最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年4月19日(火)開催「プラント配管の溶接技術と埋設配管(パイプライン)の設計法」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2016年4月20日(水)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーの再ご紹介! »

2016年4月 5日 (火)

2016年4月19日(火)開催「植物工場による薬用植物・医薬品原材料の生産に関する研究開発動向と取組み」セミナーの再ご紹介!

◆本日再ご紹介セミナー◆

   2016年4月19日(火)開催

植物工場による薬用植物・医薬品原材料の
 生産に関する研究開発動向と取組み
」セミナー

  http://www.tic-co.com/seminar/20160418.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

---------------------------------------

先週の土曜日は、京都へお花見に行ってきました。

京都の中心街にある木屋町通は、京都市街地東部の南北路。
北は二条通から南は七条通までで、約200本のソメイヨシノが植えられています。

この木屋町通は、角倉了以(すみのくら りょうい)による高瀬川の開削に伴い開通しました。

通り名は高瀬川で搬入する木材、薪炭を商う店が多かったことに由来するのだそう。

現在は飲食店が軒を並べ、夜になると賑やかになります。



そして、この日はちょうど「高瀬川 桜祭り」


清掃ボランティアの方に、高瀬舟を模した舟に乗せてもらうことができました。

川の水を掻く音をBGMに、舟に揺られながら桜を満喫しました。

Img_3440_5

ボランティアの方々は、膝上まで川の水に浸かり、4人を載せた小舟を手で押して

約20メートルほどの区間を往復してくださいました。

ボランティアの方々の清掃のおかげで、川の水は透き通りごみも少なく

きれいに保たれていることに、この日改めて感謝しました。



四条通りから三条通りへ、桜並木の下を歩くこと約10分。

三条大橋のたもとに、アメリカのコーヒーチェーン店があります。

Img_3481Img_3484_2

鴨川を眺めながら、一息。


慣れ親しんだ街を再発見した1日でした。

---------------------------------------

さて、本日も4月開催セミナーを再ご紹介!

     2016年4月19日(火)開催

植物工場による薬用植物・医薬品原材料の
 生産に関する研究開発動向と取組み
」セミナー

です!

★本セミナーでは、植物工場による薬用植物・医薬品原材料など有用物質生産の研究開発動向と取組みについて、
 具体的な生産・栽培方法及び環境制御(光質・温度など)のポイントを織り交ぜながら、斯界の最前線でご活躍中の
 講師陣に詳説頂きます。


【プログラム】


Ⅰ.植物工場を用いた薬用植物および医薬品原材料生産のための
  遺伝子組換え植物の栽培

  千葉大学 大学院園芸学研究科
  環境調節工学研究室 教授
  農学博士                      後藤英司 氏

 1.栄養成分、機能性成分、薬用成分とは
 2.食用作物と薬用植物
 3.薬用植物の天然有機化合物と遺伝子組換え植物のタンパク質
 4.植物工場の特徴を生かした栽培手法・生育制御
 5.将来展望
 6.質疑応答・名刺交換


Ⅱ.高付加価値作物の植物工場生産に関する鹿島建設の取組み


  鹿島建設(株) エンジニアリング本部 次長
  技術士(建設部門)                澤田裕樹 氏


 1.鹿島建設の植物工場エンジニアリングへの取り組み
 2.薬用植物の植物工場栽培
 3.遺伝子組換え植物工場における医薬品原料等の高付加価値物質の生産
 4.質疑応答・名刺交換



Ⅲ.LED植物工場における光質制御と医薬品原材料の生産

  玉川大学 農学部 生命化学科 教授
  農学博士                      渡邊博之 氏


 1.LED植物工場における光環境制御技術
 2.植物の機能性物質生産と光環境
 3.植物工場におけるゲンノショウコの栽培
 4.ニチニチソウによる抗ガン性アルカロイドの生産
 5.LED植物工場における薬用植物生産の展望
 6.質疑応答・名刺交換



Ⅳ.植物工場における高品質薬草栽培法の開発研究


  神戸大学 大学院 農学研究科 准教授
  農学博士                      伊藤博通 氏


 1.研究背景-植物工場における薬用植物生産の意義
  (1)漢方製剤の生産金額
  (2)植物工場研究方針
  (3)植物工場における薬用植物生産の意義
  (4)栽培品種の選定
 2.サフランの生育制御研究
  (1)サフラン概要
  (2)サフランの希少価値
  (3)芽の数と気温がサフラン生育と薬効成分濃度に与える影響
 3.白花蛇舌草の生育制御研究
  (1)白花蛇舌草概要
  (2)イリドイド配糖体概要
  (3)光強度と明暗周期が白花蛇舌草生育と薬効成分濃度に与える影響
 4.これからの薬用植物栽培研究
 5.質疑応答・名刺交換



Ⅴ.植物工場を用いた機能性トマト、ミラクリントマトの開発

  筑波大学 生命環境系 教授
  遺伝子実験センター センター長
  日本学術振興会
  植物分子デザイン第178委員会 委員長
  農学博士                      江面 浩 氏


 1.何故、植物で機能性物質を作らせるのか
 2.味覚修飾タンパク質ミラクリン
 3.ミラクリン生産トマトの開発
 4.植物工場におけるミラクリントマトの栽培技術
 5.トマトに作らせたミラクリンの特性
 6.今後の展望
 7.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*

      2016年4月19日(火)開催

植物工場による薬用植物・医薬品原材料の
 生産に関する研究開発動向と取組み
」セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20160418.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、TEL:06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

 
・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*
担当は山村でした。

« 2016年4月19日(火)開催「プラント配管の溶接技術と埋設配管(パイプライン)の設計法」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2016年4月20日(水)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年4月19日(火)開催「プラント配管の溶接技術と埋設配管(パイプライン)の設計法」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2016年4月20日(水)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーの再ご紹介! »