最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年2月26日(金)開催「米国に於ける電力/エネルギービジネスならびにエネルギー貯蔵の最新動向と日本が学ぶべきこと」セミナーのご紹介! | トップページ | 2016年2月19日(金)開催「世界のリチウムイオン電池の安全規格と認証ならびに輸送規則などに関する最新動向と留意点」セミナーのご紹介! »

2015年12月25日 (金)

2016年2月18日(木)開催「エンジニアのための設備コストの見積法入門」セミナーのご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

2016年2月18日(木)開催

   ~プラント建設プロジェクトを焦点とした~
  「エンジニアのための設備コストの見積法入門」セミナー

   http://www.tic-co.com/seminar/20160208.html

---------------------------------------------------
1gi01a201307061400

いよいよ今年も今日を含めて残り1週間になりました。

クリスマスの喧騒も今日で一段落。

ゆったりと天体観測などしてみたいものです。

霜が降り、凩(こがらし)が吹き、空気が澄んでくると、星が輝きを増してきます。

今月のふたご座流星群は月明かりの影響がない最高の条件で観られたようです。

今夜も星たちは煌(きらめ)き、またどこかでたくさんの星が天空を流れていきます。

そこで、今回は「冬の星(ふゆのほし)」、「寒星(かんせい)」、「冬星座(ふゆせいざ)」、「冬銀河(ふゆぎんが)」、「荒星(あらぼし)」を季語に詠まれた句を選んでみました。

 

それぞれの星あらはるる寒さかな
炭太祇(たん たいぎ) (1709-1771)

 

歓楽の灯を地にしきて冬星座
飯田蛇忽(いいだ だこつ) (1885-1962)

 

寒星や神の算盤ただひそか(算盤=そろばん)
中村草田男(なかむら くさたお) (1901-1983)

 

冬の星エッフェル塔に鏤めり(鏤めり=ちりばめり)
池内友次郎(いけのうち ともじろう) (1906-1991)

 

冬銀河掌の中の掌のやはらかし(掌=て)
大嶽青児(おおたけ せいじ) (1937-)

 

冬銀河昼間は何もなき山河
今橋眞理子(いまはし まりこ) (1950-)

 

荒星の匂ひのセロリ齧りたる(齧りたる=かじりたる)
夏井いつき(なつい いつき) (1957-)

 
今回は3番目の

寒星や神の算盤ただひそか

に最も惹かれます。

冷たく冴えわたる夜空に星が煌(きらめ)き、静かに天空を巡っていく。

それは、その背後で神のような何か大いなる存在が意思をもってそうしているのであろうと。

「神」が「算盤」を「ひそか」に弾(はじ)いているとの表現は流石です。

私も詠んでみました。

 

夜九時の宅配遅し冬銀河
白井芳雄

 

サクソフォン耳に残りて冬星座
白井芳雄



2015年の当ブログは今回が最終回となります。

ご訪問いただきありがとうございました。

2016年が皆様にとって良い年でありますように。

またのご訪問をお待ちしています。

ありがとうございました。

***********************************************************************************************************

さて、本日も来年2月開催セミナーをご紹介

2016年2月18日(木)開催

   ~プラント建設プロジェクトを焦点とした~
  「エンジニアのための設備コストの見積法入門」セミナー

です!

★エンジニアに必要な設備コストの見積方法をわかりやすく解説!!
★与えられた条件の中でどのように見積を行っていけばよいか!?
★本セミナーでは、設備コストの仕組みを始め、機器・材料費、現地工事費、共通間接費の詳細見積、又、見積のまとめと調整に至るまで、経験豊富な大原講師に解説頂きます。

●講 師

大原シーイー研究所 代表
(元)三井造船(株) プラント事業本部
プロポーザル部 見積担当課長
経済産業省 MOTプログラム開発事業(H17年度)
(早稲田大学受託事業)
コストエンジニアリング教材開発委員
日本コスト工学会正会員(理事)         大原宏光 氏

●プログラム
 
Ⅰ.設備コストの見積の目的とコスト構成

 1.見積の目的と位置付け
 2.設備コストの構成
 3.設備コストの変動要因
 4.設備コストの低減のポイント

Ⅱ.詳細見積の進め方

 1.見積積算部署と関連組織
 2.見積作業の計画
 3.見積のための基本的な設計資料

Ⅲ.機器・材料費の詳細見積

 1.機器費見積の考え方
  (見積手順、見積法の選定など)
 2.機器費の見積
  (各種見積法、ベンダー見積取付・評価、コスト集計要領など)
 3.配管工事材料費の見積
  (材料集計手順、材料費区分、見積明細・集計要領など)

Ⅳ.現地工事費の見積一般

 1.工事費の見積法
 2.サブコントラクタへの見積照会要領
 3.工事の請負構造と工事費の構成
 4.直接労務費工数単価の考察
  (工数単価の構成、工数単価の算定例など)

Ⅴ.現地工事費の詳細見積

 1.機器据付工事費の見積
  (1)機器据付工事の見積手順
  (2)機器据付工事数量表の作成
  (3)機器据付工事費の算出
  (4)機器据付工事手順と直接工数の対象
  (5)機器据付要領
  (6)機器据付工数
 2.配管工事費の見積
  (1)基礎知識
   (配管工法の種類、プレハブ工法の長所短所、配管工事量の単位と計算など)
  (2)配管工事費(従来工法)の算出
  (3)配管工事費(工場プレハブ工法)の算出
  (4)配管工事の直接工数の対象
  (5)直接工数の求め方
  (6)配管の放射線検査費の見積
 3.保温冷工事費の見積
  (1)基礎知識
  (2)保温冷工事費の見積手順
  (3)保温冷工事数量表の作成
  (4)保温冷工事費の算出
 4.塗装工事費の見積
  (1)見積手順
  (2)塗装システムの作成
  (3)素地調整の種類
  (4)塗装工事数量表の作成
  (5)塗装複合単価の作成
  (6)塗装工事費の算出

Ⅵ.共通間接費の詳細見積

 1.建設機械使用料の見積
  (1)基礎知識
  (2)見積手順
  (3)移動式クレーンの見積
 2.共通仮設費の見積
  (1)基礎知識
  (2)見積手順
  (3)現地サ-ベイと見積項目
  (4)仮設建物の見積
  (5)共通仮設費のまとめ
 3.現場管理費の見積
 4.試運転費の見積
 5.エンジニアリング・プロジェクト運営費の見積

Ⅶ.プラント見積のまとめと検討・調整

 1.プラント見積原価総括表
 2.プラントコストの総合検討
 3.エスカレーションの見積
 4.コンティンジェンシの見積
 5.プラント見積後のコストデータの整理項目
 6.契約後のプラント価格の変更要因

Ⅷ.質疑応答

 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+2016

2016年2月18日(木)開催

   ~プラント建設プロジェクトを焦点とした~
  「エンジニアのための設備コストの見積法入門」セミナー

   http://www.tic-co.com/seminar/20160208.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2016年2月26日(金)開催「米国に於ける電力/エネルギービジネスならびにエネルギー貯蔵の最新動向と日本が学ぶべきこと」セミナーのご紹介! | トップページ | 2016年2月19日(金)開催「世界のリチウムイオン電池の安全規格と認証ならびに輸送規則などに関する最新動向と留意点」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2016年2月26日(金)開催「米国に於ける電力/エネルギービジネスならびにエネルギー貯蔵の最新動向と日本が学ぶべきこと」セミナーのご紹介! | トップページ | 2016年2月19日(金)開催「世界のリチウムイオン電池の安全規格と認証ならびに輸送規則などに関する最新動向と留意点」セミナーのご紹介! »