2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2017年2月16日(木)開催「ファインバブル(マイクロバブル、ナノバブル)の基礎特性とその応用技術・事例」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年2月16日(木)-17日(金)開催「エンジニアのための資材管理・輸送管理と建設工事管理・コミッショニング・ハンドオーバーの要点 」セミナーのご紹介! »

2016年12月21日 (水)

書籍『プラント概算見積の基礎と実際』のご紹介!

---------------------------------------------

◆本日ご紹介書籍◆

 書籍『プラント概算見積の基礎と実際』
 
 http://www.tic-co.com/books/20160681.html

【カラープリント】 21,600円(税・送料込価格)
【白黒プリント】  19,440円(税・送料込価格)
※ご希望のプリントを選択下さい(カラーor白黒)
※本書籍はご試読頂けません

---------------------------------------------

セブ島旅行、3日目です

この日はカワサンフォールで初のキャニオニング体験をしてきました。

キャニオニングとはフランス発祥のアウトドア・スポーツらしく、自然を感じながら川や沢の流れとともに自分の身体ひとつで渓谷を下るアウトドアアクティビティです。

セブ島には石灰質でできた山が多く、川の水による侵食で起伏のあるダイナミックな地形が形成されている場所が多くあるそうですこうした場所の素晴らしい景色を眺めながら、キレイな水が流れる熱帯の沢でのキャニオニングを楽しんできました。

この日も朝早くに出発し、車で走ること3、4時間ほどで到着。

Photo_4

これからみんなで力を合わせてゴールまで頑張るぞー!とインストラクターと記念撮影。
Photo_15

いざスタート!と思いきや、眺めの良い山道ををひたすら歩きます。
PhotoPhoto_2

何の説明もなく、ただただインストラクターについていきます。1時間くらい歩いたかもしれません。

ようやくスタート地点に到着。

スタート地点は、エメラルドグリーン色の川からでした。
Photo_3Photo_5

そこから10m上からジャンピングしたり、命綱無しでクライミングしたり、ターザンロープからジャンプをしたり、川の流れを利用した天然の滑り台で滑ったりと、様々な方法で渓谷を下っていきます。
Photo_12Photo_16
Photo_10

景色のキレイな所ではぷかぷか浮かんで休憩したりと4時間程かけて、全員無事にゴール地点まで到着。

最後はゴール地点にあるカワサンの滝にキャーキャーと叫びながら打たれ、マイナスイオンをたっぷり浴びました

Photo_13Photo_14

4時間程のツアーでしたが、内容がすごく濃くて、日本だったらたぶん安全上出来ないだろうなという経験をたくさんさせて頂きました。

スタートからゴールまで景色がとってもキレイで、ジブリの空間に入ったような気分でした

私事ですが、本日で今年最後のブログ担当になります。

今年も1年間ご愛読頂き、誠にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------

さて、本日は新規取扱い書籍のご紹介です

  書籍『プラント概算見積の基礎と実際』
                                   
                                                            です

●著  者        大原シーイー研究所 代表 大原宏光 氏

●目  次

 

第1章 プラント概算見積一般
1.1 概算見積の位置付け
1.2 概算見積の重要性
1.3 概算見積の行われる経済評価の対象 概算見積段階のプロジェクトの進行状況 
1.4 プロジェクトの進行状況と概算見積時期
1.5 概算見積の基本的な見積手法の種類
1.6 概算見積の特質

第2章 プラント建設費の構成
2.1 プラントの設備構成
2.2 プラント建設費の主要費目
2.3 プラント建設費の詳細費目
2.4 プラント建設費関連用語

第3章 プラント概算見積の基本的な見積手法
3.1 一括推算法:(A1)資本回転率法・(A2)年間能力単位当たり法・(A3)コストカーブ法・(A4)装置能力指数乗則法
3.2 単位当たり単価法:(B1)操作単位当たり法・(B2)機器単位当たり法
3.3 全機器係数法:(C1)Lang法・(C2)Chilton法・(C3)Hirsch&Glazier法・(C4)Miller法・(C5)Guthrie速算法
3.4 モジュール係数法:(D1)Hand法・(D2)Clerk法・(D3)Guthrie法
3.5 コンピューターによる概算見積法:(E1)プロセスフローダイアグラムからの物量入力法・(E2)機器仕様入力&物量標準化法・(E3)総合的な見積システム法による概算見積
3.6 その他特殊法:(F1)装置質量トン当たり法
3.7 概算見積の正確度と誤差の要因

第4章 プラント概算見積の実際
4.1 プラント概算見積一般
4.2 プロセスプラント概算見積の実際
4.3 オフサイト設備概算見積の実際


第5章 プラント概算見積に伴う調整
5.1 プラントの構造(仕様)変化に伴う調整
5.2 経年に伴うコスト調整とプラントコストインデックス
5.3 現在価格を未来予測価格へ調整(エスカレーション)
5.4 ロケーションファクター活用
5.5 コンティンジェンシ

第6章 機器の概算見積
6.1 機器の種類
6.2 機器の概算見積の進め方
6.3 機器概算見積の仕様とチェックポイント
6.4 機器概算見積手法の構築手順
6.5 機器の能力指数乗則法による概算見積
6.6 機器のコストカーブ法による概算見積
6.7 機器のパラメトリック法による概算見積
6.8 機器のトン当たり法による概算見積
6.9 熱交換器の伝熱面積m2当たり法による概算見積
6.10 機器付き作業台・ラダー類の概算見積
6.11 機器のコストインデックス
6.12 プラント概算見積時の機器費集計表
6.13 大型製缶機器の浜出し・船積み・海上輸送費の見積

第7章 土建工事の概算見積
7.1 土建工事費の概算見積一般
7.2 土建工事概算見積手法の種類
7.3 土建工事数量推算データ
7.4 土建複合単価の作成要領
7.5 土建工事のコストインデックス
7.6 土建工事の複合単価法による概算見積

第8章 機械工事の概算見積
8.1 機械工事の概算見積一般
8.2 機器据付工事の概算見積
8.3 配管材料・工事の概算見積

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
  書籍『プラント概算見積の基礎と実際』
 
 http://www.tic-co.com/books/20160681.html

【カラープリント】 21,600円(税・送料込価格)
【白黒プリント】  19,440円(税・送料込価格)
※ご希望のプリントを選択下さい(カラーor白黒)
※本書籍はご試読頂けません

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は谷口でした。

« 2017年2月16日(木)開催「ファインバブル(マイクロバブル、ナノバブル)の基礎特性とその応用技術・事例」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年2月16日(木)-17日(金)開催「エンジニアのための資材管理・輸送管理と建設工事管理・コミッショニング・ハンドオーバーの要点 」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書籍『プラント概算見積の基礎と実際』のご紹介!:

« 2017年2月16日(木)開催「ファインバブル(マイクロバブル、ナノバブル)の基礎特性とその応用技術・事例」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年2月16日(木)-17日(金)開催「エンジニアのための資材管理・輸送管理と建設工事管理・コミッショニング・ハンドオーバーの要点 」セミナーのご紹介! »