2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年10月15日(木)開催『通じるテクニカルライティング』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年10月16日(金)開催『技術者が企業利益に貢献するための経理・原価の知識』セミナーの再ご紹介! »

2015年10月 8日 (木)

2015年10月15日(木)開催『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

 2015年10月15日(木)開催

  『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナー
   ~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選び方・使い方、
   溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策~

   http://www.tic-co.com/seminar/20151014.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度があります。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

-------------------------------------------------
鳥取旅行記の続きです。

次に向かったのは、『大山寺 塔頭(たっちゅう) 圓流院』。

山奥にひっそりとあるお寺です。

看板には「鬼太郎天井画」と書いてあり、

Photo_2

お堂の前には「妖怪ポスト」が置いてあります。

Photo_3

そう、そうなんです。「ゲゲゲの鬼太郎」なんです!

なんとこちらのお堂の天井には水木しげるさんの妖怪画がはめ込まれているのです!しかもその数108枚!

Photo_4

圧巻です。カメラの枠に入りきりません。

ここでは参拝の後、板の間に寝っ転がって天井画をじっくり観察し、それぞれの妖怪から降り注ぐ“妖気シャワー”を浴びるという拝観スタイルになっています。

私ももちろん、妖気シャワー浴びまくりました!寝転んで一つ一つの妖怪画を見ていると、どの妖怪もどこか愛嬌があるというか親しみが沸いてきます。

画を少しアップで撮ってみました。“妖気シャワー”出てますか?

Photo_5

Photo_6

ここの天井画はホントに迫力満点で素晴らしかったです。

鳥取に行く機会があればぜひ実際に寝転んでシャワーを浴びてみて下さい。おすすめのパワースポットです。

まだまだ鳥取旅行記続きますよ~。

-------------------------------------------------------

さて、本日も10月開催セミナーを再ご紹介

 2015年10月15日(木)開催

  『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナー
   ~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選び方・使い方、
   溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策~

です!

★本セミナーでは、ステンレス鋼の種類・特性を始め、各種溶接方法の特徴・選択の留意点及び溶接材料の選び方・規格と共金溶接・肉盛溶接・異材溶接等の溶接技術ならびに各分野でのポイント、また溶接部の欠陥発生原因と補修・防止方法について、経験豊富且つ第一線でご活躍中の岡崎博士に詳説頂きます。

●講 師

 (株)タセト 理事 技術部長
 工学博士             岡崎 司 氏
   
 
 
●プログラム

Ⅰ.ステンレス鋼の種類と特性

 1.ステンレス鋼の種類
 2.ステンレス鋼の機械的性質
 3.ステンレス鋼の耐食性

Ⅱ.ステンレス鋼の溶接方法の特徴と選択のポイント

 1.各種溶接方法の種類と適用性(選択)
  (1)アーク溶接
  ~被覆アーク溶接(SMAW)、TIG溶接(GTAW)、
   GMA溶接(MIG・MAG溶接:GMAW)、フラックスコアードアーク溶接(FCAW)、
   サブマージアーク溶接(SAW)~
  (2)電子ビーム溶接
  (3)レーザー溶接
  (4)電気抵抗溶接
 2.溶接材料の種類と選び方
  (1)溶接材料の種類
  ~被覆アーク溶接棒、フラックス入りワイヤ、TIG溶接材料、MIG溶接ワイヤ、
   サブマージアーク溶接材料、バンド溶接、A-TIG溶接~
 3.ステンレス鋼溶接材料の規格(含Ni合金溶接材料)
  (1)溶接材料規格の体系(JIS、AWS、ISO)
  (2)JISのISO規格整合化のための改正のポイント
  (3)Ni合金溶接材料の規格

Ⅲ.ステンレス鋼の溶接技術と注意すべきポイント

 1.ステンレス鋼溶接金属の性能
  (1)化学成分と組織とその冶金的性質
  (2)各種組織図の見方と特徴
  (3)フェライト量の測定方法とその注意点
 2.各種ステンレス鋼の溶接(共金溶接)のポイント
  (1)マルテンサイト系およびフェライト系ステンレス鋼
  (2)オーステナイト系ステンレス鋼
  (3)二相系ステンレス鋼
  (4)スーパーオーステナイト系ステンレス鋼
 3.炭素鋼への肉盛溶接と異材溶接のポイント
  (1)肉盛溶接とクラッド鋼の溶接
  (2)炭素鋼とのステンレス鋼の異材溶接
  (3)異種ステンレス鋼の溶接
  (4)Ni合金溶接材料による異材溶接
 4. 各種産業分野での溶接方法、溶接材料の選び方・使い方のポイント
  (1)石油化学プラント
  ~化学装置、脱硫リアクター、熱交換器~
  (2)エネルギー関連プラント
  ~原子力発電、火力発電、水力発電、LNGプラント~
  (3)輸送機器
  ~自動車、鉄道車両、船舶~
  (4)建築、土木
  ~屋根、水門、橋脚~
  (5)食品、水関連
  ~各種タンク、ポンプ~
  (6)モニュメント

Ⅳ.ステンレス鋼における溶接部の欠陥発生原因と補修・防止方法

 1.溶接部の欠陥の種類、原因と防止方法
  (1)溶接欠陥
  ~ブローホール、スラグ巻き込み、裏波溶接とバックシールド~
  (2)溶接割れ
  ~低温割れ、高温割れ、再熱割れ、亜鉛脆化、その他の溶接割れ~
  (3)高温損傷
  ~σ脆化、鋭敏化、475℃脆化、浸炭~
  (4)溶接変形の発生原因と対策
 2.ステンレス鋼溶接部における腐食
  (1)全面腐食
  (2)粒界腐食
  (3)応力腐食割れ(SCC)
  (4)微生物腐食
 3.欠陥の適切な補修方法とその留意点
  (1)欠陥の除去
  (2)補修における注意点
  (3)熱管理
  (4)検査

Ⅴ.質疑応答

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
  
 2015年10月15日(木)開催

  『ステンレス鋼の溶接技術の実際』セミナー
   ~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選び方・使い方、
   溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策~

   http://www.tic-co.com/seminar/20151014.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度があります。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

本日担当工藤でした。

« 2015年10月15日(木)開催『通じるテクニカルライティング』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年10月16日(金)開催『技術者が企業利益に貢献するための経理・原価の知識』セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2015年10月15日(木)開催『通じるテクニカルライティング』セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2015年10月16日(金)開催『技術者が企業利益に貢献するための経理・原価の知識』セミナーの再ご紹介! »