最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年12月15日(火)開催「経済産業省における地熱発電導入拡大に向けた支援・取組みと中小規模(7500KW未満)地熱発電導入促進と技術動向」セミナー | トップページ | 2015年12月16日(水)開催「液化水素に関する技術開発動向と取組み」セミナーの再ご紹介! »

2015年12月 3日 (木)

2015年12月15日(火)開催「CO2分離回収の技術開発と適用動向」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------

☆本日再ご紹介セミナー☆

2015年12月15日(火)開催

CO2分離回収の技術開発と適用動向」セミナー

~5名の講師(東芝、JCOAL、RITE、千代田化工建設、新日鉄住金エンジニアリング)が詳述~

http://www.tic-co.com/seminar/20151219.html

 

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

---------------------------------------------------

先日に引き続き、中欧旅行の写真を紹介したいと思います

本日は最初に訪れた都市、ブダペストのドナウ川クルーズの夜景をお楽しみ下さい。

と言っても、カメラマンの腕が良くないので………

王宮。
Photo166

Photo167

くさり橋。
Photo168

むらさき色にライトアップされています。
Photo169

こちらは自由橋とゲッレールトの丘に立つ自由の像。
Photo170

国会議事堂。
Photo172_2

Photo171_3 

11月中旬は、例年だと夜は気温がマイナスになってもおかしくないくらいらしいのですが、

私が旅行中は異常気象で夜でも5~6度以上はあったようです。

おかげで、船の外で写真を撮ることが出来ましたが、やはり寒い

船がUターンした後は、船内でぬくぬくと夜景を眺めました~

---------------------------------------------------

本日も2015年12月開催のセミナーを再ご紹介します

 

2015年12月15日(火)開催

CO2分離回収の技術開発と適用動向」セミナー

~5名の講師(東芝、JCOAL、RITE、千代田化工建設、新日鉄住金エンジニアリング)が詳述~

 

★本セミナーでは、CCS/CCUSの動向、東芝のCO2分離回収技術とCCUSを含めた取組み、酸素燃焼技術とプロジェクト、CO2分離膜技術の動向とRITEにおける取組み、ゼオライト分離膜、CO2化学吸収プロセス(ESCAP)など、各種CO2分離回収技術と適用動向について、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に解説頂きます。

 

◎プログラム

Ⅰ.火力発電におけるCO2分離回収と東芝のCCUS事業への取組み

   (株)東芝 火力・水力事業部
   火力プラント技術部 CCS推進担当部長   鈴木健介 氏

 1.CO2分離回収のニーズと現状
 2.主要なCO2分離回収法と特徴
 3.東芝のCO2分離回収技術開発とCCUSへの取組み
  (1)開発背景
  (2)原理と特徴
  (3)成果と今後の展開
 4.CCS/CCUSの動向と今後の展望
  (1)国内外の代表的なプロジェクトの動向
  (2)今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換

 

Ⅱ.酸素燃焼技術によるCO2回収の最新動向

   (一財)石炭エネルギーセンター(JCOAL)
   技術開発部 技術企画グループ 係長    中村貴司 氏

 1.JCOALのご紹介
 2.酸素燃焼技術の概要
 3.カライド酸素燃焼プロジェクトの概要と成果
  (1)既設ボイラへの酸素燃焼技術の適応
  (2)CO2地下圧入試験
 4.JCOAL補完研究について
 5.質疑応答・名刺交換

 

Ⅲ.CO2分離膜技術の動向とRITEにおける取組み

   (公財)地球環境産業技術研究機構(RITE)
   化学研究グループ
  
 サブリーダー・主席研究員           佐藤譲宣 氏

 1.RITEにおけるCO2分離回収技術
 2.CO2分離膜開発の国際動向
 3.CO2選択透過膜分離技術の開発状況
 4.技術課題と今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換

 

Ⅳ.ゼオライト分離膜を用いたCO2分離技術

   千代田化工建設(株)
   技術開発ユニット
   プロセス開発セクション上席専門長      蛙石健一 氏

<講演概要>
 CO2を多く含む天然ガスの開発には、効率よくまた経済的にCO2を分離することが不可欠である。
近年注目を集めているゼオライト分離膜をこのCO2分離へ適用すると、
従来技術であるアミン系吸収剤を用いたCO2分離技術に比して大きな優位性を示すものとなる。
ゼオライト分離膜を用いたCO2分離の原理や特徴を述べるとともに、
この優位性のポイントや条件について解説する。
<質疑応答・名刺交換>

 

Ⅴ.ESCAPによるCO2化学吸収プロセス技術と適用

   新日鉄住金エンジニアリング(株)
   製鉄プラント第3部 商品技術室        三村知弘 氏

 1.CO2化学吸収法の特徴
 2.CO2化学吸収プロセス(ESCAP)の概要
 3.新日鉄住金エンジニアリングの技術開発状況
 4.今後の展開
 5.質疑応答・名刺交換

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

---------------------------------------------------

2015年12月15日(火)開催

CO2分離回収の技術開発と適用動向」セミナー

~5名の講師(東芝、JCOAL、RITE、千代田化工建設、新日鉄住金エンジニアリング)が詳述~

http://www.tic-co.com/seminar/20151219.html

 

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

---------------------------------------------------

担当:浮田

« 2015年12月15日(火)開催「経済産業省における地熱発電導入拡大に向けた支援・取組みと中小規模(7500KW未満)地熱発電導入促進と技術動向」セミナー | トップページ | 2015年12月16日(水)開催「液化水素に関する技術開発動向と取組み」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2015年12月15日(火)開催「経済産業省における地熱発電導入拡大に向けた支援・取組みと中小規模(7500KW未満)地熱発電導入促進と技術動向」セミナー | トップページ | 2015年12月16日(水)開催「液化水素に関する技術開発動向と取組み」セミナーの再ご紹介! »