2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年10月20日(火)開催『船舶における環境規制(排出規制)対応に向けた技術開発動向と環境対応船の実用的技術および次世代エネルギーマネジメントの展望 』セミナーのご紹介! | トップページ | 2015年10月23日(金)開催『低温排熱回収・利活用のための要素技術・組合せシステムと適用事例』セミナーのご紹介! »

2015年9月18日 (金)

2015年10月23日(金)開催『石炭火力発電/ガス化複合発電(IGCC)技術と石炭火力発電プラントにおける排水処理技術』セミナーのご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

2015年10月23日(金)開催

 『石炭火力発電/ガス化複合発電(IGCC)技術と
  石炭火力発電プラントにおける排水処理技術』セミナー

  http://www.tic-co.com/seminar/20151017.html

  ◆1日(プログラムⅠ~Ⅳ部)受講  49,680円
   【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
  ◆午前(プログラムⅠ、Ⅱ部)受講  35,100円
   【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
  ◆午後(プログラムⅢ、Ⅳ部)受講  35,100円
   【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】

---------------------------------------------------
Photo_2

今回取り上げる季語は「コスモス」。

花弁の形が桜に似ているところから「秋桜(あきざくら)」とも言われます。

メキシコ原産で、日本に渡ってきたのは明治の後期で、秋の季語として詠まれはじめたのは大正時代からとのこと。

可憐な花の姿に似ずなかなか強(したた)かな植物で、日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育します。

茎は細く、台風などで倒されることがあっても、茎の途中から根を出し、また花をつけるほど強い植物。

「秋桜」と書いてコスモスと読まれるようになったのは1970年代後半、さだまさしさん作詞・作曲、山口百恵さんが歌って大ヒットした歌のタイトル以降のことなのだそうです。

そんな「コスモス」「秋桜」を季語に詠まれた句を選んでみました。

 

コスモスや茶も売りに来ぬ駅の昼
巌谷小波(いわや さざなみ) (1870-1933)

 

コスモスや海少し見ゆる邸道(邸道=やしきみち)
萩原朔太郎(はぎわら さくたろう) (1886-1942)

 

コスモスを離れし蝶に谿深し(谿=たに)
水原秋櫻子(みずはら しゅうおうし) (1892-1981)

 

風の無き時もコスモスなりしかな
粟津松彩子(あわづ しょうさいし) (1912-2005)

 

コスモスとしか言ひやうのなき色も
後藤比奈夫(ごとう ひなお) (1917-)

 

風船をつれコスモスの中帰る
石原八束(いしはら やつか) (1919-1998)

 

コスモスの押し寄せてゐる厨口(厨口=くりやぐち)
清崎敏郎(きよさき としお) (1922-1999)

 

今回は最後の

コスモスの押し寄せてゐる厨口

が最も面白いです。

風に揺れるコスモスは可憐なイメージですが、種が散って雑草に交じって生きのびる力があります。

台所の出入り口にもコスモスが咲いて、その強い繁殖力を「押し寄せて」と表現し、コスモスの花言葉「乙女の真心」「調和」「謙虚」とは裏腹な「強靭」な一面を捉えています。

私も詠んでみました。

 

燈台の崖のコスモス白うねる(崖=がけ)
白井芳雄

 

コスモスを一輪残しブルドーザ
白井芳雄

***********************************************************************************************************

さて、本日も10月開催セミナーをご紹介

2015年10月23日(金)開催

 『石炭火力発電/ガス化複合発電(IGCC)技術と
  石炭火力発電プラントにおける排水処理技術』セミナー

です!

★本セミナーでは、午前(プログラムⅠ、Ⅱ)に石炭火力発電技術とIHIの取組み、ならびに石炭ガス化複合発電(IGCC)による高効率発電技術と商用転用について、最新動向・今後の展開を交え解説頂き、午後(プログラムⅢ、Ⅳ)は、石炭火力発電プラントにおける排水処理技術について、現状・問題点から、具体的な処理技術を詳説頂きます。

★午前(Ⅰ、Ⅱ)のみ、午後(Ⅲ、Ⅳ)のみのご受講も受け付けております。
 
 
●プログラム

Ⅰ.石炭火力発電の国内外最新動向とIHIの取組み
  (9:50-11:20)

   (株)IHI エネルギー・プラントセクター
   エネルギーシステムセンター ボイラプロジェクト統括部
   基本設計グループ 主幹                     永峰一博 氏
 
 
Ⅱ.IGCC(石炭ガス化複合発電)の高効率発電技術と商用転用・今後の展望
  (11:30-13:00)

   常磐共同火力(株)  勿来発電所
   石炭ガス化発電事業本部 次長(発電担当)         浅野哲司 氏
 
 
Ⅲ.石炭火力発電所の排水処理システムの現状と課題
  (14:00-15:20)

   (一財)電力中央研究所 環境科学研究所
   環境化学領域 上席研究員                   植本弘明 氏
 
 

Ⅳ.石炭火力発電所における排水処理技術
 ~セレンなど重金属類の除去およびフッ素、ホウ素処理~

  (15:30-16:50)

   栗田工業(株)  開発本部 装置開発第二グループ
   第二チーム チームリーダー                   山田亮一 氏

 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2015年10月23日(金)開催

 『石炭火力発電/ガス化複合発電(IGCC)技術と
  石炭火力発電プラントにおける排水処理技術』セミナー

  http://www.tic-co.com/seminar/20151017.html

  ◆1日(プログラムⅠ~Ⅳ部)受講  49,680円
   【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
  ◆午前(プログラムⅠ、Ⅱ部)受講  35,100円
   【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
  ◆午後(プログラムⅢ、Ⅳ部)受講  35,100円
   【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2015年10月20日(火)開催『船舶における環境規制(排出規制)対応に向けた技術開発動向と環境対応船の実用的技術および次世代エネルギーマネジメントの展望 』セミナーのご紹介! | トップページ | 2015年10月23日(金)開催『低温排熱回収・利活用のための要素技術・組合せシステムと適用事例』セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年10月20日(火)開催『船舶における環境規制(排出規制)対応に向けた技術開発動向と環境対応船の実用的技術および次世代エネルギーマネジメントの展望 』セミナーのご紹介! | トップページ | 2015年10月23日(金)開催『低温排熱回収・利活用のための要素技術・組合せシステムと適用事例』セミナーのご紹介! »