最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年4月20日(水)開催「CCSとEOR(CO2EOR、次世代技術)に関する設備・要素技術動向と取組み」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2016年4月21日(木)開催「メタンケミストリーの潮流と技術/研究開発動向」セミナーの再ご紹介! »

2016年4月 8日 (金)

2016年4月21日(木)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2016年4月21日(木)開催

~漏れ現象(密封理論)を正しく理解し、
              ガスケット・パッキンを正しく使うための~
 「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」  セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20160403.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

---------------------------------------------------
2d9b3988a35352929c291ccaccc4411e__2

関西のお花見の大トリ、造幣局の桜の通り抜けが本日、4月8日(金)から14日(木)まで開催されます。

普段は立ち入り禁止の区域もこの時期だけは特別に開放され、珍しい桜を数多く楽しむことができます。

しかし、かなりの混雑が予想されています。

さて、花見に行って心身が疲れることを指す、「花疲れ」という季語があります。

花見の時の気候や人出の多さによる疲れ、また、花を見るために歩き過ぎたことによる疲れ、花の美しさに酔いしれた心の高揚による疲れなどがあります。

花見の帰り道や、家に着いてから疲労感を覚えることが多く、物憂(ものう)さとともに艶っぽい雰囲気も秘めた言葉でもあります。

今回はそんな「花疲れ」を季語に詠まれた句を選んでみました。

 

宴未だはじまらずして花疲れ(宴未だ=うたげまだ)
高浜虚子(たかはま きょし) (1874-1959)

 

土手につく花見づかれの片手かな
久保より江(くぼ よりえ) (1884-1941)

 

足袋を脱ぐ足のほてりや花疲れ
鈴木真砂女(すずき まさじょ) (1906-2003)

 

吊革の一つに二人花疲
東原公子(ひがしはら きみこ) (1925-)

 

君はいまひと味ちがふ花疲れ
加藤郁乎(かとう いくや) (1929-2012)

 

花疲隣同志にゐて無言
星野 椿(ほしの つばき) (1930-)

 

女体には芯のありしか花疲れ
服部くらら(はっとり くらら) (1947-)

 
今回は5番目の

君はいまひと味ちがふ花疲れ

に惹かれます。

これは男性の女性に対する気ままな願望、空想を詠んでいるのでしょう。

艶っぽい想像をかきたてられる句ではあります。

私も詠んでみました。

 

花疲れ飛ばす山葵のききし鮨(山葵=わさび)
白井芳雄

 

浮かれ女子花疲れとも芝居とも
白井芳雄

***********************************************************************************************************

さて、本日も4月開催セミナーを再ご紹介!

2016年4月21日(木)開催

~漏れ現象(密封理論)を正しく理解し、
              ガスケット・パッキンを正しく使うための~
 「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」  セミナー

です!

★“漏れ”の問題とシール技術について理論的かつ体系的に解説。
★本セミナーでは、漏れのメカニズムから、シールの基礎・各種シール(ガスケット・パッキン)の特性と正しい選定・使い方及び損傷対策などについて、経験豊富な似内博士に詳しく解説頂きます。

 
●講   師  元 玉川大学 工学部 教授
          トライボロジーアドバイザー 工学博士      似内昭夫 氏
 
●プログラム
 
Ⅰ.漏れの実態

 1.生産現場における漏れの実態
 2.機器の漏れの実態
 3.漏れが機器に及ぼす影響
 4.漏れ管理(HFI)

Ⅱ.シールに関連したトライボロジーの基礎
 1.トライボロジーとは
  2.摩擦・摩耗の考え方
 3.しゅう動面における摩擦・潤滑とストライベック曲線

Ⅲ.漏れの基礎知識と漏れのメカニズム
  1.シール面の考え方
 2.漏れはどうして発生するか(漏れのメカニズム)
 3.漏れ防止の考え方
 4.漏れ検出法

Ⅳ.シールの種類及びシール用ゴム材料
 1.シールの種類と特徴
 2.シール用材料

Ⅴ.静的シール(Gasket)の考え方と使い方
 1.非金属ガスケット
  2.セミメタルガスケット
  3.金属ガスケット
  4.ガスケットにおける密封の考え方
 5.ガスケットの使い方
 6.液状ガスケット

Ⅵ.動的シール(Packing)の考え方と使い方
 1.Oリングなどスクイーズパッキン
   1)スクィーズパッキンの種類と密封メカニズム
   2)はみ出し現象
  3)Oリングの使用法
 2.オイルシールなどリップパッキン
   1)オイルシールとその基本特性
  2)オイルシールの使い方
  3)リップパッキンの種類と密封メカニズム
   4)グランドパッキン
  3.メカニカルシール
   1)メカニカルシールの構造と分類
  2)メカニカルシールの密封に影響を及ぼす要因
  3)メカニカルシールのしゅう動材料
 4.動的シールにおける密封理論
  1)往復動シールにおける密封理論
  2)オイルシールの密封理論
  3)メカニカルシールの密封理論

Ⅶ.シールシステムの実際例
 1.ガスケットの使用実際例
 2.パッキンの使用実際例

Ⅷ.シールの選定の考え方
 1.ガスケットの選定法
 2.パッキンの選定法

Ⅸ.漏れ対策・・・・シールの損傷と対策事例
 1.ガスケットの損傷と対策例
 2.パッキンの損傷と対策例
  1)リップパッキンの損傷と対策例
  2)スクィーズパッキンの損傷と対策例
  3)メカニカルシールの損傷と対策例

参考 1.シール試験法
    2.シールの関する最近の話題

Ⅹ.質疑応答・個別対応

 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2016年4月21日(木)開催

~漏れ現象(密封理論)を正しく理解し、
              ガスケット・パッキンを正しく使うための~
 「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」  セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20160403.html

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくは本セミナーのホームページをご覧いただくか、06-6358-0141まで
 お問い合わせ下さいませ。】

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2016年4月20日(水)開催「CCSとEOR(CO2EOR、次世代技術)に関する設備・要素技術動向と取組み」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2016年4月21日(木)開催「メタンケミストリーの潮流と技術/研究開発動向」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年4月20日(水)開催「CCSとEOR(CO2EOR、次世代技術)に関する設備・要素技術動向と取組み」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2016年4月21日(木)開催「メタンケミストリーの潮流と技術/研究開発動向」セミナーの再ご紹介! »