熱利用技術/システムの開発動向と事例』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年2月20日(金)開催『NOx(窒素酸化物)の生成・抑制技術と排煙脱硝技術の最近の開発動向』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年2月19日(木)開催『太陽熱利用技術/システムの開発動向と事例』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年2月20日(金)開催『NOx(窒素酸化物)の生成・抑制技術と排煙脱硝技術の最近の開発動向』セミナーの再ご紹介! »